Login

Cortex-A開発プラットフォーム

ARM Cortex™-A アプリケーション プロセッサ シリーズは、超低コストのハンドセットから、スマートフォン、 モバイル コンピューティングプラットフォーム、デジタルTVおよびセットトップ ボックス企業ネットワーキング、プリンタおよびサーバ ソリューションに至るまでの、多機能なOSプラットフォームおよびユーザ アプリケーションをホストするデバイス向けに幅広い範囲のソリューションを提供します。市場で実証されているCortex-A8プロセッサは、スケーラブルなCortex-A9および高効率のCortex-A5プロセッサと共にすべて同じアーキテクチャを採用しているため、従来のARM、Thumb®命令セットおよび新しい高性能かつコンパクトなThumb-2命令セットのサポートを含め、完全なアプリケーション互換性を備えています。

ARM Cortex™-Aシリーズのアプリケーション プロセッサをプログラミングするための包括的なガイドで、次の場所からダウンロードできます。(最初に登録が必要です)

 
 


 BeagleBoneは、低コストで拡張性の高い、ハードウェア ハッカー重視のBeagleBoardです。USBまたはイーサネットで接続した、現在のBeagleBoardおよびBeagleBoard-xM 用の拡張コンパニオンとして機能するベアボーンのBeagleBoardであり、スタンドアロンでも使用できます。BeagleBoneは標準的なBeagleBoardでも小型ですが、BeagleBoardに求められる高性能のARM機能を備えており、これまでになかったフル機能のLinuxを実現します。

  

Cortex-A8 Beagle Board
Beagle BoardはTI OMAP3530プロセッサ(ARM Cortex-A8 Core ~600MHz + TMS320C64x+ DSP ~430MHz)に基づく低コストのファンレス シングル ボード コンピュータで、今日のデスクトップ マシンが持つ全ての拡張性を備えていますが、少量でコストもノイズも低いのが特長です。

BeagleBoard-xMでは追加のARM Cortex-A8 MHzと追加メモリ、さらに512MBの低電力DDR RAMが提供されるため、愛好家、革新者、エンジニアは現在の想像力を超えて、BeagleBoard.orgコミュニティからアイデアを得ることができます。

Beagle Boardホームページ


PandaBoardは、Texas Instrumentの1 GHzデュアルコアCortex-A9 MPCoreベースのOMAP4430アプリケーション プロセッサに基づく低電力、低コストのシングル ボード コンピュータです。

PandaBoardには、デュアルコアの1 GHz ARM Cortex-A9 MPCore CPU、PowerVR SGX540 GPU、C64x DSP、および1 GBのDDR2 SDRAMが実装されています。主要な永続記憶装置ではSDカード スロットからSDHCカードを最大32 GBまで使用できます。PandaBoardには、ワイヤード(有線)10/100イーサネット、またワイヤレス(無線)のイーサネットおよびBluetooth接続が含まれています。このサイズは4インチ(100 mm)x4.5インチ(110 mm)とETX/XTXコンピュータのフォーム ファクタよりやや大きめです。PandaBoardでは、DVIインタフェースとHDMIインタフェース経由でビデオ信号を出力できます。また、ステレオ3.5 mmのオーディオ コネクタもあります。

PandaBoardでは、従来の環境、UbuntuまたはAndroidユーザ環境でLinuxカーネルを実行することができます。 


ARMプロセッサにハードウェア プログラマビリティを装備
Zynq™-7000 All Programmable SoCは、業界標準のARM®デュアル コアCortex™-A9 MPCore™処理システムとXilinxの28nmプログラマブル ロジックを組み合わせた新しいクラスのプラットフォームです。このプロセッサ中心のアーキテクチャによって、学術機関にASICレベルのパフォーマンスと電力消費、マイクロプロセッサのプログラマビリティ、およびFPGAの柔軟性を与える包括的な処理プラットフォームが提供されます。

