Login

Cortex-M開発プラットフォーム

ARM Cortex-M 32ビットRISCプロセッサは、幅広い範囲のアプリケーションに対応する高性能で低コストのプラットフォームを提供するように設計されています。Cortex-Mプロセッサは、卓越した計算性能と、割り込みに対する非常に優れたシステム応答性を提供する一方で、省フットプリント、業界最高レベルのコード密度を通じて低コスト要件を満たし、より小さいメモリ サイズ、ピン数の削減、低消費電力が実現されます。

PICおよび8051マイクロコントローラからCortex-Mにコースおよびプロジェクトを移行する際に役立つアプリケーション ノート:

 
 


Texas Instruments Cortex-M Stellarisプラットフォーム

Texas Instrumentsは、32ビットの機能とARM® Cortex-M™ベースのマイクロコントローラのさまざまな利点を幅広い教育機関のマイクロコントローラ市場に提供する業界リーダーです。現在、270を超える互換ARM Cortex-MベースのStellarisマイクロコントローラ、30を超えるStellaris評価、開発、リファレンス デザイン キットを提供しており、ほぼすべての大学向けのマイクロコントローラの性能、インテグレーション、消費電力、および価格に関する要件に適合します。各大学は、1ドルの製品から1 GHzの高機能製品まで、互換性のあるロードマップで、自信を持ってTI/ARMエコシステムの開発を開始できるようになりました。アーキテクチャを変更する必要がなくなります。


 

 

Texas Instruments Cortex-R4F Herculesプラットフォーム

スケーラブルなHercules TMS570LSセーフティMCUファミリを使用すると、安全重視の交通用途向けプロジェクトを大学で容易に開発できます。基盤となるアーキテクチャはARM7ベースのMCUを使い慣れた大学には馴染みが深いが、Herculesはより堅牢で高性能のMCUをニーズに応じてリアルタイムで提供します。

ISO 26262 ASIL-DおよびIEC 61508 SIL-3安全基準の要件を満たすように開発され、AEC-Q100自動車仕様に準拠したこのARM® Cortex™-R4Fベース ファミリには、性能、メモリ、接続のオプションが用意されています。デュアル コア ロックステップCPUアーキテクチャ、ハードウェアBIST、MPU、ECC、オンチップ クロックおよび電圧監視機能など、自動車、鉄道、および航空宇宙アプリケーションのニーズを満たす主要安全機能が揃っています。

 

Texas Instruments Cortex-M3 Concertoプラットフォーム

Concertoは、ARM Cortex-M3™コアとC2000のC28xコアを組み合わせて1つのデバイスにすることで、コネクティビティと制御の双方の機能を実現します。Concertoを使用することで、太陽光インバータや産業用制御のようなプロジェクトは、シングル チップで、通信部分と制御部分を分離することができます。

また、Concertoで強化されたハードウェアと安全機能によって、お客様のプロジェクトで安全性認定が可能になります。


 


Cortex-M0+ Freedom開発プラットフォーム

FRDM-KL25Zは、ARM® Cortex™-M0+プロセッサ ベースのKinetis LシリーズKL1xおよびKL2x MCUファミリによって実現した超低コストの開発プラットフォームです。MCU I/Oへの簡単なアクセス、バッテリ対応、低消費電力動作、標準規格のフォーム ファクタ(拡張ボード オプション付き)、およびフラッシュ プログラミングと実行制御用の組み込みデバッグ インタフェースなどの機能を備えています。FRDM-KL25Zは、Freescaleおよびサードパーティ製の開発ソフトウェアで幅広くサポートされています。

Cortex-M4 Kinetis KwikStik開発プラットフォーム

Kinetis MCUを評価、開発、およびデバッグするための超低コストのオールインワン開発ツールは、USB、タッチ センシング、およびセグメントLCD機能を持つK40X256VLQ100(144LQFP)MCUを備えています。Kinetis K40X256デバイスとKwikStikハードウェアのごく一部の機能を実行するためのデモ ソフトウェアがあらかじめ書き込まれています。オンボードのSegger™ J-Link™デバッグ インタフェースは、オンボードのK40 MCUの機能の評価、またはKinetis MCUをベースにした独自のターゲット ハードウェアの開発、デバッグ、およびプログラミングを可能にします。


Cortex-M0 STM32F0 Discovery

完全なMCU開発キットとツールが約$10で!

