Login

ARMとシノプシス、ARMテクノロジを活用したSoCの消費電力と性能を最適化し、その設計/検証プロセスを短期化するために協力関係を拡大

28 August 2012

要旨

 ARMパートナー・エコシステムを活用している顧客のメリット向上を目指し業界のリーディングカンパニー 2社が協業。

 各種の低消費電力かつ高性能なARM IPをシノプシスが使用できる複数年契約を締結。

 協業を通じ、シノプシスのGalaxyデザイン・プラットフォームとARM® Artisan®フィジカル IP、POPテクノロジを用いてARM Cortex™プロセッサの消費電力と性能を最適化するためのメソドロジを提供。

 シノプシスの次世代・検証用IPソリューション Discovery Verification IP(VIP)が、AMBA® 4 ACEインターコネクト・ベースSoCの検証期間を短縮するテスト機能/チェック機能/検証機能を提供。

 

英国ケンブリッジならびにカリフォルニア州マウンテンビュー発 -ARM(ロンドン株式市場上場コード:ARM、Nasdaq上場コード: ARMH)とシノプシス(Nasdaq上場コード:SNPS)は、現地時間8月28日に、シノプシスによるARM IPの利用範囲を拡大するための複数年契約を締結しました。両社は、これまでの協業関係を拡大し、設計者が、シノプシスのGalaxyデザイン・プラットフォームとDiscovery VIPを用いて、開発コストと開発期間を削減しつつARMテクノロジ・ベースのSoCの消費電力を最小化し性能を最大化するためのソリューションを提供していきます。今回の契約は、昨年締結したシノプシスEDAツールとARM Cortex-A15プロセッサのクロスライセンス契約を発展させたもので、シノプシスは、ARM Artisan Physical IP、Cortexプロセッサの実装のためのPOP(Processor Optimization Pack)テクノロジ、さらにはCoreLink™インターコネクト、AMBA 4 ACEシステムIPなど、ARM big.LITTLE処理の実装に必要なテクノロジも含め、幅広いCortexプロセッサ・テクノロジを活用できるようになりました。

ARMの最新テクノロジをカバーするために拡張された今回の協業により、シノプシスは、ARMプロセッサ・サブシステムのインプリメントと検証に必要となる最適なツールとメソドロジを開発・提供できるようになり、ARMは、同社のIPをさらに改善できるようになります。この協業は、極限まで消費電力を最小化し性能を最大化したSoCの開発に取り組む設計者からの要求に応えるためのものです。たとえば、ARM big.LITTLE処理はCortex-A15 MPCoreTMプロセッサならびにCortex-A7 MPCoreプロセッサをキャッシュ・コヒーレントなARM CoreLink CCI-400インターコネクトと組み合わせたメソドロジですが、これによってソフトウエアがタスク内容に合わせて最適なプロセッサ上でシームレスに動作できるようになります。そのため、一般的なプロセッシングの場合消費電力を最大70%も削減できるようになります。

ARM プロセッサ部門兼フィジカルIP部門 上級副社長兼ジェネラルマネージャー Simon Segarsは、次のように語っています。「今日の競争激化が著しいマーケット環境でARMテクノロジ・ベースのSoCの開発に取り組んでいらっしゃるお客様各社に、設計工程の効率化と消費電力の最小化ならびに性能の最大化を実現できる最適かつ革新的なソリューションをご提供していくためには、業界のリーディング・カンパニー 2社の協力が必要とされています。シノプシス社に当社の業界最先端のIPテクノロジを活用していただけるようにすることにより、両社共通のお客様各社は設計/検証の効率化を通じて大きなメリットを享受できるようになり、結果として製品開発期間の短縮を実現できるのです」

ARMとシノプシスの専門技術を組み合わせて開発されるインプリメンテーション・フローには、シノプシスのGalaxyツール群と設計メソドロジ、ARMのArtisan Physical IPやPOPソリューションなどが組み込まれ、設計者は、これまで以上に低消費電力・高性能なCortex-A9/Cortex-A15/Cortex-A7ベースSoCを、これまで以上に短期間で開発できるようになります。

