Login

スマート メータ

スマート メータ Image
家庭や企業で必要とされるエネルギーが急騰しているため、世界中の公益会社は、電力をより効率よく管理することが求められています。 公益会社は、特定の時点でのリアルタイムコストや機器の使用による影響をユーザに伝えることを長期目標として、使用状況の情報を送受信する電子メータ システムの開発に取り組んでいます。

最適化されたARMスマート メータのブロック図

 

 


AMI(Advanced Metering Infrastructure)が展開されれば、機器は家庭内で通信を行い、最も低コストのサプライヤを利用するよう自動的に電力供給が切り替えられるようになります。さらに、ユーザは、停電を回避し、電気料金を削減できるようになります。

AMIインフラストラクチャのビジョンを実現するため、スマート メータは以下の条件を満たす必要があります。

  • 家庭または企業内の他のインテリジェントな機器と通信する。 この通信経路を準備する戦略は国によって異なり、場合によっては地域単位で異なることもあります。 初期の実証実験では、Zigbeeが大規模に採用されました。 しかし、WiFiもHomePlugも、特定の設備ではメリットがあります。
  • ネットワーク上で情報を安全にやり取りし、ユーザの機密情報を保護する。
  • 機器を交換する必要がないように、潜在的な処理能力を十分に用意して将来のサービスに対応できるようにする。

ARM®の設計哲学は、低消費電力で、エネルギー効率に優れた設計を行うことを中心に据えています。ARMは、厳しい消費電力の要件下でプラットフォームを設計しなければならない半導体会社を10年以上にわたり支援してきました。

ARMのプロセッサは、システムが完全に動作しているときも、動作していないときも、現在の消費電力量を最小化するように設計されており、連携するアプリケーションに対して極めて高い電力効率で動作することができます。 これは、携帯電話などの製品でも重要ですが、1つのバッテリで最長20年間動作することが想定されているメータでも非常に重要です。 エンベデッド プロセッサによる高度に効率的なアプローチが、ARMのフィジカルIPパワー マネジメント キットと一体になることによって、完結型SoCの電力を削減することができます。 これらのキットには、フィジカルIPライブラリ、メモリ、およびスタンダード セルの最適化されたセットが組み込まれており、完結型システムの有用な負荷/ジュール指標を一段と改善します。

Cortex™-M0またはCortex-M3プロセッサを使用するマイクロコントローラ分野を開拓しているさまざまなシリコン パートナーは、設計に活用できるリソースおよびソフトウェアの認知度や入手性が向上するため、OEMが特定のシリコン パートナーに理不尽に束縛されないという保証を得ることもできます。

 


Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set