STM32F0DISCOVERYを使用すると、STM32F0 Cortex-M0の機能を理解し、アプリケーションを簡単に開発できます。これには、初心者や経験豊富なユーザーが開発を迅速に開始するために必要なものすべてが含まれています。

STM32F051R8T6に基づいて、ST-LINK/V2エンベデッド デバッグ ツール、LED、プッシュボタン、および追加のプロトタイプ作成ボードが含まれ、別のコンポーネントやモジュールに簡単に接続できます。

 

Cortex-M4 STM32F4 Discovery

 

STM32F4DISCOVERYを使用すると、STM32F4の高性能の機能を理解し、アプリケーションを簡単に開発できます。これには、初心者や経験豊富なユーザーが開発を迅速に開始するために必要なものすべてが含まれています。

STM32F407VGT6に基づいて、ST-LINK/V2エンベデッド デバッグ ツール、ST MEMS2つ、デジタル加速度計とデジタル マイク、クラスDスピーカー ドライバが統合されたオーディオDAC1つ、LEDとプッシュボタン、USB OTGマイクロABコネクタが含まれます。

 

Cortex-M3 STM32F1 Discovery

 
 

STM32 Value line Discoveryを使用すると、最小のコストで最も迅速にSTM32を検出できます。これには、初心者や経験豊富なユーザーが開発を迅速に開始するために必要なものすべてが含まれています。STM32 Value line Discoveryには、64ピンのLQFPパッケージ内のSTM32F100 Value lineマイクロコントローラ、およびインサーキットST-Linkデバッガ/プログラマが含まれ、Discoveryアプリケーションやその他のターゲット アプリケーションをデバッグできます。すぐに実行できる無償のアプリケーション ファームウェアのサンプルがwww.st.com/stm32-discoveryで多数提供されています。また、その他のボードやデバイスに接続するLED、ボタン、拡張ヘッダを使用して、迅速な評価と開発をサポートします。


Cortex-M NXP mbedプラットフォーム

mbedは、マイクロコントローラでのラピッド プロトタイピングを行うツールです。

マイクロコントローラは、より低価格かつ強力で柔軟性が増していますが、新しいアプリケーションをホストするには、最初のプロトタイプを誰かが作成しなくてはならないという障害が残されています。mbedでは、できるだけ迅速なプロトタイプの作成に重点が置かれています。

mbedコンパイラを使用すると、C/C++でプログラムを作成してから、コンパイルおよびダウンロードを行って、mbedマイクロコントローラで実行できます。すべてオンラインで実行できるため、管理者権限で開始する必要はありません。実際、作業を開始するために何かをインストールまたは設定する必要はありません。

 mbedスポンサーシップ プログラムは、マイクロコントローラに関する価値あるプロジェクトを行っている方々をサポートすることを目的としています。ARMでは、学力面の適性検査や公的機関のエンジニアリングに役立つプロジェクトまたはアクティビティでの使用を目的としたいくつかのmbedマイクロコントローラを割り当てました。プロジェクトの結果をmbedコミュニティの他のユーザと共有することは、あらゆるユーザにとってメリットがあります。
 

Cortex-MベースのNXP LPCXpresso

LPCXpressoは、低コストの新しい開発プラットフォームで、NXPから入手できます。このプラットフォームは、ARMベースのLPCマイクロコントローラをサポートし、簡略化されたEclipseベースのIDEや、JTAGデバッガと組み合わせられた低コストのターゲット ボードを含んでいます。

シンプルさと使いやすさのために設計されたLPCXpresso IDE(Code Red)は、アプリケーションを迅速かつ簡単に開発する方法をエンジニアに提供します。LPCXpressoターゲット ボードは、Embedded Artists、Code Red、およびNXPの協力によって開発されました。最初のLPCXpressoターゲット ボードは、USB 2.0 Full Speed Deviceと統合されたLPC1343を備えています。 

Cortex-M0ベースのLPC11xx LPCXpressoなど、その他のLPCマイクロコントローラ製品の将来のボード サポートが計画されています。
 


Cortex-M3ベースのArduino Due

Arduino Dueは、Atmel SAM3X8E ARM Cortex-M3 CPU(データシート)をベースにしたマイクロコントローラ ボードです。32ビットARMコア マイクロコントローラ ベースの初めてのArduinoボードです。54本のデジタル入出力ピン(そのうちの12本はPWM出力可)、12のアナログ入力、4つのUART(ハードウェア シリアル ポート)、84 MHzクロック、USB OTG接続対応、2つのDAC(デジタルからアナログへ)、2つのTWI、電源ジャック、SPIヘッダ、JTAGヘッダ、リセット ボタン、およびイレース ボタンがあります。

ARM Cortex-M3ベースのArduino Due

 