このインプリメンテーション・ソリューションを補完するものとして、ARM big.LITTLE処理向けのシノプシス Virtualizer Design Kit(VDK)と、AMBA 4 ACE仕様検証向けのシノプシスDiscovery Verification IPならびにProtocol Analyzerも提供されます。設計者は、ARMプロセッサ向けに最適化されたGalaxyツール群が提供する設計メソドロジだけでなく、シノプシスLynx Design Systemも活用できるようになります。このテープアウト実績豊富なSoCインプリメンテーション・システムを用いることにより、設計者は、より生産性を向上できるようになり、想定どおりの設計結果を達成できるようになります。

またシノプシスは、プロセッサ実装のためのトレーニングや設計支援サービスも提供し、設計者が所望の半導体プロセス・テクノロジで性能と消費電力の目標を達成できるようサポートしていきます。

さらにシノプシスは、ARM IPベース・デザインの検証に向けて最適化されたDiscoveryベリフィケーション・プラットフォームも提供します。Discovery VIPとProtocol Analyzerは、そのテスト機能、システム・モニター機能、その他の検証機能を強化し、AMBA 4 ACEインターコネクト・ベース・デザインの検証工程を短縮します。

シノプシス インプリメンテーション・グループ 上級副社長兼ジェネラルマネージャー Antun Domicは、次のように述べています。「シノプシス・ツール群は、ARMプロセッサ・ベースSoCの最先端プロジェクトの大半に使用されていますが、お客様各社からの究極の低消費電力化・高性能化の要求は強まる一方です。今回の協業範囲拡大を通じ、当社とARM社は、設計者がARMベース・デザインで実現したい消費電力目標・性能目標を達成するのに必要な最適なソリューションをご提供してまいります」

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc. は、電子設計自動化(EDA)ソリューションの世界的リーダーであり、半導体の設計ならびに製造に用いられる各種のツール、設計資産(IP)、サービスを全世界のエレクトロニクス関連企業に提供している。システムレベルHW/SW設計検証、IP 、HWインプリメント、HW検証、HW製造、FPGA設計の各ソリューションで構成されるシノプシスの包括的な統合環境により、顧客企業が設計や製造段階で直面している重要な課題、すなわち消費電力や歩留まりの管理、システム設計段階からシリコン製造段階までを網羅する総合検証、開発期間の短縮といった課題を克服することが可能になる。各種テクノロジを駆使したこれらのソリューションを活用する事により、顧客企業は、開発コストや開発リスクを削減しつつ最高の製品を迅速に市場投入することが可能となり、競争力を高めることができる。カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置き、事業所は北米、ヨーロッパ、日本、アジア、インドなど70ヶ所。詳細な情報は、http://www.synopsys.co.jpより入手可能。

ARMについて

ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、コンシューマ・エンターテイメント・ソリューションからイメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィックス・プロセッサ、ビデオ・エンジン、組み込みソフトウエア、セルライブラリ、組み込みメモリ、高速コネクティビティ製品、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社日本語Webサイト(http://www.jp.arm.com/)や、以下リンク(英語)をご覧ください。

 

ARM is a registered trademark of ARM Limited. Synopsys is a registered trademark of Synopsys, Inc. All other trademarks mentioned in this release are the intellectual property of their respective owners.

Safe Harbor Statement
This press release contains forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the United States Securities Act of 1933 and Section 21E of the United States Securities Exchange Act of 1934, including statements regarding the expected outcome and benefits of the agreement between Synopsys and ARM, including expected customer results with ARM and Synopsys solutions. These statements are based on current expectations and beliefs. Actual results could differ materially from those described by these statements due to risks and uncertainties including, but not limited to, technical or other difficulties in developing solutions, market acceptance of these solutions, unforeseen production or delivery delays, failure to perform as expected, product errors or defects and other risks as identified in the companies' respective filings with the U.S. Securities and Exchange Commission, including those described in the "Risk Factors" section of Synopsys’ latest Quarterly Report on Form 10-Q.

 

<お問い合わせ先>

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940 FAX: 03-6746-3941

 

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 飯塚 聖子

TEL:045-477-5129 FAX:045-477-5261

 

ホフマン ジャパン株式会社 (アーム(株)PR代理店)松田 紘見、小倉 徳行

TEL:03-5159-5750 FAX:03-5159-2166