Cortex-MマイクロコントローラーにAIとIoTの開発者イノベーションを巻き起こす

Armが重点的に取り組んでいるのは、世界最大のソフトウェアエコシステムがいち早く、歩調を合わせて大規模なIoTイノベーションの機会を活用できるようにすることです。 主要なテクノロジーレイヤーの標準ベースのアプローチを中心にして、ソフトウェア開発の革命で得た重要な知識や技術を取り入れることで、業界全体が動きを早め、開発者が自信を持ってイノベーションを起こすための支援が可能になります。

あらゆるワークロード

ML、DSP、従来の組み込み、リアルタイム

あらゆるデバイス

幅広いMCUと開発ボードをサポート

あらゆるOS

一般的なRTOS、IoTスタック、および組み込みミドルウェアをサポート

Any Cloud (あらゆるクラウド)

あらゆるクラウドにデバイスを接続するソフトウェアとワークフロー

最新の開発

MCUソフトウェア開発者のための生産性の変革



Keil Studio: クラウドベースのIoT開発ツール

Keil Studio Cloudは、次世代のKeil開発ツールスイートの最初のコンポーネントです。現在はオープンベータ版として提供されており、迅速なIoTデバイス開発のために分散チーム、共同開発、および最新のCIワークフローを可能にする、Gitの直接統合機能を備えたクラウドホスト・プラットフォームを実現します。IDEはブラウザで動作し、デスク上のボードに直接接続します。ツールの複雑なインストールはありません。デバイス上で開発者が数分以内でコードを実行できるように、最新のサンプルプロジェクトと関連するリソースが用意されています。詳細については、最新のウェビナーにご参加ください

詳細はこちら
Open-CMSIS-Pack: IoTワークフローおよびライフサイクル管理の簡素化 

Open-CMSIS-Packは、ソフトウェアのコンポーネントを統合および管理し、プロジェクト全体のコード再利用を改善するためのインフラストラクチャを提供します。Armパートナーと連携するOpen-CMSIS-Packは、Linaro IoT and Embedded Groupが実施しているオープンプロジェクトです。より幅広いエコシステムでCMSIS-Packベースの開発フローを統合できるように、コマンドラインツールとCMakeワークフローを提供します。

詳細はこちら

クラウドサービスで生産性を上げる

COVID-19のパンデミックは私たちの生活様式を変え、クラウド・コンピューティングが一気に高まりました。クラウドベースのツールが、組み込みプロジェクト開発フローの改善をどのようにサポートできるかをご紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード

Armエコシステム: コラボレーションの力

次にあなたのアイディアを実装するだけですが、IoTやMLソフトウェアの複雑な状況をナビゲートするのは難しいかもしれません。Armと数千社ものハードウェア、クラウド、ソフトウェアパートナーのエコシステムはそれをサポートするために存在し、AIおよびIoTプロジェクトの拡張に必要な機能をすべて提供しています。

私たちがどのように開発を容易にしているかをご覧ください。

ArmとMicrosoft: IoTデバイス向けのAIイノベーションを加速

創造性を第一に考えたスケーラブルで合理化されたツールにより、開発者体験を最適化します。

TinyMLにより、最小のエンドポイントAIデバイスが実現

TinyMLは、開発者に多くの機会を提供します。TinyMLアプリケーションのビルドを開始する方法をご確認ください。

TensorFlowを搭載したArmマイクロコントローラーでの推論の加速化

マイクロコントローラー向けTensorFlow LiteとCMSIS-NNを組み合わせることで、Cortex-Mベースのマイクロコントローラーで有意な性能の向上が実現しました。

関連製品・サービス

Armツールおよびソフトウェアのスタートガイド

Keil MDK

Keil MDK IoTの例

よく使用されるIoTクライアントを使用して、Armベースのマイクロコントローラー向けのIoTアプリケーションの作成、構築、デバッグを行います。

Mbed OS

Mbed OS

開発者がIoTアプリケーションの構築をすばやく開始できるようにすることを目的とした、コミュニティ主導型の迅速な開発プラットフォーム。