Login

Mali-T628

Mali-T628 Image (View Larger Mali-T628 Image)
ARM Mali-T628 GPUは、コアを1~8個まで拡張できるスケーラビリティを実現しており、Mali-T624 GPUと比較すると、最大で2倍のグラフィックスおよびGPU Computeの性能を提供します。Mali-T628がサポートされている主要APIは、Mali-T600シリーズのほかの製品と共通しており、OpenGL ES 1.1、OpenGL ES 2.0およびOpenGL ES 3.0*、DirectX 9、DirectX 11、OpenCL 1.1フル プロファイル、Google Renderscriptなどがあります。Mali-T628は、市場をリードする次世代のデバイスでの使用に最適なGPUであり、3Dグラフィックス、ビジュアル コンピューティング、拡張現実、プロシージャル テクスチャ生成、音声認識などのコンシューマ アプリケーションで、驚異的なグラフィカル表示を実現するように最適化されています。
 


Mali-T628をお勧めする理由

Mali-T628は、各コア内のGPUコアの数を倍に増やし、コンパイラとパイプラインの効率を改善したことで実現した、高性能のグラフィック機能を備えています。

ARM Mali-T628 GPUは、Khronos® OpenCLフル プロファイル、Google Renderscript、Microsoft DirectComputeなどの複数のCompute APIをサポートしています。64ビットのスカラおよびベクタ、整数と浮動小数点のデータ型のネイティブ ハードウェア サポートを提供しています。これは、複雑で計算集約的なアルゴリズムを高速化するために必要となります。

Mali-T600シリーズGPU内部のジョブ マネージャはCPUからGPUにタスク管理を解放し、アクティブなシェーダ コア間でシームレスな負荷分散を行います。すべてのMidgardアーキテクチャベースのMali GPUへの互換性のあるドライバの共通セットの同時提供により、市場投入期間が短縮され、今後の実装に要するソフトウェアのアップグレード コストを最小限に抑えることができます。

*発表されたKhronos仕様に基づくMali GPUは、Khronos適合性試験プロセスに準拠、または準拠すると見込まれています。現在の準拠状態については、khronos.orgを参照してください。


パフォーマンス

Mali-T628は、Mali-400-MP GPUの最大10倍のグラフィックス性能を備えており、Mali-T604 GPUと比較してGPU Compute性能が改善しています。


機能 説明
アンチエイリアシング 4xFSAA
16xFSAA
パフォーマンスの低下がほとんどない4xフル シーン アンチエイリアシング(FSAA)
APIのサポート OpenGL® ES 1.1、2.0、3.0
OpenCL™ 1.1
DirectX® 11
Renderscript™
次世代および従来の
2D/3Dグラフィックス アプリケーションの完全なサポート
バス インタフェース AMBA®4 ACE-LITE 広範なバス インターコネクトと
ペリフェラルIPとの互換性
L2キャッシュ 32KBから256KBまでコンフィグレーション可能 コアあたり32KBを推奨
メモリ システム 仮想メモリ 仮想メモリをサポートするための組み込みメモリ管理ユニット(MMU)
マルチコア スケーリング 1~8コア 単一のIPで幅広いミッドエンドからハイエンドの製品要件と価格/性能レベルに対応

関連製品


Maliデベロッパ リソース
Maliデベロッパ センターでは、Mali-T628ベースのシステムでのグラフィックス アプリケーションおよびコンテンツの展開に役立つさまざまなサードパーティ製の開発ツール、ミドルウェア、既存のデモンストレーション アプリケーションを提供しています。
コンテンツ作成
  • Maliテクスチャ圧縮ツール
  • Maliアセット調整ツール
ソフトウェア開発
  • OpenGL ES 1.1/2.0/3.0エミュレータ
  • OpenGL ES 2.0/3.0 Software Development Kit
  • Maliユーザ インタフェース エンジン
  • Maliバイナリ アセット エクスポータ
シェーダ オーサリング
  • Maliシェーダ開発スタジオ
  • Maliオフライン シェーダ コンパイラ
  • Maliシェーダ ライブラリ
パフォーマンス解析

