Login

ARMとシノプシス、ARMプロセッサベース・デザイン向けに最適化された実装例の提供で協業

ARM Cortex-A15、Cortex-A7、CCI-400ソリューションの活用に向けた最適化メソドロジにより性能と消費電力目標をより短期間で達成可能に

21 March 2013

CAMBRIDGE, UK, and MOUNTAIN VIEW, Calif.

要旨:

  • プロセッサ向けに最適化したメソドロジにより、ARM® Cortex®-A15 MPCoreTM/Cortex-A7 MPCoreプロセッサ・クラスターとCoreLink CCI-400TMインターコネクトを用いたデザインの実装期間が短縮、big.LITTLE処理の活用も可能
  • シノプシスのGalaxyデザイン・プラットフォーム、ARM® Artisanスタンダードセル・ライブラリ、組込みメモリー、ARM POPTMテクノロジを用いて、TSMC 28HPMプロセス・テクノロジ向けに最適化したスクリプトを提供
  • 最適化が施されたスクリプト、フロアプラン、制約条件、ドキュメントで構成する実装例(リファレンス・インプリメンテーション)を提供開始
  • ARM AMBA® 4 ACETM プロトコル、CCI-400インターコネクトをサポートするDiscovery Verification IPをベースにしたシノプシスのリファレンス・ベリフィケーション・プラットフォームも提供

2013年3月21日英国ケンブリッジならびにカリフォルニア州マウンテンビュー発 -ARM(ロンドン株式市場上場コード:ARM、Nasdaq上場コード: ARMH)とシノプシス(Nasdaq上場コード:SNPS)は、ARM Cortex-A15 MPCore/Cortex-A7 MPCoreプロセッサ・クラスターとCoreLink CCI-400キャッシュ コヒーレント・インターコネクトを用いたデザインを28nmプロセスで最適化したシノプシス・リファレンス・インプリメンテーションの提供開始を発表しました。両社は、シノプシスGalaxyデザイン・プラットフォーム、ARM Artisanスタンダードセル・ライブラリ、組込みメモリー、ARM POPテクノロジを用いて、TSMC 28HPMプロセス・テクノロジ向けに最適化した実装例の提供で協業し、これによりプロセッサ・コアの実装設計、特にCortex-A15/Cortex-A7プロセッサの実装にかかる期間を短縮することが可能となりました。SoC設計者は、これらのリファレンス・インプリメンテーションを活用して、高い性能を実現するCortex-A15と消費電力の少ないCortex-A7のプロセッサ・クラスターを開発でき、またそれとCCI-400インターコネクトを組み合わせることによりbig.LITTLE処理ベース・システムを開発することにより高性能と長時間バッテリー駆動を両立した製品開発が可能となります。

ARM プロセッサ部門 上級副社長兼ジェネラルマネージャー Tom Cronkは、次のように語っています。「今日のマーケットで求められている様々な製品ニーズに対応するには、ARM Poweredソリューションを多様な性能目標や低消費電力目標の達成に向けて最適化する必要があります。今回の協業の成果は、Cortex-A15/Cortex-A7プロセッサ向けシノプシス・リファレンス・インプリメンテーションとして結実しました。これらの実装例を活用することによって、お客様各社は、厳しい開発目標をより短期間で達成できるようになり、big.LITTLE処理とPOP IPがご提供するメリットを活用して目指すマーケットの要請に応えていくことが可能になります」  

ARM Cortex-A15 MPCore/Cortex-A7 MPCoreプロセッサとCoreLink CCI-400インターコネクトの実装例として構築されたシノプシス・リファレンス・インプリメンテーションは、実装ツール向けのスクリプト、基準となるフロアプラン、設計制約条件、そして参照ドキュメントを提供しているため、ユーザー各社の実装作業のスターティング・ポイントとして利用することができます。

これらのスクリプトは、業界で幅広く活用されているシノプシス・ツール・リファレンス・メソドロジに基づき、高性能コア向けに最適化して作成されており、Galaxyデザイン・プラットフォームが提供するDesign Compiler Graphicalフィジカル・ガイダンスなどの設計機能を用いて、論理設計段階でのタイミング設計やレイアウト設計後とのタイミング相関性を向上させることができます。さらに、IC Compilerが提供する各種テクノロジ(リーク電力を削減するため設計最終段階で行うリーケージ・リカバリー、より迅速なフロアプラン作成のためのデータ・フロー解析、トップレベルの設計収束期間を短縮するトランスペアレント・インターフェイス最適化など)も活用できます。スクリプトは、ARM Artisanスタンダードセル・ライブラリ、組込みメモリー、ARM POPテクノロジを用いてTSMC 28nm HPMプロセス向けに最適化されています。設計者は、各社独自の設計目標、プロセッサ構成、プロセス・テクノロジ、ライブラリに合わせて、さらにスクリプトを最適化することも可能です。

