カスタムCycle Modelsの作成

Cycle Model Studioでは、開発者がIPを利用してさまざまなことができます。

  • カスタムのCycle Modelsを簡単に生成しインストルメント化
  • SoC DesignerやSystemCベースのシミュレーション環境に自動的にモデルを統合
  • 高い完成度と精度を持つ仮想プロトタイプの作成に大きく前進
Cycle Model Studioを評価する

特長とメリット

使いやすさ

仮想SoCプロトタイプのコンポーネントを簡単に生成できます。 Cycle Model Studioは、わかりやすいGUIを使って構成およびインストルメント化した高速ソフトウェアモデルにRTLをコンパイルします。このGUIも、モデルのバリアントのコンフィギュレーション管理を簡単にしています。

幅広いプラットフォーム統合

シミュレーション環境を自由に選択できます。 Cycle Model Studioが作成するCycle Modelsは、Arm SoC Designerに直接統合できるほか、Synopsys、Cadence、Mentorが提供するSystemCシミュレーション環境とRTLシミュレーション環境にも統合できます。

1つのモデルで多用途に対幅広い用途

1つのモデルをさまざまなチームが利用できます。 ソフトウェアチームはプログラマの視点で作業します。 設計者はバス、ハードウェア、インタフェース、メモリ、トランザクションにアクセスします。 ハードウェアチームは、フルデバッグの柔軟性と、波形のダンピングなどのRTLの可視性を利用できます。

ケーススタディ

仮想プロトタイピングのメリット: SoC設計からソフトウェア開発まで

仮想プロトタイプにソフトウェアベースの方法を取り入れることで、設計を早期に検証し、ハードウェアとソフトウェアの並行開発を始めることができます。

今すぐダウンロードする
適用例

エキスパートに聞く

Cycle Model StudioがどのようにSoC開発を加速化するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Cycle Models

Cycle Modelsは、RTLから直接コンパイルされた、Arm IPの100%サイクル精度モデルです。 ユーザーはCycle Modelsを使って、Arm IPの選択や設定、アーキテクチャの決定、システムパフォーマンスの最適化を行います。

CPAK

Cycle Performance Analysis Kitは、ソフトウェアを含む完全な仮想SoCプロトタイプです。システムIPのCycle Modelsと接続された100%サイクル精度テクノロジーモデルで構成されているため、即座に起動し実行することができます。

Fast Model

Fast Modelは、ターゲットハードウェア上でのソフトウェアの実行をシミュレートできるArm IPの柔軟な精度モデルで、プロファイリング、デバッグ、トレースなどのシミュレーションを完全に制御できます。

Fixed Virtual Platform (FVP)

実際のハードウェアに匹敵する速度で実行できるFixed Virtual Platformは、ソフトウェアの構築とテストを行うArmシステム(プロセッサー、メモリ、ペリフェラルを含む)の完全なシミュレーションです。