RTXリアルタイム オペレーティング システム

The Keil RTX is a royalty-free, deterministic Real-Time Operating System designed for ARM and Cortex-M devices. It allows you to create programs that simultaneously perform multiple functions and helps to create applications which are better structured and more easily maintained.

Product Highlights

  • Royalty-free, deterministic RTOS with source code
  • Flexible Scheduling: round-robin, pre-emptive, and collaborative
  • High-Speed real-time operation with low interrupt latency
  • Small footprint for resource constrained systems
  • Unlimited number of tasks each with 254 priority levels
  • Unlimited number of mailboxes, semaphores, mutex, and timers
  • Support for multithreading and thread-safe operation
  • Kernel aware debug support in MDK-ARM
  • Dialog-based setup using µVision Configuration Wizard

While it is certainly possible to create real-time programs without an RTOS (by executing one or more functions in a Super-loop), there are numerous scheduling, maintenance, and timing issues that an RTOS like the Keil RTX solves for you. For a more detailed comparison between RTOS and Super-loop, take a look at the advantages of using an RTOS.


ARM Developer Resources

Looking for
Technical Information?

Developer Resources


ラウンドロビン ○
プリエンプティブ ○
協調型 ○
タスクの定義(最大) 無制限
アクティブなタスク 250
タスクの定義(最大) 無制限
ユーザ優先度 1 - 254
スタック チェック ○
コンテキスト切り替え時間 < 300サイクル
割り込みロックアウト時間 -
タイムアウト ○
インターバル ○
ユーザ タイマ 無制限
シグナル/イベント タスクあたり 16
イベント(最大) 無制限
シグナル/イベント タスクあたり 16
セマフォ(最大) 無制限
ミューテックス(最大) 無制限
メールボックス(最大) 無制限
メールボックス サイズ 無制限(デフォルト20)

  • 無制限とは、RTXカーネルによる数値制限がないことを意味します。 ただし、使用可能なシステム メモリ リソースによって、作成できる項目数が制限されます。
  • Cortex™-M3/M4用のRTXライブラリでは割り込みは無効になりません。 割り込みレイテンシは、RTXカーネルを使用していない場合と同じです。 Cortex™-M0/M1の割り込みレイテンシは < 20サイクルです。


We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set