Login

車載インフォテインメント

自動車に組み込まれる電子システムは、購入者にとってますます重要な意思決定条件になりつつあります。ARMおよびパートナーは、このインフォテインメントの領域で長い間、実績を積み、ARM®テクノロジに基づくさまざまな大容量プラットフォームを提供してきました(Ford Syncは一例です)。無線アプリケーションにおけるARMアーキテクチャの成功は、優れたテレマティックスまたはインフォテインメントの構築に必要な多くの可能性を生み出しました。OEMは、ハイエンドのナビゲーションおよびマルチメディア システム用の電力効率に優れたハードウェア プラットフォームの実現を模索しています。ソフトウェアについては、ARMアーキテクチャ用に最適化されたWebブラウザおよびAdobe Flash 10サポートすることにより、自動車のサプライヤは、ユーザがPCやスマートフォンで慣れ親しんだのと同じWebエクスペリエンスを自動車内で提供できるようになりました。
Go Left
*
Go Right
 
 


自動車に組み込まれる電子機能は、顧客が購入を決定する判断材料としてますます重要な条件になりつつあります。レーン検出や自動ブレーキ システムなどの安全性機能、および車内インフォテインメントなどがその例です。ただし、これらのシステムの設計者は、貧弱なユーザ インタフェースや信頼性の低いプラットフォームが顧客に許容されないことを十分に認識しています。つまり、自動車の信頼性をその時点で100%まで高めながらも、これまで以上に複雑な電子サブシステムを必要とするこのような新しい機能の導入を、どのようにして迅速に行うかということが課題になっています。

ARMテクノロジは、この領域で4つの主要な利益をもたらします。
  1. 広範なソフトウェアの互換性があり、エネルギー効率の高いARMアプリケーション プロセッサにより、ローエンド、ミドルエンド、ハイエンドのナビゲーションおよびリアシート マルチメディア システムに共通のユーザーインタフェイスを導入することができます。
  2. ARMアーキテクチャに最適化されたブラウザおよびプラグインを利用できるため、OEMは、パソコン操作時と同様の慣れ親しんだWebエクスペリエンスをエンド ユーザに提供できます。
  3. ARMのグラフィックスおよびビデオ処理エンジン ファミリが、非常に限られた電力で、優れたGUIを提供できます。
  4. ARMのフィジカルIPの高性能キットの使用により、シリコン デザインの製品化までの時間を短縮し、性能と電力効率を最大限に引き出しながら、内部の設計リソースを最小化します。これらのタイプのアプリケーションの場合、半導体会社は機能、スケジュール、およびコストの目標に応じて、40nmから90nmのプロセス ノードを参照します。

Maximise


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set