シリコンを超える:包括的なプラットフォーム製品
Zynq-7000 All Programmable SoCの価値は、Zynq-7000ファミリをサポートしているハードウェア(HW)およびソフトウェア(SW)開発ツールやオペレーティング システムなどを含むすべての要素によって高まります。

幅広いアプリケーションに対応する柔軟でスケーラブルなプラットフォーム
プログラマブル ロジックの柔軟性とARMベースの処理システムへの緊密な統合により、必要とするペリフェラルを実質的に追加し、Zynq-7000デバイスの性能を拡張するためのアクセラレータを作成する可能性を学術機関に与えます。Zynq-7000デバイスはさまざまな学術機関のプロジェクトに理想的なソリューションになります。


Cortex-A8ベースのFreescale i.MX53 Quick Startボード

 

Freescale i.MX53 Quick Startボード

 
Freescaleは、i.MXファミリのマルチメディア アプリケーション プロセッサに基づいた新しいQuick Start開発ボード シリーズを使用して、製品評価を簡素化し、製品化までの時間を短縮する、コスト効率が高く使いやすいプラットフォームを提供します。

本シリーズの第一弾であるi.MX53 Quick Startボードは、$149のオープン ソース開発プラットフォームです。ARM® CortexTM™-A8 1 GHzプロセッサに統合されたQuick Startボードには、ディスプレイ コントローラ、ハードウェア アクセラレーション グラフィック、1080pビデオ デコードと720pのエンコード、および多数の接続オプションが含まれているため、一般組み込み製品市場、産業市場、医療市場のヒューマン マシン インタフェースなどのアプリケーションに理想的です。

機能豊富な開発プラットフォームとして設計されたi.MX53 Quick Startボードには、ハードウェア設計ファイルや、マルチメディア演算用に最適化されたドライバを含むボード サポート パッケージ(BSP)が含まれています。これにより、製品化までの時間が短縮され、基本的な製品設計が提供されるほか、より複雑な設計の拠点としての役割も果たすことができます。加えて、ボードのエコシステムは、Quick Start開発プラットフォーム用に最適化されたさまざまなコスト効率の高いデバッグ ツールおよび完全な開発スイートを提供するパートナーで構成されます。

i.MX53 Quick Startボードは、Freescaleおよびi.MX開発者のコミュニティimxcommunity.orgによってサポートされています。

 

Dual Cortex-A9 ST-Ericsson Nova A9500ベースのSnowball

 

 
Snowballは、新しい組み込み設計のプロトタイプを作成したいと考える愛好家や専門開発者をターゲットとした、ST-Ericsson Nova A9500プロセッサ(Dual Cortex A9 + Mali 400 GPU)に基づく、低電力、低コストのシングル ボード コンピュータです。開発者がAndroid、Meego、Ubuntu用アプリケーションを作成する際に役立ちます。

機能には、1GHzのARM Dual Cortex A9、IEEE 802.11 b/g/n ワイヤレスLAN、Bluetooth BT4.0/ BLE(除く:アンテナ)、GPS(除く:アンテナ)、3つの拡張コネクタ(FSMC、HSI、オーディオ、MiPi CSI / カメラ、LCD、MiPi DSI、UART、SPI、I2C、GPIO)、1GB LP-DDR2および4 / 8GB e-MMCがあります。

  

Dual Cortex-A9 NVIDIA Tegra 2

NVIDIAでは複数のTegra開発キットが提供されています。

NVIDIA Tegra 250 Developer Kitには、Tegraプロセッサ、フラッシュ メモリ、電源ボタン、リセット ボタン、「リカバリ」ボタン、SDカード スロットおよび関連コネクタを含むTegra 250メイン ボードがあります。STATUS LED、コンフィギュレーション スイッチ、予備電源ボタン、リセット ボタン、「リカバリ ボタン」、およびRS-232シリアル ポートを含むTegra 250ミニ拡張(またはサテライト)ボードも含まれています。さらに、取り外しと折りたたみが可能なWiFiアンテナと120~240VのAC電源アダプタも付属しています。

