すぐに使える仮想プロトタイプ

Cycle Performance Analysis Kit (CPAK)があれば、仮想プロトタイプを作成する時間を抑え、活用する時間を長く確保できます。 これらの拡張性の高い仮想プロトタイプには、事前設定済みのモデル、リファレンスシステム、ソフトウェアが含まれているため、設計者は数分でダウンロードした後すぐに生産的な作業を始められます。

CPAKsを評価する

特長とメリット

包括的なパッケージ

CPAKは、重要なパフォーマンス要素(プロセッサー、ファブリック、メモリコントローラーなど)を事前構成した100%精度モデルと、アプリケーション・ソフトウェアおよびソースコードを含む仮想プロトタイプです。 Linux OSとベアメタルのいずれのCPAKであっても、プロトタイプは仮想ターゲット上ですぐに実行することができます。

シンプルなカスタマイズ

IPブロックの再設定や追加、交換が簡単にできるSoC DesignerやAccellera SystemCを使って、CPAKを簡単にカスタマイズできます。 Arm IP Exchangeのモデルや、Cycle Model Studioを使ってRTLからコンパイルしたモデル、C/C++またはSystemCで手書きしたモデルを含むという選択肢もあります。

OSの高速スタートアップ

スワップアンドプレイCPAKには、同梱のCycle Modelsリファレンスシステムに相当するFast Modelsが構成されています。 Linuxブート時にFast Modelsが動作した後、100%サイクル精度のCycle Modelsシステム(システムの一部または全部)にシミュレーションが切り替わり、動作が続行されます。

適用例

複雑なSoCを、ハードウェアに実装する前に、仮想プロトタイプとして開発およびデバッグできます。 ソフトウェアやほかのIPをCPAKに追加して、さらに差別化することができます。

エキスパートに聞く

Cycle Performance Analysis KitがどのようにSoC開発を加速化するかご説明します。

お問い合わせ
関連製品・サービス

その他のArm開発ツールおよびソフトウェア

Cycle Models

Cycle Modelsは、RTLから直接コンパイルされた、Arm IPの100%サイクル精度モデルです。 ユーザーはCycle Modelsを使って、Arm IPの選択や設定、アーキテクチャの決定、システムパフォーマンスの最適化を行います。

Cycle Model Studio

Cycle Model Studioでは、以前のプロジェクトやサードパーティの既存のIPからカスタムのCycle Modelsを生成し、精度が高く完全な仮想プロトタイプの作成を大きく前進させることができます。

Fast Model

Fast Modelは、ターゲットハードウェア上でのソフトウェアの実行をシミュレートできるArm IPの柔軟な精度モデルで、プロファイリング、デバッグ、トレースなどのシミュレーションを完全に制御できます。

Fixed Virtual Platform (FVP)

実際のハードウェアに匹敵する速度で実行できるFixed Virtual Platformは、ソフトウェアの構築とテストを行うArmシステム(プロセッサー、メモリ、ペリフェラルを含む)の完全なシミュレーションです。