Login

フラッシュ カードおよびUSBフラッシュ デバイス(UFD)

フラッシュ カードおよびUSBフラッシュ デバイス(UFD)は、スマートフォンであれデジタル カメラであれ、今日のコンシューマ デバイスの主要なリムーバブル ストレージ エレメントです。 消費者は、パフォーマンスに優れたコスト効率の高いソリューションを求めています。 高精細度(HD)ビデオおよび写真などのアプリケーションは、USB 2.0から、10倍の性能を持つUSB 3.0への移行など、より高速なシリアル インタフェースへの移行を促進しています。 これらのアプリケーションのためのエンベデッド コントローラの大半は、現在では主流から外れつつある低性能の8ビット コアを基礎にしています。 フラッシュ カードおよびUFDは、高性能のコントローラを必要としており、32ビット プロセッサ コアに移行しようとしています。
Go Left
*
Go Right
フラッシュ カードおよびUSBフラッシュ デバイス(UFD)は、スマートフォンであれデジタル カメラであれ、今日のコンシューマ デバイスの主要なリムーバブル ストレージ エレメントです。 消費者は、パフォーマンスに優れたコスト効率の高いソリューションを求めています。 高精細度(HD)ビデオおよび写真などのアプリケーションは、USB 2.0から、10倍の性能を持つUSB 3.0への移行など、より高速なシリアル インタフェースへの移行を促進しています。 これらのアプリケーションのためのエンベデッド コントローラの大半は、現在では主流から外れつつある低性能の8ビット コアを基礎にしています。 フラッシュ カードおよびUFD OEMは、高性能のコントローラを必要としており、32ビット プロセッサ コアに移行しようとしています。
 
 


フラッシュ カードおよびUFDは、極めてコスト重視のアプリケーションであり、パフォーマンスは重要とはされていませんでした。 ビデオやオーディオに瞬時にアクセスできる性能を求める消費者によって、このアプリケーション分野では低速のパラレル インタフェースから高速のシリアル インタフェースへの移行が推進され、さらなるメモリの高密度化、低コスト化が進んでいます。 その結果、高度な処理能力が必要となり、32ビット アーキテクチャに移行しつつあります。

フラッシュ カードおよびUSBフラッシュ デバイスは、シリコンのコストだけでなくシステムのコストにも絶えず注意を払ってきました。ARM Cortex-Mシリーズ プロセッサは、8ビット プロセッサ フットプリントで32ビット プロセッサの性能を発揮します。

ARM®アーキテクチャは、他のアーキテクチャに比べメモリの性能と密度が優れているため、システムのコストを低減することができます。


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set