NVIDIA® Tegra™ 250デュアルコアARM® Cortex-A9 MPCore™プロセッサには、OpenGL ES 2.0付きの3Dグラフィックス プロセッサ、最大12メガピクセルのセンサをサポートするイメージ信号プロセッサ、超低電力オーディオ プロセッサ、高度な電力管理、ダイナミック電圧&周波数スケーリング、複数のクロック ドメインおよび電源ドメインが含まれています。

Cortex-A8ベースのTI OMAP3 Gumstix Overo Earth

Gumstix Overo Earth Cortex-A8プラットフォーム

Gumstixでは、Texas InstrumentのOMAP 3503アプリケーション プロセッサに基づく、非常に小型で強力なOvero Earthマザーボードを発売しました。わずか17mm x 58mm x 4.2mmのサイズのOvero Earthは、600 MHzのプロセッサ、最大1200 Dhrystone MIPSのパフォーマンス、256 MBのRAMおよび256 MBのフラッシュ メモリを提供します。

Cortex-A8 IGEPv2ボード

IGEPv2プラットフォームは、標準のデスクトップ マシンの量、コスト、ノイズなしでノートPC同様のパフォーマンスと拡張性を実現した、低コストのファンレス シングル ボード コンピュータです。
 

Cortex-A8 IGEPv2プラットフォーム

Gumstix Cortex-A8 Stagecoach

Stagecoach拡張ボードは、製品開発と学術研究の両方に適したOMAP(ARM Cortex-A8)コンピューティング クラスタを構築します。1枚のStagecoach拡張ボードに最大7つのGumstix Overo™コンピュータ オン モジュール(COM)をネットワーキング(レター サイズ用紙の約3分の1のサイズ)できるため、開発者はネイティブ コンパイルの時間と開発サイクルを短縮できます。Stagecoach拡張ボードのコレクションを使用して、各ボードに7つのGumstix Overo COMを取り付けることで、19インチのラックの一部分だけを使用して数百のOMAPベースのOvero COMを一緒にネットワーク接続することができます。

Stagecoach拡張ボードでは、100Mbpsのスイッチド高速イーサネット ネットワークが提供されており、マウントされている各Overo COMに一意のIPアドレスが割り当てられるほか、7つのUSB OTGポートと1つのシリアルオーバーUSBコンソール ポートを持ち、フル実装時で流れる電力は20ワット未満です。Stagecoach拡張ボードは、現行のすべてのOvero COM、および現在Gumstixで開発段階にある将来発売予定の強力なOvero製品とも互換性があります。

RealView PB for Cortex-A8

ARM RealViewハードウェア プラットフォームは、迅速で効率的なプロトタイプ作成と開発を目的として設計されており、大学院プログラムと学部プログラムの両方で簡単に使用できます。

RealView Platform Baseboard for the Cortex-A8(PB-A8)は、Versatileファミリのプラットフォーム ベースのボードです。ARMv7アーキテクチャのアプリケーション開発とCortex-A8プロセッサ評価を行えるように設計されています。また、オペレーティング システムの移植とカスタム ペリフェラル ドライバ開発もサポートしています。


                

 
ARMベースのプラットフォームを開発するために、独立した互換性のあるデバッグ アダプタが必要になることがあります。ただし、統合されたオンボード デバッグ機能を備えたARMベースのプラットフォームが増えているため、そのような外部ハードウェアの必要性はなくなりつつあります。

プラットフォームの中にはシステム用にリアルタイムのデータ アクセス機能と命令トレース機能を備えており、システムを停止せずにリアルタイムでデバッグしなければならないものもあり、その場合はこの目的のために物理トレース インタフェースが必要になります。

これらのインタフェースはARM(またはARM系列会社)、または各種ARMパートナーおよび代理店から別途購入することができます。

低コストのデバッグ アダプタは、Olimexやその他のサードパーティ会社からも購入できます。

必ずボード、ソフトウェア ツールおよびデバッグ アダプタ間の互換性をご確認ください。


Maximise