人工知能(AI)とは何か

人工知能(AI)とは、学習や問題解決などの認知機能を機械によって実現する能力です。 GigaOmの報告書「エッジのAI: GigaOmによるバイトの研究」によれば、AIを搭載したアプリケーションの需要急増に伴い、AIアルゴリズムの実行に使われるコンピューティング・リソースは100日ごとに倍増しています。


AIの実行には膨大なデータを必要とし、このデータをクラウドとやりとりするために必要な電力とコストは大変大きなものになります。 そのため、クラウドではなく、そのクラウドシステムにとって最も遠隔にあるポイント、つまりネットワークエッジやエンドポイント自体でAIを実行するデバイスが増えています。 インテリジェントな通信デバイス、特にIoTアプリケーションにおいて,この急増により、AIが推進する世界ではゼタバイト(1GBの1兆倍)単位で新しいデータが生み出されています。 


多くのAIを実行するためのコンピューティング・ソリューションは未だ断片化されいて、今後AIがより浸透していくためには,様々なハードウェアとソフトウェアに対応するために信頼性,標準的,かつ完全なプラットフォームであることが重要です。 Armは、その強力なAIテクノロジーと、IP、ソフトウェア、ツールを含むソリューションベースのアプローチを通じて、AIと 機械学習(ML)をあらゆる場所のネットワークエッジ、エンドポイントデバイス、アプリケーションに提供しています。

あらゆるアプリケーションに対応するArm AIプラットフォーム

人工知能(AI)は、すべてのコンピューティング・アプリケーションで普及しつつあります。 自動運転は車の利用の仕方を変えつつあります。 産業用IoTは商品の製造方法を変えつつあります。 まったく新しいビジネスモデルは、暮らしに想像を超える変化をもたらします。

 

ArmのAIプラットフォーム(旧Project Trillium)はAIの進歩を加速させています。 効率的かつスケーラブルなヘテロジニアス・プラットフォームのもと進化を続けてきた設計開発者は,デバイスの持つべき機能を再定義し始めています。

クラウドからエッジ、エンドポイントまで対応するAIテクノロジー

強力なコンピューティング・アクセラレータへのニーズが高まる中、Arm製品に共通するArmアーキテクチャは、様々なAIアプリケーションをサポートしています。 データセンターの巨大なコンピューティング能力を実現するための高機能なコアやインターコネクトから、エンドポイント・デバイス(ウェアラブル、センサーなど)で使われるAIアルゴリズムが実行される電力効率の高いマイクロコントローラーや機械学習プロセッサーまで、動作する場所を問わず多彩なAIアプリケーションをサポートします。

Arm Pelion IoT Platformを、Arm最新の機械学習プロセッサーと組み合わせることで、IoTは、安全に管理されたスマートエンドポイントがデジタル世界のファブリックに織り込まれたグローバルなネットワークに変革します。

Pelionは、IoTデバイスやその環境で生成されたメタデータの収集を可能にすることで、IoTの機械学習をサポートします。 MLエンジンは、サイバーセキュリティ上の脅威を検出し、デバイスとそれらが稼働するネットワークの動作を最適化するために、複数の領域(コネクティビティ、オペレーティングシステム、アプリケーション)のメタデータを処理します。

AIの管制センターとして機能するCPU

AI全体を制御する場合でも、特定のタスクでGPUやNPUなどのコプロセッサーと連携する場合でも、CPUはすべてのAIシステムの中心です。

Arm CPUを搭載したAIテクノロジー

AIおよびMLアプリケーションが急激に広まるにつれ、多くの組織は、MLワークロードを実行する場所に疑問を抱くようになりました。 それは、セントラルプロセッサー(CPU)でしょうか。それともグラフィックスプロセッサー(GPU)、またはニューラルプロセッサー(NPU)でしょうか。 ほとんどのチームが選んだ場所は、驚くべきものです。

ホワイトペーパーをダウンロード

デジタルイマージョンの新時代にご参加ください

モバイルデバイスは私たちの生活様式を一新しました。 Armの最新のモバイルIPスイートは、スマートデバイスにおける新たなデジタルイマージョン体験に向けて性能が強化されたセキュアな基盤を備えています。

詳細はこちら

ケーススタディ

AIソリューションを提供する多彩なデバイスとアプリケーションがArmテクノロジーによって強化されています。

高齢者の孤独を緩和するソーシャルロボット・ElliQ

魅力的なロボット型コンパニオンElliQは、学習したオーナーの行動パターンを基に積極的にアクティビティを提案し、家族のつながりをサポートします。

Amiko AI搭載センサーで暮らしを一新するテクノロジー 

これらのAI搭載センサーは、健康状態の改善に向けた患者、医師、医薬の連携のし方を変えつつあります。

Corti Orbが重篤な症状をリアルタイムで識別

このエッジデバイスは、重症疾患をリアルタイムで検出できる複雑なMLモデルを実行するために設計されました。

1兆個のインテリジェントデバイスに対応するスマートセキュリティ 

AIシステムは、危険な環境下で稼働することもあります。 自律走行車両、ヘルスケア、ロボットなどに代表されるアプリケーションは、最高レベルの信頼性とフェイルセーフ機能を必要とします。

 

セキュリティは今も、前例のないほど世界的な課題となっています。 Armがこの課題に示す答えは、エンドポイントからクラウドまで1兆個のAIコネクテッドデバイスを保護する、アーキテクチャに依存しないフレームワークであるPlatform Security Architecture (PSA)です。

詳細はこちら

将来の人工知能(AI)

将来の人工知能(AI)は、音声アシスタントやコンシューマー向けロボットなど、身の周りにある何兆個ものデバイスに組み込まれ、よりパーソナライズされたコンテンツをエンドポイントで提供します。 Armが新しいプラットフォームとアプリケーションを実現するのに伴い、AIが私たちの暮らしをシンプルにし、より良くすることで、AIは私たちにとって不可欠なものになります。

AI、5G、IoTが成熟するにつれ、これら3つのテクノロジーの収束は、人工知能(AI)を商業と社会のあらゆる分野にもたらし、事業運営を強化し、世界を効率化します。

ブログ「コンピューティングの第5の波」で、ArmのCEOであるSimon Segarsは、AI、IoT、5Gなどの主要テクノロジーの収束がコンピューティングの未来をどのように形成するかについて、自らの知見と展望をお話ししています。

Arm AI Trust Manifesto cover

信用マニフェスト

AIは意図的に倫理にかなったものでなければならず、Armは、AIテクノロジーに対する社会的信頼の構築と維持を促進する業界全体の倫理的フレームワークに対する基本理念を提案するための第一歩を踏み出しました。

ダウンロード

IoTエンドポイント向けAI

マイクロコントローラークラスのデバイス向けに設計された、
業界初のライセンス対応microNPUであるEthos-U55により
数十億台以上のデバイスにAIを導入する。 Cortex-M55と併用することで、ソフトウェアが複雑になることなく、
ML性能が最大で480倍向上します。

詳細はこちら
関連製品・サービス

その他のオプションと機能について知る

Cortex-Aプロセッサーシリーズ

Cortex-Mプロセッサーシリーズ

Maliグラフィックス・プロセッサー

Ethosプロセッサー

エキスパートに聞く

人工知能(AI)に使用されるアプリケーションが数多く台頭する中、どこから手を付ければいいか見極めることが困難な場合があります。 Armの専門スタッフに、どの機械学習ソリューションがAIプロジェクトに対して適切か相談しましょう。

お問い合わせ