Login

XScale開発プラットフォーム

XScaleマイクロアーキテクチャは、ARMバージョン5TE準拠の新しいプロセッサに基づいています。マイクロアーキテクチャは、命令、データ、ミニデータ キャッシュ、書き込み、フィル、保留、分岐ターゲット バッファ、電力管理、パフォーマンス モニタリング、デバッグ、JTAGユニット、コプロセッサ インタフェース、32Kキャッシュ、MMU、BTB、MACコプロセッサ、コア メモリ バスなどの命令やデータ メモリ管理ユニットでコアを取り囲んでいます。
 
 


 
プラグ コンピュータとは、家庭内でネットワークベースのサービスを提供するための、非常に小さい低電力サーバです。常時オンのシステムで、家庭内のコンピューティング デバイスにデータとアプリケーションを提供できます。また、ホーム コンピューティング デバイスとインターネット ベースのサービス間のブリッジにもなります。

SheevaPlugは強力な1.2GHz Sheevaプロセッサに基づく初のプラグ コンピュータです(ARMv5TE準拠コアがベースになっています)。ネットワークへの主な接続にはギガビット イーサネット、ペリフェラルにはUSBが使用されます。


Gumstixロゴ

Verdex Proマザーボードは、XScaleのMarvell PXA270をベースとし、最大128MBのRAM、最大32 MBのオンボード フラッシュ、オンボードの60ピンのHirose I/Oヘッダ、追加の拡張カードを接続するための120ピンのMolexコネクタなどの機能を備えているほか、オプションとしてInfineon Bluetoothも使用できます。


ケンブリッジ-マサチューセッツ工科大学MDPロゴ

CMIは、学術界と業界間のインタフェースに注力することによって、英国の技術革新と知識交換を高めることを目的としたケンブリッジ大学とマサチューセッツ工科大学の合弁事業です。多領域設計プロジェクト(MDP)は、学部生への教育を高めるための教育資源を作成するためのCMIプログラムです。


                

 
ARMベースのプラットフォームを開発するために、独立した互換性のあるデバッグ アダプタが必要になることがあります。ただし、統合されたオンボード デバッグ機能を備えたARMベースのプラットフォームが増えているため、そのような外部ハードウェアの必要性はなくなりつつあります。

プラットフォームの中にはシステム用にリアルタイムのデータ アクセス機能と命令トレース機能を備えており、システムを停止せずにリアルタイムでデバッグしなければならないものもあり、その場合はこの目的のために物理トレース インタフェースが必要になります。

これらのインタフェースはARM(またはARM系列会社)、または各種ARMパートナーおよび代理店から別途購入することができます。

低コストのデバッグ アダプタは、Olimexやその他のサードパーティ会社からも購入できます。

必ずボード、ソフトウェア ツールおよびデバッグ アダプタ間の互換性をご確認ください。


Maximise