Login

ホーム ネットワーキング

ホーム ネットワーキング アプリケーションは、たとえば、FTTH(Fiber to the Home)などのテクノロジの展開によって拍車がかかり、世代から世代へと急速に進化しています。サービス プロバイダは、収益を生む新しいサービスを提供しようとしており、これらのサービスを提供するために、柔軟性に富み、機能豊富なソフトウェアを備えた、パワフルなプラットフォームを持つことが、重要な要件になっています。その結果、ホーム ネットワーキング プラットフォームは、単一のブロードバンド ルータから、音声、ビデオ、セキュリティ、現在のスマート ホーム サポートなどのサービスを統合する複雑な家庭用ゲートウェイへと急速に進化しています。
Go Left
*
Go Right

最適化されたARMホーム ネットワーキング プラットフォームのブロック図

Optimized ARM Home Networking Platform Block Diagram
 


ホーム ネットワーキング プラットフォームでは、世代を重ねるたびに、機能が急速に統合されつつあります。エネルギー効率を重視するサービス プロバイダは、ますます厳しくなるこれらのプラットフォームの消費電力に関する仕様を定めています。そのため、消費電力を低減しながら統合された機能を提供できるようにするために、このようなプラットフォームでARM®プロセッサが採用されるようになっています。さらに、ARMの多彩なソフトウェア エコシステムにより、サービス プロバイダはさまざまなプラットフォームに新しい機能を迅速に展開することができます。ARMのARM11MPおよびCortex-A9は、マルチコア アーキテクチャによる柔軟性や余裕あるパフォーマンスにより実現する新しい機能の統合により、このアプリケーション分野の事実上の標準になりました。

電力効率に優れたARMのマルチコア アーキテクチャにより、家庭用ゲートウェイは、音声およびビデオ サービスなどの機能を迅速に統合することができます。ARMのCortex A9には、セキュリティなどのアクセラレータやアプリケーション固有のプロトコル アクセラレータのパフォーマンスを向上するために専用設計されたアクセラレータ コヒーレンシ ポート(ACP)があります。Maliグラフィックス プロセッサおよびMaliビデオ エンジンのARM製品群を使用することにより、サービス プロバイダは、電力効率に優れた方法でリッチなメディア コンテンツを提供できるようになります。ARMはソフトウェア エコシステムに投資しており、カスタマーは、たとえば、Adobe Flashなどのソフトウェアでリッチなユーザ エクスペリエンスをユーザに提供することができます。

Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set