Login

接続とモデム

ARMは、複雑なSoC(System on Chip)集積回路の設計向けのフィジカル半導体の知的所有権(IP)の世界規模のリーディング プロバイダです。ARMは、携帯電話で90%を超える市場シェアを占め、Bluetoothでは市場をリードする立場に立っており、ワイヤレス接続ソリューションにおいて中心的な役割を果たしています。特定のファウンドリのプロセスに最適化されたロジックIPエンベデッド メモリIP、およびインタフェースIPからなるARMのプロセッサフィジカルIPプラットフォームを組み合わせることで、リアルタイム パフォーマンス、コード サイズの縮小、効率的なプロトコル スタック コードを実現しています。
Go Left
*
Go Right

最適化されたARM接続のブロック図

 


ZigbeeからLTE-Aまで、ARMは、エネルギー効率に優れたプロセッサシステムIPフィジカルIP、および開発ツールにより、規格の処理能力要件に適合するソリューションを提供しています。デバッグやテストが、ワイヤレス モデムを市場に投入するためのプロセスの大部分を成しているため、ARMトレースおよびデバッグ ソリューションは開発において重要な役割を果たしています。ARM RealView Development Suiteには、密度の高い効率的なコードを生成するための開発ツールの最適なセットが用意されています。現在多くのモデムがThumb-2 ISA向けに設計されるようになっているため、最新のARMコンパイラおよびデバッグ ツールを活用することがますます重要になっています。ステート マシンに代わってレイヤ1ロジックに埋め込まれる小型コントローラから、LTE-Aプロトコル スタックを実行可能な高効率のコントローラまで、ARMには適切なソリューションがあります。

4G

LTEおよびLTE-Aはデータ レートが高く、高速な制御が必要です。Cortex-R4およびモデム プロセッサのロードマップについては、当社のFAEチームにお問い合わせください。Cortex-M0Cortex-M3、およびARM968Eなどの小型コアの場合、シリコン コストを増やすことなくレイヤ1のさらに柔軟な処理を実現します。システムの周波数を低く保つために、複数のコントローラを使用し、Coresightを使用してデバッグすることができます。

3G

Cortex-R4ARM1156T2などの効率性に優れたプロセッサで、周波数を下げ、リークの少ないセルを使用し、システム電圧を低くすることができます。高度なコントローラを使用することにより、消費電力とダイ面積を節約することができます。慎重に選択されたセル ライブラリで消費電力、パフォーマンス、およびダイ面積をさらに改善することで、リークを小さくし、メモリとロジックBluetoothとZigbeeの面積を最小限に抑えながら、必要なパフォーマンスを実現できます。

Cortex-M3は、接続標準の要件に適合しています。最新のコントローラの高い効率性、Thumb-2の使用、および高速の割り込み処理により、システムの周波数を下げ、消費電力を削減することができます。コード サイズの縮小はコスト低減の維持に貢献し、ホストされたシステムでは、より小型のCortex-M0ソリューションを使用することもできます。


  • ARM Cortex-R4リアルタイム プロセッサは、LTE、HSPA、UMTS、およびGSM/GPRSモデムの実装に使用されるモデム制御コードが複雑化する中でも、クラス最高のバッテリ効率を実現します。
  • ARMで最も小型のプロセッサであるCortex-M0プロセッサは、レイヤ1のステート マシンの代替として最適なコントローラです。
  • Cortex-M3は、スケジューラや割り込みハンドラに最適な製品です。
  • ARM AMBAインターコネクトは、QoS(クオリティ オブ サービス)機能によりモデムやLCDコントローラなどのリアルタイム ブロックの動作を保証しながら、メモリに対する低レイテンシ パスを実現することで、ARM CPUのパフォーマンスを最大にします。
  • ARM PrimeCell M-DDRおよびLP-DDR2メモリ コントローラは、洗練されたグラフィックとビデオのための帯域幅を提供し、今日の高性能CPUに対応するパフォーマンスを実現しながら、数日間のバッテリ寿命を可能にする低消費電力を達成しています。
  • ARMフィジカルIP DDR PHYは、高いクロック スピードで、オフチップ メモリ インタフェースの堅牢なパフォーマンスを実現します。
  • フィジカルIPメモリ コンパイラは、今日の複雑なSoC(System on Chip)設計において特徴的な数多くのオンチップ メモリを作成しています。
  • フィジカルIPスタンダード セル ライブラリは、28nmのテクノロジ ノード、およびCommon Platform、GLOBALFOUNDRIES、TSMCなどの広範なファウンドリに対応しています。
  • Coresightデバッグは、複雑なマルチコア システムの内部を調べ、どのような処理が行われているかを分析する機能を備えており、製品の市場投入を迅速に進めるために役立ちます。

接続プロジェクトでARMを選択した設計者の巨大なコミュニティがあります。最新のARMプロセッサを利用する場合は、16ビットのコード サイズで32ビットの性能を引き出すThumb-2 ISAをお勧めします。

 

 


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set