Login

CoreLink AMBAデザイナ

CoreLink AMBAデザイナ Image
CoreLink™ AMBAデザイナ(ADR-301)は、ARM Cortex™ AR、およびMクラス プロセッサ、Mali™グラフィックス ハードウェア、およびAMBA IPの設定と接続を迅速化します。コンフィギュレーション パラメータの指定時には、これまでに蓄積してきた設計上の知識を活用し、リスクを減らすことができます。
 


AMBAプロトコル ベース設計の迅速化

AMBAデザイナのフロー複雑なIPコンポートの手動設定および連結は、時間のかかる処理であり、書き込みインターリーブと受容深度、バス幅、ID幅などのインタフェース パラメータの互換性の確認は、さらに複雑なものになります。

ADR-301ツールは、システムIPと他のARM IPを設定および統合するための単一で共通のフロント エンドを提供します。この方法の主な利点は、インテリジェント設定ツールを使用した迅速でエラーのないコンフィギュレーションと、IP-XACTインタフェース標準を使用したポートの構造接続による正確性にあります。

ADR-301は、サードパーティの設計および実装ツールへの統合を容易にするVerilog RTLを業界標準のIP-XACT記述とともに出力します。コンポーネントの生成後は、ADR-301コンポーネント ライブラリに追加することで、再利用を促進できます。 複数のコンポーネントの接続は、階層構造でサポートされています。 

包括的な機能を提供

主な機能   利点 
設計者の知識を活用するシステムIP用のコンフィギュレーション エンジン ARM AMBAコンポーネントのコンフィギュレーションを迅速に行います。 最適でなかったり、相互に排他的だったりするコンフィギュレーション オプションが自動的にチェックされるため、常に"有効な"コンフィギュレーションを実現できます。
GUIのドラッグ&ドロップによる統合環境 設定済みのAMBAコンポーネントのアセンブリを迅速に行います。
業界標準のIP-XACT 1.2および1.4のサポート

ユーザが、IPライブラリを作成できることで、既存のコンフィギュレーションの再利用を最大限に促進します。 IP-XACTベースのトップレベルのVerilog生成/接続を目的として、ARMコンポーネントのアセンブリおよび"接続"、さらに階層コンポーネントのエクスポートをサポートします。

 

ADR-301から生成される出力

IPコンフィギュレーション エンジンから

  • 人間が読むことができる、豊富なコメント付きの、最適化されたVerilog RTLモジュールのセット
  • 設定済みRTLモジュールをそのままテストできるベンチ テスト環境
  • 設定されたコンポーネント インスタンスを表すIP-XACTファイル

注: ADR-301にはすべてのコンフィギュレーション エンジンが付属しますが、システムIPはADR-301とは別個にライセンスされるため、RTL生成を有効にするにはIPのインストール時に簡単なリンクのステップが必要になります。

 

IP-XACT連結から

  • トップ レベルのVerilogファイル
  • Verilogモジュール参照をすべて含む.VCファイル
  • 階層の次のレベルから、連結処理を開始するために使用できるIP-XACTファイル

 

 


機能の概要

  • 最適でなかったり、相互に排他的だったりするコンフィギュレーション オプションを、設計者の知識を活用して自動的にチェックするAMBA IPのコンフィギュレーション エンジンを実現します。
  • GUIのドラッグ&ドロップによる統合環境を利用して、設定済みPrimeCellコンポーネントだけでなく、サードパーティ製のインポートされたコンポーネントに対しても、アセンブリを迅速に行うことができます。
  • IP-XACTベースのトップ レベルのVerilogを生成/連結することを目的として、インポートされたコンポーネントとバス定義のために、業界標準のIP-XACT 1.2および1.4をサポートします。
  • トップレベルのVerilogモジュールの解析と、バス信号の自動識別およびバス定義のグループ化によるIP-XACT 1.2コンポーネント定義の生成をサポートします(バス定義は、必要に応じて手動でオーバーライドすることもできます)。

利点の概要

  • ARMのAMBAコンポーネントのコンフィギュレーションを迅速に行います。
  • 設定済みのARM Cortex AR、およびMシリーズ プロセッサ、Maliグラフィックス ハードウェア、およびAMBA IPコンポーネントのアセンブリを迅速に行います。
  • ユーザが、IPライブラリを作成できることで、既存のコンフィギュレーションの再利用を最大限に促進します。

 

主なADR-301コンポーネント

ADR-301スイートは、キャンバスとコンフィギュレータで構成されています。

キャンバスは、新しいシステムの作成や既存のシステムの変更に使用できる、グラフィカル アプリケーションです。 システムは、リーフ コンポーネントと他のサブシステムで構成されています。 コンポーネント、そのポート、およびポート間の接続を示すグラフィカルな表示を使用して、システムの作成や操作を行うことができます。以下のADR-301キャンバス図では、大きく3つの領域に分かれており、各領域が相互にリンクされていることがわかります。