このリファレンス・インプリメンテーションは、シノプシスのLynx Design Systemにプラグインできるため、完全なチップレベル設計フローを容易に構築できます。またシノプシスは、エキスパート・エンジニアによるプロフェッショナル・サービスの提供を通じて、各社独自のSoCの設計目標達成に向けたリファレンス・インプリメンテーションの適用と最適化を支援しています。  

4つのMPCoreで構成したCortex-7プロセッサ・クラスター向けシノプシス・リファレンス・インプリメンテーションは、まず低消費電力を重視して最適化し、その上で最大性能を発揮できるよう最適化が施されているため、エネルギー効率の高いマルチ・プロセッシング・システムを作成できます。厳しい消費電力制約の下で、より高性能なマルチ・プロセッシングを実現したい場合には、デュアルコアのCortex-A15クラスター向けリファレンス・インプリメンテーションを活用できます。こちらは、性能を優先した上で、低消費電力化が施されています。CCI-400インターコネクト向けインプリメンテーションは、これら2種類のプロセッサクラスターをbig.LITTLE処理システムに組み込むために最適化されています。  

またARMとシノプシスは、ARM AMBA 4 ACEプロトコル、CCI-400インターコネクトをサポートするDiscovery Verification IPをベースにしたシノプシスのリファレンス・ベリフィケーション・プラットフォームも構築しました。このリファレンス・ベリフィケーション・プラットフォームを活用することにより、検証エンジニアは、キャッシュコヒーレント・デザインのための非常に効率の高い検証環境を迅速に構築することができます。  

シノプシス インプリメンテーション・グループ 上級副社長兼ジェネラルマネージャー Antun Domicは、次のように述べています。「今回の協業は、両社の長年にわたる共同ソリューション開発の伝統を引き継ぐ取り組みであり、両社共通のお客様が直面する設計課題の克服に向けたものです。ARM Cortex-A15/Cortex-A7とCoreLink CCI-400インターコネクト向けのシノプシス・リファレンス・インプリメンテーションは、ARM/シノプシス両社のテクノロジと高性能/低消費電力デザイン開発の専門技術をフルに活用して開発されていますので、設計者の皆様は、性能目標と消費電力目標に対して最適化されたSoCをより短い期間で開発できるようになります」  

 

ARMプロセッサ向けシノプシス・リファレンス・インプリメンテーションの詳細について

シノプシス・リファレンス・インプリメンテーションの詳細に関しては、カリフォルニア州サンタクララで開催されるSynopsys User's Group Silicon Valleyで報告されます。

 

提供開始時期

デュアルコアCortex-A15 MPCore、クワッドコアCortex-A7、CCI-400インターコネクト向け28nmリファレンス・インプリメンテーションは、シノプシスとツール・メンテナンス契約継続中のARMv7ライセンシー向けに、本日より提供を開始しています。詳細な情報は、http://www.synopsys.com/ARM-Optoより入手可能です。リファレンス・インプリメンテーションのLynxテクノロジ・プラグインは、2013年4月末からの提供開始を予定しています。

ARM AMBA 4 ACEプロトコル、CCI-400インターコネクト対応Discovery Verification IPをベースにしたリファレンス・ベリフィケーション・プラットフォームは、本日よりシノプシスが提供を開始しています。  

 

ARMについて

ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、コンシューマ・エンターテイメント・ソリューションからイメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィックス・プロセッサ、ビデオ・エンジン、組み込みソフトウエア、セルライブラリ、組み込みメモリ、高速コネクティビティ製品、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社日本語Webサイト(http://www.jp.arm.com/)や、以下リンク(英語)をご覧ください。

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、グローバル・エレクトロニクス・マーケットでテクノロジ・イノベーションを展開している。そのソフトウェア製品、IP、技術サービスは、エンジニアが直面する設計/検証/システム開発/製造の課題の解決を支援しており、シノプシスは電子設計自動化(EDA)ならびに設計資産(IP)のリーディング・カンパニーとなっている。1986年の創業以来、世界中のエンジニアがシノプシスのテクノロジを使用して、何十億もの半導体やシステム機器を設計開発している。詳細な情報は、http://www.synopsys.co.jpより入手可能。

