Login

FAQ

発表

2016年3月31日で、ARM認定エンジニアおよびARM認定マイクロコントローラ エンジニア資格試験の実施は終了いたします。すでに受験をお申し込みの方は、同日までに受験してください。詳細は以下のFAQリストをご覧ください。

(3月31日以降は以下に変更:ARM認定エンジニアおよびARM認定マイクロコントローラ エンジニア資格試験の実施は終了いたしました。詳細は以下のFAQリストをご覧ください。)

よくある質問と回答(FAQ)

なぜプログラムを終了するのですか?
ARMユニバーシティプログラムが順調に未来のエンジニア教育に貢献していることを受け、パートナー イネーブルメント グループは、他の分野にリソースを活用し、プロのエンジニアに知識ベースのサービスを提供する決定をいたしました。

まだ証明書を取得(または証明書を複製)できますか?
すでにARM認定エンジニア試験に合格された方には、2016年6月30日まで資格証明書が発行されます。証明書が必要な方はcertification@arm.comまでメールでご連絡ください。

まだ認定は有効ですか?
ARM認定エンジニア試験が廃止されても、すでに試験に合格された方には、ARM認定エンジニア資格を取得資格としてお使いいただけます。認定に有効期限はありません。個人用の名刺やLinkedInなどソーシャルメディアのプロフィールにロゴを使用することも可能です。また、今度、取得資格を取り消す予定はありせん

新しいARM認定エンジニア試験を実施する予定はありますか?
2016年3月31日でARM認定エンジニア プログラムは終了し、今後、他の試験を開始する予定はありません。

そのほかご不明な点は、certification@arm.comまでお問い合わせください。


[質問をする]ボタンAAE認定試験の価格

最新価格については、Prometric Webサイトを参照してください。

認定書の注文方法

認定書の送付を希望する場合、次の詳細を記載した電子メールを送信してください。

  • Prometricテスト センターにおいて、試験を終了した時点で与えられる通知文書に表示されているとおりの氏名
  • Prometricテスト センターにおいて、試験を終了した時点で与えられる通知文書に表示されているとおりの一意の応募者参照番号
  • 受験日
  • 受験したPrometricテスト センター
  • 認定書の送付を希望する住所

認定が本物であるかを確認する方法

AAE認定書には、カスタム ホログラフィー像、カスタムの浮き彫り、印刷された一意の応募者参照番号という信憑性を示す3つの特徴があります。

払い戻し方法

予約したテストをキャンセルする必要がある場合、Prometricから払い戻しを受けられます。詳細については、Prometric Webサイトの登録、再スケジュール、キャンセル、確認ページにアクセスしてください。キャンセルされた試験の払い戻しを受けられるかどうかは、予約した試験、キャンセルした時期、試験のキャンセルに関する規則や手続きによって異なります。

AAE試験の前提条件

落ち着いてAAE試験に臨むには、受験者は以下のような準備をして、万全の体制で受験するようにしましょう。

  • Cプログラミング言語についてのある程度の知識とARMアセンブリ言語コードを読んで理解できる能力を有していること。
  • 基本的なソフトウェア エンジニアリングと開発スキルに関する十分な基礎知識を持っていること。
  • エンベデッド システムでのプログラミング経験を有していること。
  • シラバスでカバーされている内容を理解していること。

AAE認定書の有効期間

現在のARM認定エンジニア資格には有効期限はありません。ARMアーキテクチャのバージョン7(ARMv7)にも有効です。ただし、ARMアーキテクチャの今後のバージョンをカバーするために新しい認定資格が開発される可能性があります。

 


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set