Login

デジタル セットトップ ボックス

ARMは、セットトップ ボックス(STB)テクノロジで中心的な役割を果たしており、シリコン パートナーがIPの持つ機能を単一のSOC(System On Chip)に組み込むことができるように支援しています。 設計者は、最高のパフォーマンス、コスト、電力の最適化を実現するプロセッサグラフィックス プロセッサシステムIP、およびフィジカルIPの製品群を自由に選択することができます。
Go Left
*
Go Right

最適化されたARMセットトップ ボックスのブロック図

最適化されたARMセットトップ ボックスのリファレンス設計
 


STBの役割は、単にビデオやオーディオのデコードを行うだけではありません。 現在では、複雑さや機能が増加することにより、中心的なホーム エンタテイメント デバイスとなり、以下のような要件を満たすことが必要になっています。
  • 複数のデジタル ストリームをリアルタイム処理する
  • 表示、録画/録音、ストレージ、およびリッチ メディア コンテンツの共有を管理する
  • 複数のブラウザをサポートしてインターネットにアクセスする
  • ブロードバンドや有料TVサービスのためのホーム ゲートウェイとして機能する
  • 3Dグラフィカル ユーザ インタフェースを備える
  • TVウィジェットをサポートする
  • ダイナミックおよびスタンバイ電力が低い状態で動作する

STB向けのARMホーム ソリューションには、超低コストのSoCを実現するCortex-M0からより高性能のCortex-A9Mali-400 HD GPUまで、プロセッサおよびGPU製品群があります。
  • ARM NEONテクノロジは、インターネットからダウンロードされたソフトウェア オーディオおよびビデオのコーデックを高速化します。
  • ARM TrustZoneテクノロジは、DRMおよび決済サービスを可能にする強力なセキュリティの基盤を提供します。
  • ARM CoreSightテクノロジは、SoC内の複数のオンチップ プロセッサのリアルタイム高速トレースを可能にすることで、SoCおよびボードの開発を容易にし、製品投入までの期間を短縮します。
  • ARM AMBAインターコネクトは、QoS(クオリティ オブ サービス)機能でSOC内のシステムの負荷を分散しながら、メモリに対する低レイテンシ パスを実現することで、ARM CPUのパフォーマンスを最大にします。
  • スタンダード セル ライブラリおよびパワー マネジメント キット(28 nmから65 nmまで)などのARMフィジカル ロジカルIPは、シリコン面積およびリーク電流を最小限にすることで、パフォーマンスを最適化しながらコストと消費電力を削減します。
  • ARMフィジカルIPエンベデッド メモリ(28 nmから65 nmまで)は、オンチップ高密度メモリをSoC上に作成し、現在、その容量は1 Mbyteを超える場合があります。 その結果、メモリは、パフォーマンスと電力双方を最適化するだけでなく、生産性を高めるフォールト トレランスを向上させることもできます。
  • ARMフィジカルIP DDR PHYは、高いクロック スピードと低い消費電力で、オフチップ メモリ インタフェースの安定したパフォーマンスを実現します。

IP STBおよびハイブリッドSTBはインターネットに接続され、OEMは、ARMソフトウェア エコシステムによって新製品を迅速に市場に投入することができるようになります。 Adobe Flash Player 10などのソフトウェアは、高度なコンシューマ デバイスでこのようなリッチで魅力的なWebコンテンツを配信するうえで不可欠です。

さらに、ARM Connected Community では、あらゆるARM IP向けに広範なOS、ミドルウェア、およびツールのサポートを提供しています。

 


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set