プロセッサIP
Cortex-A7 ARM Cortex™-A7 MPCore™プロセッサは、ARMがこれまで開発したアプリケーション プロセッサの中でも最高の効率を実現しており、将来のエントリ レベルのスマートフォン、タブレット、その他の最先端モバイル デバイスの低消費電力を著しく効率化させることができます。
Cortex-A8 ARM Cortex-A8プロセッサには、速度の面で600MHzから1GHz以上までのスケーラビリティがあり、電力の最適化が必要なモバイル デバイスでの300mW未満での動作という要件にも、パフォーマンスの最適化が必要なコンシューマ アプリケーションでの2000 Dhrystone MIPSという要件にも適合できます。
Cortex-A9 Cortex-A9プロセッサは、シングル コア プロセッサとしても、コンフィギュラブルなマルチコア プロセッサとしても利用でき、さまざまな規模のアプリケーションに柔軟に対応できるため、低消費電力で高性能のデバイスや、熱発生の制約があるコスト重視のデバイスの設計で、理想的なソリューションになっています。
Cortex-A15 Cortex-A15 MPCoreプロセッサは、現在の最先端スマートフォン プロセッサに比べて、同等のエネルギー面積でパフォーマンスが5倍に向上しています。
Cortex-A50シリーズ Cortex-A57およびCortex-A53プロセッサは、ARMv8アーキテクチャに基づく最初のプロセッサで、32ビット処理のパフォーマンスを拡張し、世界で最もエネルギー効率の高い64ビット テクノロジを導入しています。

システムIP
システムIPはMali-T628がエネルギー効率の高いSoC設計で最大のパフォーマンスを発揮するためのインターコネクトとペリフェラル コンポーネントを提供します。
AMBA AXIインターコネクトペリフェラル AMBA AXI標準互換のシステムIPジェネレータ、レベル2キャッシュ制御、メモリ コントローラおよび周辺機器。

フィジカルIP
フィジカルIPプラットフォームは、プロセスに最適化されたIPを提供して、Mali-T628グラフィックス プロセッサのクラス最高の実装を実現します。
スタンダード セル ロジック ライブラリ さまざまなアーキテクチャで利用できるARMスタンダード セル ライブラリは、あらゆる種類のSoC設計のさまざまなパフォーマンス範囲をサポートします。設計者は、各種のライブラリを選択し、動作速度、消費電力、面積の点で設計を最適化できます。
メモリ コンパイラおよびレジスタ パフォーマンス重視のアプリケーションからコスト重視の低消費電力アプリケーションに至るまでのあらゆる種類のSoC設計に対応する、各種のシリコン実証済みSRAMレジスタ ファイル、およびROMメモリ コンパイラ。
インタフェース ライブラリ シリコン実証済みの幅広いインタフェースIP製品群は、さまざまなシステム アーキテクチャおよび標準を満たすように設計されています。汎用I/O特殊I/O高速DDR、およびシリアル インタフェースは、少ないピン数で高いデータ スループットのパフォーマンスを実現するように最適化されています。

ARMおよびMaliの詳細については、マルチメディア ブログをお読みになるか、ARMMultimediaのTwitterをフォローするか、ARMのFacebookで最新情報を確認するか、ARMのLinkedInに接続してください。

ARM Maliデベロッパ センターをご覧ください。このサイトは、増加している開発者、テクノロジ パートナー、ソフトウェア ベンダ、およびコンテンツ企業が、Maliエンベデッド グラフィックスIPを中心とした活発なコミュニティを形成するためのオンライン ポータルです。メンバーはフォーラムから豊富な情報を利用し、ツール、サンプル コード、開発ボード、ドライバ、マニュアルなどのさまざまな資料にアクセスできます。

 
» 
Powered 20981
Go Left
Go Right

Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set