Login

Cortex-M0+プロセッサ

ARM® Cortex®-M0+プロセッサは、最高のエネルギー効率を達成したARMプロセッサです。大きな成功を収めているCortex-M0プロセッサを基盤とし、完全な命令セットとツールの互換性を維持しながら、消費電力の削減とパフォーマンス向上を実現します。Cortex-M0プロセッサと同様、非常に小さなシリコン面積、低消費電力、および最小限のコード フットプリントを持つこれらのプロセッサにより、開発者は8ビットの価格レベルで16ビット デバイスを飛び越え、32ビットの性能を実現できます。Cortex-M0+プロセッサには、柔軟な開発を実現するさまざまなオプションがあります。

最もエネルギー効率の高いARMプロセッサ

2段のコア パイプラインを備えた最適化されたアーキテクチャを用いることにより、Cortex-M0+プロセッサではパフォーマンスを2.15 CoreMark/MHzに高めると同時に、わずか11.2uW/MHz(90LPプロセス、最小構成)という消費電力を達成しています。

簡単

Cortex-M0+プロセッサではCortex-M0 プロセッサと同じ56の命令が使えるため、簡単に短時間で開発を行うことができます。Thumb®命令セットは、32ビットの演算性能が利用できるのと同時に、優れたコード密度を提供します。これらの機能を兼ね備えたCortex-M0+プロセッサは、さまざまなアプリケーションの8/16ビット デバイスを置き換えるコスト効率の高いプロセッサとして最適です。また、ツールおよびバイナリでは、多くの機能を備えたCortex-M3およびCortex-M4プロセッサとの上位互換性が維持されています。

万能性

アプリケーションはそれぞれ異なっており、特定のニーズを持っています。パートナーが最も広範なアプリケーションに合わせてソリューションを設計することができるように、Cortex-M0+プロセッサは幅広いオプションを提供しています。メモリ保護ユニット(MPU)と再配置可能なベクタテーブルなどの多くのオプションは、Cortex-M3プロセッサとCortex-M4プロセッサで共通しています。この新しいプロセッサに特化したその他のオプションには、制御の高速化を実現するシングル サイクルI/Oインタフェースと拡張デバッグ用のマイクロトレース バッファがあります。




Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set