Login

ARM7開発プラットフォーム

ARM7ファミリは、コストと消費電力が重視されるコンシューマ アプリケーション向けに最適化された、低電力の32ビットRISCマイクロプロセッサ コアのシリーズです。ARM7ファミリには16ビットThumb命令セットが採用されており、8ビットまたは16ビット システム並みのコストで32ビットのパフォーマンスを実現できます。ARM7に基づき学術研究環境に役立つ低コストのボードにはさまざまな種類があります。 
 
 


Keil ARM7 Starter Kit

Keil(ARM系列会社)は、高い支持を得ているARM7TDMI-Sプロセッサ コアに基づくスタータ キットを提供しています。これらのキットには、評価ボード、Keil ULINK USB-JTAGインタフェース、RealView MDK-ARM評価版ソフトウェア ツールなどが含まれています。アカデミック版価格情報については、Keilまたはお近くのKeil代理店にお問い合わせください。


 ARM7ベースのMicrosoft .NET Gadgeteer

Microsoft .NET Gadgeteerは、小型の電子ガジェットおよびエンベデッド ハードウェア デバイス用のラピッド プロトタイピング プラットフォームです。オブジェクト指向プログラミング、ハードウェア モジュールのキットを使用した電子機器の無はんだアセンブリ、およびコンピュータ支援設計を使用した高速物理筐体製造の利点が組み合わされています。 個々の .NET Gadgeteer モジュールは簡単にインターコネクトして、単純なデバイスと高度なデバイスの両方を構築することができます。各モジュールは、イメージを表示する、サウンドを再生する、写真を撮影する、環境を感知する、他のデバイスと通信する、ユーザ インタラクションを有効にするなどの追加機能を付加します。プラットフォームは .NET Micro Framework上に構築されているため、小型デバイスをC#言語でプログラミングし、Visual Studioのプログラミングとデバッグ ツールを利用することができます。この強力な組み合わせにより、完全に動作するデバイスのプロトタイプを数日、数週間ではなく、数時間で完成することが可能になります。

 

 ARM7ベースのAtmel Netduino

ソフトウェア開発者向けの注目のハードウェアの登場

Netduinoは、.NET Micro Frameworkを使用したオープン ソースの電子プラットフォームです。32ビット性能のARM7ベースのAtmelマイクロコントローラと豊富な開発環境を提供し、

学生や愛好家にも同様に適しています。

 


Embedded Artists' LPC2148教育用ボードでは、NXPのARM7TDMI LPC21xxマイクロコントローラ シリーズ全般、特にLPC2148の使用を素早く開始できます。ボードには、興味深く役立つ多くの実験が含まれています。この実験は、拡張コネクタでさらに拡張できます。このボードは、教育目的だけでなく、実験やプロトタイプ プロジェクトにも使用できます。


Illuminato X Machina

従来のノイマン型コンピュータを整理する新しい方法で、ロバスト フィジカル コンピューティングと呼ばれます。ロバスト フィジカル コンピューティングでは、システムを機能的コンポーネントに再分割せずに、システムを小さなコンピュータ単位のネットワークに分割します。これらの単位または「セル」を組み合わせて、手元のタスクに合わせてパフォーマンスを適合させられる、モジュール方式のスケーラブルなコンピュータを形成することができます。4平方インチ未満のIlluminato X Machinaの各ボードには、完全に機能するコンピュータ要素が含まれています。1つのIlluminato X Machinaモジュールすなわち「セル」には、72 MHz ARMベースのマイクロプロセッサ、データ保存専用EEPROMチップおよびRAMが搭載されています。

 

Make Controller Kit

Make Controller Kitは、高性能の制御/フィードバック、接続、使いやすさを必要とするプロジェクトに適した、オープンソースのハードウェア プラットフォームです。プログラミングして自立的に実行するか、またはよく知られているOSCプロトコルにより、デスクトップ/ノートPCアプリケーションのペリフェラルとして使用することができます。Make Controllerでは、優れたオープンソースのソフトウェア ツールがサポートされています。mcbuilderはMake Controllerのプログラムを作成するのに必要なものがすべて1つの便利なパッケージに入っている簡単な開発環境です。Make Controller Kit v2.0 Make Controller 2.0 Interface Board Kit

 

FlowCodeおよびE-Blocks

FlowCodeは世界で最も高度なマイクロコントローラ用グラフィカル プログラミング言語です。FlowCodeの大きな利点は、プログラミング経験がほとんどなくても、複雑な電子システムをほんの数分で作成できることです。E-Blocksは小型の回路基板で、各基板には通常電子システムまたはエンベデッド システムに入っている電子回路のブロックが含まれています。E-blocksは一緒にスナップしてさまざまなシステムを作成し、電子工学の指導/学習や、複雑な電子システムのラピッド プロトタイピングに使用することができます。

 

NGX ARM7 BlueBoard

BlueBoardには、512 KBの内部フラッシュと32+8KのRAMを持つNXPのARM7TDMI LPC2148が装備されています。すぐに実行できるコード例が含まれる開発プラットフォームとして、ボードでサポートされているあらゆる機能のアプリケーションのデモを行うことができます。

 

HP Calculatorプラットフォーム

HP 20bには、30 MHz Atmel、低電力AT91SAM7L128 ARM7システム オンチップ プロセッサ、ブートローダ、およびJTAGインタフェースがあり、ユーザ アプリケーションをデバイスに書き込んだりダウンロードしたりすることができます。HPではまた、HP 20Bの用途を変更し、別の目的のために再利用したいと考えている開発者向けに、HP 20bの公式開発キットもリリースしています。

 

その他のサードパーティ プラットフォーム プロバイダ

ARMではサードパーティからその他の教育用プラットフォームが多数提供されていることを認識しています。特定の製品を支持したり推薦したりすることはできませんが、情報が入り次第お知らせいたします。これらの会社から提供されている製品は、いずれもARMから入手することはできません。また、入手可能性または価格について、いかなる言及もいたしません。


                

 
ARMベースのプラットフォームを開発するために、独立した互換性のあるデバッグ アダプタが必要になることがあります。ただし、統合されたオンボード デバッグ機能を備えたARMベースのプラットフォームが増えているため、そのような外部ハードウェアの必要性はなくなりつつあります。

プラットフォームの中にはシステム用にリアルタイムのデータ アクセス機能と命令トレース機能を備えており、システムを停止せずにリアルタイムでデバッグしなければならないものもあり、その場合はこの目的のために物理トレース インタフェースが必要になります。

これらのインタフェースはARM(またはARM系列会社)、または各種ARMパートナーおよび代理店から別途購入することができます。

低コストのデバッグ アダプタは、Olimexやその他のサードパーティ会社からも購入できます。

必ずボード、ソフトウェア ツールおよびデバッグ アダプタ間の互換性をご確認ください。


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set