ARM、AMBA、ACE、Artisan、big.LITTLE、Cortex、CoreLink、MPCore、POPは、ARM Limitedの商標もしくは登録商標です。 Synopsys、Design Compiler、Discovery、Galaxy、IC Compilerは、米国内外でのSynopsys, Inc.の商標もしくは登録商標です。その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

Safe Harbor Statement

This press release contains forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the United States Securities Act of 1933 and Section 21E of the United States Securities Exchange Act of 1934, including statements regarding the expected availability and performance of Lynx technology plug-ins for the Synopsys Reference Implementations. These statements are based on current expectations and beliefs. Actual results could differ materially from those described by these statements due to risks and uncertainties including, but not limited to, unforeseen production or delivery delays, failure to perform as expected, product errors or defects and other risks as identified in the companies' respective filings with the U.S. Securities and Exchange Commission, including those described in the "Risk Factors" section of Synopsys’ latest Quarterly Report on Form 10-Q.

<お問い合わせ先>    

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941  

 

アーム株式会社    マーケティングコミュニケーション 飯塚 聖子

TEL:045-477-5129             FAX:045-477-5261  

 

ホフマン ジャパン株式会社 (アーム(株)PR代理店)小倉 徳行、鷲野 みゆき

TEL:03-5159-5750             FAX:03-5159-2166  

 
21 March 2013

Optimized Methodologies for ARM’s Cortex-A15, Cortex-A7 and CCI-400 Solutions Help Designers Achieve Processor Performance and Power Objectives Faster

CAMBRIDGE, UK, and MOUNTAIN VIEW, Calif.

Highlights:

  • Processor-specific methodologies accelerate optimized implementation of ARM® Cortex®-A15 MPCore™ and Cortex-A7 MPCore processor clusters as well as CoreLink™ CCI-400 interconnect, which together can be integrated into a big.LITTLE™ processing system
  • Optimized scripts for TSMC 28HPM process technology use Synopsys® Galaxy™ Implementation Platform with ARM Artisan® standard cells and embedded memories, including ARM POP™ technology
  • Reference Implementations are available today and include optimized scripts, floorplan, constraints and documentation
  • Synopsys reference verification platform for Discovery Verification IP supports the ARM AMBA® 4 ACE™ protocol and CCI-400 interconnect

ARM (LON:ARM; Nasdaq: ARMH) and Synopsys (Nasdaq: SNPS) today announced the availability of optimized 28-nanometer (nm) Synopsys Reference Implementations for ARM Cortex-A15 MPCore and Cortex-A7 MPCore processor clusters as well as the CoreLink CCI-400 cache-coherent interconnect. The companies collaborated to deliver these optimized implementations in TSMC 28HPM process technology using the Synopsys Galaxy Implementation Platform, ARM Artisan standard cells and memories, and ARM POP™ technology for core-hardening acceleration specifically optimized for Cortex-A15 and Cortex-A7 processor implementations. System-on-a-chip (SoC) designers can use these Reference Implementations to create high-performance Cortex-A15 and energy-efficient Cortex-A7 processor clusters, and can combine them with the CCI-400 interconnect to create a big.LITTLE processing system that delivers increased product functionality with longer battery life.

“With a diverse range of products expected in today’s end markets, ARM Powered® solutions need to be optimized across a spectrum of energy-efficiency and high-performance targets,” said Tom Cronk, executive vice president and general manager, Processor Division at ARM. “The companies’ collaboration has resulted in the Synopsys Reference Implementations for Cortex-A15 and Cortex-A7 processors. They will enable our customers to more quickly converge on their aggressive design goals, and take advantage of the benefits of big.LITTLE processing and POP IP to address the demands of their target markets.”

Configured for ARM Cortex-A15 and Cortex-A7 processors as well as CCI-400 interconnect, the Synopsys Reference Implementations provide tool scripts, a baseline floorplan, design constraints and documentation to serve as an optimized starting point for implementation. These scripts, built on the widely-used Synopsys tool Reference Methodologies (RMs) and optimized for high-performance cores, leverage Galaxy Platform capabilities such as Design Compiler® Graphical physical guidance for improved timing and post-route correlation. The scripts also leverage IC Compiler™ technologies, including final-stage leakage recovery for reduced leakage power, data flow analysis for faster floorplan creation and transparent interface optimization for faster top-level closure. They are configured for TSMC 28HPM process technology with ARM Artisan standard cells, memories and ARM POP technology. Designers may further optimize the scripts for their own design goals, processor configurations, process technologies and libraries. Reference Implementation technology plug-ins for the Synopsys Lynx Design System will enable a full, chip-level production design flow. Synopsys also provides expert professional services to help designers deploy and customize the Reference Implementations to achieve their specific SoC design goals.

