Login

IP評価、FPGAソリューション、プロセッサのシミュレーション

ARM大学向けプログラムでは、ARMおよびそのパートナーによるさまざまなIPソリューションとして、FPGAプロトタイピング プラットフォームコア評価IPプロセッサ シミュレーション環境などのリソースおよびリンクを提供しています。

ニュース アイコン University Newsletterを購読! FacebookのARM大学向けプログラム ページで"いいね"をクリック!
PodCastアイコン iTunes UでPodCastをチェック! TwitterでARM大学向けプログラムをフォロー!
 
 


Cortexロゴ DesignStartロゴ

ARMでは、簡単なクリック スルーのEULAの後にダウンロードできるARM DesignStart™オンラインIPポータルによるARM® Cortex™-M0 DesignStartプロセッサの提供を発表しました。実際のARMプロセッサを使用して、教育またはプロトタイプ作成をしたいと考えている教育機関、新興企業、アドホック テクノロジ チームに対しては、論理合成可能で抽象化されたVerilogネットリストとして設定されたプロセッサを利用できます。ほとんどのFPGAでは、実際の命令セットと互換性のあるARMコアに関するSoC設計コースとプロジェクトの実現を目指した実装を行うことができます。また、EULAに応じて製造することもできます。ここから、同じプラットフォームを使ってエンベデッド システム コースからマイクロプロセッサ アプリケーションにいたるすべてのものを教育することができます。このオンライン アクセス モデルを通じて、ARMは大学のカリキュラムや研究プロジェクトでのARMテクノロジの増加を加速化できるでしょう。

 オフィシャルARM Cortex™-M0 DesignStart Example Design Kit(EDK)を無料でダウンロードできるようになりました!
ARM Cortex-M0 DesignStart Example Design Kit(EDK)は、FPGAボードでCortex-M0 DesignStartプロセッサを使って完全なシステム(ハードウェア+ソフトウェア)の設計を開始する場合に便利です。これには、単純なAHB-Liteペリフェラル、AHB-Liteバス インフラストラクチャ コンポーネント、デザイン テンプレートとして使用可能なサンプル システム、高い支持を得ているKeil MDK-ARMソフトウェア開発ツールに基づいたソフトウェア サンプル、関連するクイック スタート ガイドとドキュメントが含まれています。これさえあれば、XilinxベースのDigilent FPGAボードでM0_DSに基づいたサンプル システムをすぐにでも使用する事ができます!

ARM Cortex-M0プロセッサについて
ARM Cortex-M0プロセッサは、最も小型で低電力の32ビットARMプロセッサです。プロセッサの並外れた低消費電力、少ないゲート数、およびコード フットプリントといった利点は、超低電力MCUとミックスド シグナル アプリケーションに理想的であり、8/16ビット フットプリントで32ビットのパフォーマンスと効率性を提供します。ARM Cortex-M0ではまた、広範なエコシステム、ソフトウェア開発ツール サポートおよびCortex-Mファミリとの上位互換性による将来に対応したソリューションも提供しています。エントリ レベルのARMプロセッサと同様に、業界標準のIPプロセッサを低コストで使用する必要がある開発者、学生、研究者などに最適です。

ARM DesignStartオンライン ポータル
ARM DesignStartポータルは、ARMが提供する広範なフィジカルIPおよびプロセッサIPへの容易で包括的なオンライン アクセスを提供します。ポータルには、ARM Cortex-M0、多数から選択できるARM Artisanロジック、メモリ、インタフェースIPなど、複数のARMプロセッサのデザイン キットや評価版が提供されています。DesignStart IPは、ARMプロセッサベースのSoC設計を高速化する、シリコン実証済みのパスを提供します。

さらに大学ではARMテクノロジのプロセッサ シミュレーション環境にアクセスして、業界モデルを学術研究に取り込むことができます。これらのシミュレーション環境は、現在の市場で提供されている実際のファウンドリ プロセスをベースとしています。現在、大学向けDesignStartプログラムでは、1つのコア シミュレーション モデル、ARM926EJ-Sが提供されています。

