Login

CoreLinkアドバンスト クオリティ オブ サービス

CoreLinkアドバンスト クオリティ オブ サービス Image
CoreLinkアドバンスト クオリティ オブ サービス(QoS-301、QoS-400)は、CoreLink™ネットワーク インターコネクト(NIC-301、NIC-400)製品のオプションで、DDRメモリなどの重要なインタフェースのように限られた帯域幅を効率的に共有するために不可欠のツールをSoC設計者に提供します。

オンチップのデータ フローには多くの要件があり、インターコネクトとメモリ コントローラを同時に満たしている必要があります。たとえば、次のような要件があります。

  • フレーム落ちを防ぐための、ディスプレイ コントローラでの最大レイテンシ
  • 帯域幅重視のDMA
  • レイテンシに敏感なCPU

アドバンスト クオリティ オブ サービス(QoS-301、QoS-400)は、適切なシステム設計の一部として、ワースト ケースのレイテンシと帯域幅を保証し、平均レイテンシを最小化できます。 これによってCortex™プロセッサのアプリケーション パフォーマンスが最大化され、複雑なマルチメディア システムでのMali™ GPUベースのグラフィックスとビデオのユーザ体験が保証されます。

Webinarに参加: "QoS for High Performance and Power Efficient HD Multimedia Systems"(英語)

CoreLinkアドバンスト クオリティ オブ サービスの特徴

QoSはデータ トラフィックの管理をネットワーク インターコネクトへのエントリで、必須コンポーネントのターゲット ハードウェア リソースを使って行います。 CoreLinkダイナミック メモリ コントローラ(DMC-400、DMC-34x)と連係して、QoSは

  • ベスト エフォートのマスタの平均レイテンシを最小化し、
  • 同時にリアルタイム トラフィックの帯域幅とレイテンシを保証します。

QoSはトランザクションのレイテンシが目標値と一致するように、マスタの優先度を動的に調整します。マスタはできるだけ低い優先度で動作し、他のものが使用できるようにシステム リソースを解放します。 トラフィック シェーピングは、システム キューを管理し、メモリ コントローラ キューがインターコネクトの他のパスをブロックしないことを保証します。

QoSはAMBAデザイナーと完全に統合されているので、SoC設計者はQoSハードウェアをCoreLinkネットワーク インターコネクト(NIC-400、NIC-301)に合わせて設定できます。

QoS仮想ネットワークがブロッキングを防止

QoS仮想ネットワーク(QVN-400)は、インターコネクト(NIC-400)とメモリ コントローラ(DMC-400)の両方で優先度に基づいてバッファ領域を割り付け、同じリソース セット上に仮想チャネルを提供して、クロスストリームと行頭のブロッキングを防ぎます。 そのため、タイムアウトが重要な転送やレイテンシに敏感なCPU負荷など、優先度の高いトラフィック タイプに常にクリア パスを保証すると同時に、メディア プロセッサなど、レイテンシ許容度の高いマスタには最大限の帯域幅を使用できるようにします。

 

効率性の最適化とパフォーマンスの保証

従来のシステム設計では、設計者はパフォーマンスを保証するために、実装をオーバースペックにしておく必要がありました。 アドバンスト クオリティ オブ サービスを使用すると、設計者は設計をより最適化することができ、ハードウェアを使用してシステムのトラフィック フローを制御できます。

詳細と、CoreLinkネットワーク インターコネクト(NIC-301)とアドバンスト クオリティ オブ サービス(QoS-301)を使用する効果については、以下のホワイトペーパーをご覧ください。

Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set