Login

書籍 ― 『Low Power Methodology Manual』

『Low Power Methodology Manual』表紙著者:Michael Keating(Synopsys)、David Flynn(ARM)、Robert Aitken(ARM)、Alan Gibbons(Synopsys)、Kaijian Shi(Synopsys)

Synopsysのお客様は無料の電子版(PDF)をダウンロードしていただけます。 SolvNet IDとパスワードが必要です(登録されていない場合は簡単に登録できます)。

『Low Power Methodology Manual』(LPMM)は、システム オンチップ設計における電力管理に関する包括的で実用的なガイドで、90ナノメートル以下のテクノロジに関わる設計者にとって必読のガイドです。

著者はすべて低電力のエキスパートで、リーダーであるMichael KeatingはSynopsys社員であり、広く読まれている『Reuse Methodology Manual for System-on-Chip Design』の主要執筆者です。David Flynnは、ARM R&D社員であり、ARM®の合成可能CPUファミリおよびAMBA®のオンチップ インタコネクト プロトコルのオリジナル設計者です。

著者たちはその豊富な業務経験と科学的な知識、シリコン テクノロジのケース スタディ、実用的なアプローチを組み合わせ、ダイナミックおよびスタティック(リーク)電力に対応する設計技術について説明しています。これにはパワー ゲーティングおよびダイナミック電圧と周波数スケーリングの方法が含まれます。 各トピックでは、設計の課題について説明し、テクノロジの基盤を提供して、設計の落とし穴に対する注意事項と具体的な推奨事項を紹介します。 この書籍は、低電力アプリケーションのSoCの設計に携わる人にとって必携の書です。

Synopsysのお客様は、『Low Power Methodology Manual(LPMM)』の電子版(PDF)を無料でダウンロードできます。 SolvNet IDとパスワードが必要です(登録されていない場合は簡単に登録できます)。

LPMMの詳細情報(著者の略歴、シリコン テクノロジのデモに関する情報、正誤表、付録などの情報)、およびこの書籍のハード コピーの購入方法については、LPMM書籍のWebサイトを参照してください。

 


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set