  1. キャンバスのメインの描画領域。ここでは、コンポーネント ライブラリ ウィンドウのコンポーネントをドラッグ&ドロップしたり、それらのポートを接続したりすることができます。 ここで設計が連結され、トップ レベルのVerilogおよびIP-XACT出力が生成されます。
  2. 左下のコンフィギュレータおよび階層ウィンドウ。 この例に示されている階層のタブでは、大規模な設計であっても、ユーザはすばやくブロックや信号を特定し、選択したアイテムを拡大表示して、簡単に確認することができます。 コンフィギュレータ ウィンドウについては、以下で説明します。
  3. ユーザ コンポーネント ライブラリ ウィンドウ。コンフィギュレータによって生成されたか、VerilogまたはIP-XACT記述からインポートされた、コンポーネント インスタンスのライブラリで構成されています。 このウィンドウから、コンポーネントをメイン描画領域にドラッグ&ドロップして、アセンブリ/連結できます。

Ospreyサブシステム(デュアルA9コア)の連結


上の図のコンフィギュレータ タブでは、RTLの生成前にコンフィギュレーション可能なAMBAコンポーネントの一覧が表示されます。 利用可能なすべてのAMBAコンポーネントの一覧については、このページの関連製品のタブを参照してください。 以下の図は、AMBAネットワーク インターコネクトNIC-301のコンフィギュレータ ウィンドウを示しています。 ここでのコンフィギュレータは、ネットワーク コンフィギュレーション内の詳細なトポロジを示し、各データ幅を色分けしています。選択されているマスタへの利用可能なアクセス パスも、読みやすいように強調表示されています。このコンフィギュレータによって表示される他のビューは、アーキテクチャ ビューとアドレス マップ ビューです。 ただし、各コンフィギュレータは、設定しているシステムIPの複雑さに応じて独自のレイアウトを持ちます。

 

NIC-301 r2トポロジの編集
 

上で説明したように、RTL生成がいずれかのコンフィギュレータで実行された後で、コンポーネントとインターコネクトを接続して、AMBAインターコネクト ベースのシステム用にトップ レベルRTLモジュールを生成できます。 

注:ADR-301には、サポートされているすべてのコンフィギュレータが付属していますが、それらは定期的に更新されており、最近購入したファブリック システムIP用のコンフィギュレータがない場合は、ADR-301のインストールを更新しなければならないことがあります。 また、RTL生成のステップは、ARMからライセンスを受けてダウンロードおよびインストールした各システムIPのみ利用可能であることにも注意してください。ADR-301およびシステムIPはhttps://connect.arm.comからダウンロードできます。 ADR-301またはその他のシステムIPをダウンロードするには、Connectのゴールド アクセス ライセンスが必要です。


ADR-301は、以下のARMシステムIP製品とも互換性があります。

部品番号 製品名 カテゴリ

PL301

NIC-301 

AXIネットワーク インターコネクト

PL330

DMA-330 

AXI DMAコントローラ

PL340

DMC-340

AXIダイナミック メモリ コントローラ(DDR)

PL341

DMC-341 

AXIダイナミック メモリ コントローラ(DDR2)

PL342

DMC-342

AXIダイナミック メモリ コントローラ(LPDDR2)

PL351

DMC-351 

スタティック メモリ コントローラ

PL352

DMC-352 

スタティック メモリ コントローラ

PL353

DMC-353 

スタティック メモリ コントローラ

PL354

DMC-354 

スタティック メモリ コントローラ

PL390

GIC-390

AXI汎用割り込みコントローラ

PL230

DMA-230

AHB DMAコントローラ

BP010

BP010

AMBA AHB開発キット(AHB BusMatrixコンポーネント)

PL310

L2C-310

レベル2キャッシュ コントローラ

PL380

TZC-380

TrustZoneアドレス空間コントローラ

ADR-301では、上記のコンポーネントのコンフィギュレーションと連結をGUI環境で行うことができます。 ADR-301は、連結のためにIP-XACTファイルをインポートするため、サードパーティ コンポーネントもRTL連結にのみにインポートできます。

注: BP010は、多くの個別のコンポーネントを含む開発キットです。 AHB busmatrixコンポーネントだけが、ADR-301を使用して設定されます。

AMBAインターコネクトのパフォーマンスの検証

NIC-301コンポーネントがレンダリングされた後は、パフォーマンス調査のために、VPE-301コンポーネントを各AXIインタフェース上でインスタンス化できます。 詳細については、このセクションのVPE-301製品を参照してください。



Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set