大学向けDesignStart Kitは、ユーザ ガイドや統合マニュアルなどのドキュメント、RTLレベルのシミュレーションが可能なデザイン シミュレーション モデル、ファウンドリ プロセス固有のタイミング ビュー(.libおよび.CLF形式)、およびファウンドリ プロセス固有の抽象レイアウト ビュー(.LEFおよび.FRAM形式)などの提供物で構成されています。

DesignStartの提供物は、承認を得ることが条件となります。この教材を申し込むには、下のリンクをクリックしてください。

学生がCortex-M0 DesignStartプロセッサ以外のDesignStartの教材を請求することはできません。請求を行うことができるのは、大学教職員、フルタイム研究員、その他に資格要件を満たした大学または研究機関のフルタイムのスタッフ メンバーのみです。

大学向けDesignStartプログラム


 ActelのSmartFusion Cortex-M3 キット

ActelのSmartFusion™評価キットは、ハードARM Cortex™-M3とプログラム可能なアナログを搭載した世界で唯一のFPGAを試すことができる、簡単で低コストな手段を提供しています。このデバイスには、オンチップ フラッシュ メモリとオンチップSRAMメモリが含まれており、さらに追加のSPIフラッシュ メモリも搭載されています。このボードは、イーサネットおよびハイパーターミナルを介した通信が可能です。ボードにはLED、スイッチ、OLEDおよびボードでアナログ実験をするためのさまざまな電圧、電流、温度モニタリング機能が備わっています。

ActelのSmartFusion™開発キットは、ハードARM® Cortex™-M3とプログラム可能なアナログを搭載した世界で唯一のFPGAを試すことができる、機能が豊富な開発ボードを提供しています。このデバイスには、オンチップ フラッシュ メモリとSRAMメモリが含まれており、さらに追加のオフチップ メモリがボード上に搭載されています。このボードは、イーサネットおよびハイパーターミナルを介した通信が可能です。また、このボードには、LED、スイッチ、OLED、および多様なアナログのテスト機能が搭載されています。アナログのテスト機能としては、電圧レール監視機能、電流POT、温度ダイオード、アクティブ バイポーラ プリスケーラ(ABPS)を使用した電圧スイープなどが含まれています。ネットワークのインタフェースは、イーサネットPHY、EtherCAT、CAN、UART、RS485などがサポートされています。詳細については、以下に示すボードの詳細をご覧ください。

SmartFusion Cortex-M3評価ボード

 

Actel Cortex-M1およびCoreMP7 IP

ARMがActelおよびAlteraと共同開発した32ビットのARM Cortex-M1プロセッサは、FPGA実装用に設計された初のARMプロセッサです。サイズと速度のバランスを兼ね備えたCortex-M1プロセッサは最大72 MHzで稼動し、わずか4,300タイルに実装することができます。ActelのCoreMP7は、よく知られているARM7TDMI-SのソフトIPバージョンです。価格および入手可能性については、ActelおよびAlteraにお問い合わせください。

 Actelロゴ


                     
ARMでは、Cortex-M1 IPを評価できるプログラムを提供しています。低消費電力リファレンス プラットフォーム(LPRP)は、ARM Cortex-M1をAltera Cyclone III FPGAに実装する低コストな手段です。 

ARM Cortex-M1開発キットは、Altera Cyclone III FPGAでARMエンベデッド システムを開発することにターゲットを絞ったソリューションを提供します。Altera Cyclone III FPGAで使用する無料評価版のダウンロードは、Arrow社のWebサイトから提供されています。

 




スタンダード セル ライブラリ、メモリ コンパイラ、I/Oのフロントエンド ビューは、大学向けに提供しているPIPDの一部です。ARMでは、フィジカルIPライブラリに直接アクセスしていただけるように、複数の地域センターとパートナーシップを結びました。たとえば台湾のChip Implementation Center、米国のMOSIS、カナダのCMCは、大学研究者にMPWプロジェクト サービスを提供する既存の組織です。これらの機関では、主要なファウンドリでウェハー生産能力を確保したり、設計の技術サポートを受けるための確立されたチャネルが提供されています。

ARM認定のMPWデザイン センターの一覧を以下に示します。

ARMフィジカルIP製品への直接のフロントエンド アクセスをご希望の場合は、上記組織のいずれかにお問い合わせください。


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set