Cortex-M3ベースのCypress Semiconductor PSoC 5

PSoC® 5は、1つのチップにコンフィギュラブルなアナログおよびデジタル ペリフェラル機能、メモリ、およびマイクロコントローラを統合した、真のプログラム可能なエンベデッドSoC(System on Chip)です。ブレイクスルーを起こす新しいPSoC 5アーキテクチャでは、統合された高精度の20ビット解像アナログ、プログラム可能なPLDベースのロジック、32ビットARM® Cortex™-M3 CPU(最大67 MHz)によってパフォーマンスが大幅に向上しました。
 

Cortex M3 Cypress Seminconductor PSoC 5
 

 

LeafLabs Cortex-M3ベースのSTM32 ArduinoのようなMapleボード

Mapleボードは、多くのペリフェラルを備えた高速プロセッサなどの必須要素で構成されています。Mapleの中心には、72MHz ARM Cortex M3チップが搭載されており、より詳しい知識のあるユーザが求めている向上した計算性能が提供されています。LeafLabsは、直感的に使いやすいオープン ソースのコンポーネントとプログラミング環境から構築されるARMツールチェインを備えたこのプラットフォームを提供することによって、教育や愛好家セクターにおけるARMの販売促進を目的としています。Arduinoを愛用し、使い慣れているユーザのために、MapleはArduinoに対応した形式(Arduinoピン レイアウトとプログラミング環境との完全な互換性を確保)で提供されています。将来、この素晴らしいマイクロコントローラを最大限に活用するためのCortexのネイティブ バージョンが入手可能になります。

ActelのSmartFusion Cortex-M3キット

ActelのSmartFusion™評価キットは、ハードARM Cortex™-M3とプログラム可能なアナログを搭載した世界で唯一のFPGAを試すことができる、簡単で低コストな手段を提供しています。このデバイスには、オンチップ フラッシュ メモリとオンチップSRAMメモリが含まれており、さらに追加のSPIフラッシュ メモリも搭載されています。このボードは、イーサネットおよびハイパーターミナルを介した通信が可能です。ボードにはLED、スイッチ、OLEDおよびボードでアナログ実験をするためのさまざまな電圧、電流、温度モニタリング機能が備わっています。

ActelのSmartFusion™開発キットは、ハードARM® Cortex™-M3とプログラム可能なアナログを搭載した世界で唯一のFPGAを試すことができる、機能が豊富な開発ボードを提供しています。このデバイスには、オンチップ フラッシュ メモリとSRAMメモリが含まれており、さらに追加のオフチップ メモリがボード上に搭載されています。このボードは、イーサネットおよびハイパーターミナルを介した通信が可能です。また、このボードには、LED、スイッチ、OLED、および多様なアナログのテスト機能が搭載されています。アナログのテスト機能としては、電圧レール監視機能、電流POT、温度ダイオード、アクティブ バイポーラ プリスケーラ(ABPS)を使用した電圧スイープなどが含まれています。ネットワークのインタフェースは、イーサネットPHY、EtherCAT、CAN、UART、RS485などがサポートされています。詳細については、以下に示すボードの詳細をご覧ください。

ActelのSmartFusion Cortex-M3評価ボード

 

Steitec Cortex-M0 Stampモジュール

ARM LPC1114 Cortex M0 Stampモジュールは、低消費電力かつ低価格であるため、低コストの開発に適しています。スタンドアロンとして、またはブレッドボードで使いやすくなっています。

Keil Cortex-Mスタータ キット

Keil(ARM系列会社)は、ARM Cortex-M3ベースのSTMicroelectronics STM32F103マイクロコントローラに基づくスタータ キットを提供しています。これらのキットには、評価ボード、Keil ULINK-ME USB-JTAGインタフェース、RealView MDK-ARM評価版ソフトウェア ツールなどが含まれています。アカデミック版価格情報については、ARMまたはお近くのKeil代理店にお問い合わせください。

 ARM Cortex-M3ベースのSTMicroelectronics STM32F103マイクロコントローラ スタータ キット

 

Cortex-M3 STM32 Primer 

STM32 Primerは、STM32とその強力なARM Cortex™-M3コアの機能の迅速で容易な導入を可能にする、魅力的で革新的な評価および開発ツール パッケージです。ホストPCのUSBポートに直接接続でき、インサーキットでのデバッグ/プログラミングを行います。また、RaisonanceのRideソフトウェア ツールセット(最大32Kのコードをデバッグ)およびGNU C/C++コンパイラ(無制限のコンパイル)が付属しています。


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set