The Synopsys Reference Implementation for the Cortex-A7 processor cluster is for a quad-core MPCore configuration, optimized first for energy efficiency, then for maximum speed to provide energy-efficient multi-processing. For high-performance multi-processing within a tight power envelope, the Reference Implementation for the Cortex-A15 processor cluster targets a dual-core configuration, optimized first for performance, then for power. The CCI-400 interconnect implementation is optimized for the combination of these two processor clusters into a big.LITTLE processing system.

ARM and Synopsys have also collaborated on a reference verification platform for Synopsys Discovery Verification IP, which supports the ARM AMBA® 4 ACE™ protocol and CCI-400 interconnect. With this reference verification platform, verification engineers can rapidly develop highly efficient verification environments for their cache-coherent designs.

“This latest collaboration with ARM continues our long-standing tradition of creating solutions to address our mutual customers’ key design challenges,” said Antun Domic, senior vice president and general manager, Implementation Group at Synopsys. “The Synopsys Reference Implementations for ARM Cortex-A15 and Cortex-A7 processors as well as CCI-400 interconnect take advantage of ARM and Synopsys technologies as well as our high-performance and low-power design expertise to enable designers to achieve optimized SoC performance and power targets on an accelerated timeline.”

Learn More about the Synopsys Reference Implementations for ARM Processors:

SNUG Silicon Valley attendees can learn more about the Synopsys reference implementations next week at the Synopsys User's Group Silicon Valley in Santa Clara, CA:

Availability

The 28nm Reference Implementation scripts and documentation for dual-core Cortex-A15 MPCore, quad-core Cortex-A7 and CCI-400 interconnect are available today for Synopsys customers under maintenance who are ARMv7 processor licensees: http://www.synopsys.com/ARM-Opto . Lynx technology plug-ins for these Reference Implementations are planned to be available at the end of April, 2013. The Synopsys Verification IP and Reference Platform for AMBA 4 ACE protocol and CCI-400 interconnect are available today from Synopsys.

About ARM

ARM designs the technology that is at the heart of advanced digital products, from wireless, networking and consumer entertainment solutions to imaging, automotive, security and storage devices. ARM’s comprehensive product offering includes RISC microprocessors, graphics processors, video engines, enabling software, cell libraries, embedded memories, high-speed connectivity products, peripherals and development tools. Combined with comprehensive design services, training, support and maintenance, and the company’s broad Partner community, they provide a total system solution that offers a fast, reliable path to market for leading electronics companies. Find out more about ARM by following these links:

About Synopsys

Synopsys, Inc. (Nasdaq:SNPS) accelerates innovation in the global electronics market. As a leader in electronic design automation (EDA) and semiconductor IP, its software, IP and services help engineers address their design, verification, system and manufacturing challenges. Since 1986, engineers around the world have been using Synopsys technology to design and create billions of chips and systems. Learn more at www.synopsys.com.

ARM, AMBA, ACE, Artisan, big.LITTLE, Cortex, CoreLink, MPCore and POP are trademarks or registered trademarks of ARM Limited. Synopsys, Design Compiler, Discovery, Galaxy, and IC Compiler are trademarks or registered trademarks of Synopsys, Inc. registered in the United States and/or other countries. All other trademarks mentioned in this release are the intellectual property of their respective owners.

Safe Harbor Statement

This press release contains forward-looking statements within the meaning of Section 27A of the United States Securities Act of 1933 and Section 21E of the United States Securities Exchange Act of 1934, including statements regarding the expected availability and performance of Lynx technology plug-ins for the Synopsys Reference Implementations. These statements are based on current expectations and beliefs. Actual results could differ materially from those described by these statements due to risks and uncertainties including, but not limited to, unforeseen production or delivery delays, failure to perform as expected, product errors or defects and other risks as identified in the companies' respective filings with the U.S. Securities and Exchange Commission, including those described in the "Risk Factors" section of Synopsys’ latest Quarterly Report on Form 10-Q.

Editorial Contacts:

Tiffany Sparks
ARM
+1.408.576.1397
tiffany.sparks@arm.com

Monica Marmie Synopsys, Inc.
+1.650-584-2890
monical@synopsys.com





Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set