Login

CoreLinkキャッシュ コントローラ

CoreLinkキャッシュ コントローラ Image (View Larger CoreLinkキャッシュ コントローラ Image)
AMBA®レベル2キャッシュ コントローラは、プロセッサにおけるAMBA AHBおよびAXIバスアクセスのパフォーマンスを向上させる一方で、システム メモリへのトラフィック全体を軽減して、SoCの消費電力を削減します。

概要

CPUからオフチップ メモリへの通信は、多くのSoCでパフォーマンスのボトルネックになっています。 

レベル2キャッシュ コントローラは、オンチップのメモリ アクセス レイテンシを、オフチップのデータへのアクセスの10~25%というレベルまで低減することによって、CPUパフォーマンスを向上させます。同時に、オフチップ メモリに対するCPUのアクセスが削減され、その分のリソースが他のマスタ用に解放されます。オンチップ アクセスの消費電力は、通常、オフチップの場合よりも1桁小さいので、レベル2キャッシュ コントローラは、電力効率にも非常に貢献します。

AMBAレベル2キャッシュ コントローラは、CPUに組み込むことも、スタンドアロン コンポーネントとして提供することもできます。どちらの場合も、プロセッサの要件を満たし、AMBA AXIまたはAHBとの接続が簡単にできるように、設計されています。

製品群の概要


製品 プロトコル 説明 サポートされているプロセッサ
 L2C-310  AXI ARMの最新AXI CPUに対応するように設計および最適化されてた高性能のAXIレベル2キャッシュ コントローラ。  すべてのAXIプロセッサ、特にCortex-A9Cortex-A5Cortex-R4Cortex-R5Cortex-R7ARM11MPCoreARM1176ARM1156Mali-200
 L2C-210 AHB ARM1136およびARM926ベースのSoCを最適化するように設計されていた、実績のあるAHBレベル2キャッシュ コントローラ。 ARM1136ARM926

AMBA AXIプロセッサ用L2C-310

L2C-310は、すべてのAMBA AXIベースのプロセッサを最適化するように設計された、高性能のAMBA AXIレベル2キャッシュ コントローラです。ARMの最新の高性能Cortex™プロセッサ(Cortex-A9、Cortex-A5プロセッサなど)と動作するように設計および最適化されているため、Cortex-A9プロセッサとともに使用された場合のパフォーマンスは250%まで上昇します(図1)。

L2C-310は、Cortex-A9およびCortex-A5プロセッサやその他のARM AXIプロセッサとともに、広くライセンス供与されています。ARMはL2C-310をCortex-A9ハード マクロ実装の2Ghz部分で動作することを実証しました。

L2C-310は、ARM AXIプロセッサで最適なパフォーマンスが得られるように設計されていますが、任意のAXIマスタと接続できるため、多くのプラットフォームで再利用できます。

図1:256 KBでのL2C-310がWebページ表示時のCortex-A9のパフォーマンスを200%以上に向上

CortexA9とL2C-310のページ表示時間

AMBA AHBプロセッサ用L2C-210

L2C-210は、豊富な実績と、技術的に成熟したAHBレベル2キャッシュ コントローラで、現在では大量生産されるARM1136およびARM926ベースの多くのプラットフォームに実装されています。そのようなプラットフォームには、Freescale i.MX31などがあります。

実装が容易で、AHBベースのARM1136およびARM926プラットフォームの性能を高めるのに最適です。通常は、最大100%のパフォーマンスの向上が実現され(図2)、AHBプラットフォームに新しいサービスを供給します。

図2: ARM1136EJ-SでのMPEG4のデコードの相対パフォーマンス

L2C-210がARM1136を向上

 
Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set