Login

ARMとCavium、ARMv8アーキテクチャのライセンスで関係を強化

01 August 2012

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下ARM)と、ネットワーキング、通信、デジタル・ホームをインテリジェントに処理する高集積半導体製品の大手プロバイダである米Cavium社は、CaviumがARMv8アーキテクチャのアーキテクチャ・ライセンスを取得したと発表しました。  

ARMv8アーキテクチャは64ビット実行に対応する初のARM®アーキテクチャであり、このアーキテクチャをベースとするプロセッサは、64ビット実行と32ビット実行の併用が可能です。このARM命令セットの開発で特に重視したことの1つは、ARMプロセッサ・テクノロジーが実績を誇る高エネルギー効率を64ビットにも受け継がせることでした。  

ARMのCEO(最高経営責任者)であるWarren Eastは、次のように述べています。「今回のライセンス契約により、エンタープライズ市場においてARMプロセッサ搭載アプリケーションの幅を広げることができることを、大変嬉しく思います。Cavium社は、業界をリードするマルチコア・プロセッサ・ベンダであり、多様なARMプロセッサ搭載製品を含め、高度に差別化されたSoCを長年にわたって提供しています。Cavium社は、今回のアーキテクチャ・ライセンスにより、高度に最適化された64ビット・カスタム・コアやSoC実装を通じて革新を実現し、クラウド市場やデータセンター市場に革新的ソリューションを提供すると期待されます。」  

Caviumの社長兼CEOであるSyed Ali氏は、次のように述べています。「Caviumは、高性能マルチコア・プロセッサとソフトウェアにおける豊富な経験とIPを生かし、クラウド/データセンター市場の新しいニーズに対応したいと考えています。ARMv8アーキテクチャおよびARMの充実したソフトウェア・エコシステムの採用により、当社の革新的な高性能マルチコアSoCを新しいお客様やアプリケーションにご利用いただくことが可能となるでしょう。」  

ARMは、柔軟なモデルでプロセッサIPのライセンスを供与することにより、バッテリ電源駆動のモバイル機器からデータセンター・プラットフォームまで、あらゆるアプリケーションで高集積ソリューションの利用を可能にしています。    

   

Cavium社の概要

Cavium社は、ネットワーキング、通信、デジタル・ホームをインテリジェントに処理する高集積半導体製品の大手プロバイダです。10 Mbpsから100 Gbps以上の性能範囲にわたり、ソフトウェア互換の統合型プロセッサ製品群を幅広く提供し、データセンター、ブロードバンド/コンシューマ機器、アクセス/サービス・プロバイダ機器のセキュアでインテリジェントな機能に貢献しています。Caviumのプロセッサは、オペレーティング・システム、ツール・サポート、リファレンス設計、その他のサービスを提供するエコシステム・パートナーにサポートされています。Caviumの本社は米国カリフォルニア州サンノゼにあり、デザイン・チームをカリフォルニア州、マサチューセッツ州、インド、中国に配置しています。詳細は、http://www.cavium.comをご覧ください。  

ARM社概要

ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、コンシューマ・エンターテイメント・ソリューションからイメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィックス・プロセッサ、ビデオ・エンジン、組み込みソフトウエア、セルライブラリ、組み込みメモリ、高速インターコネクトとメモリコントローラ、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイト(http://www.arm.com/)や、以下リンク(英語)をご覧ください。

ARM website: http://www.arm.com/

ENDS

※ARMはARM社の登録商標です。CortexはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM Inc.; ARM KK; ARM Korea Limited.; ARM Taiwan Limited; ARM France SAS; ARM Consulting (Shanghai) Co. Ltd.; ARM Belgium Services BVBA; ARM Germany GmbH; ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.; ARM Norway, AS ; ARM Sweden ABの全部または一部を意味します。  

<お問い合わせ先>

アーム株式会社    マーケティングコミュニケーション 飯塚 聖子

TEL:045-477-5129             FAX:045-477-5261  

ホフマン ジャパン株式会社 (アーム(株)PR代理店)松田 紘見、小倉 徳行

TEL:03-5159-5750             FAX:03-5159-2166

 

Note on Forward-Looking Statements
This press release may contain forward-looking statements regarding future events that involve risks and uncertainties. Readers are cautioned that these forward-looking statements are only predictions and may differ materially from actual future events or results. These forward-looking statements involve risks and uncertainties, as well as assumptions and current expectations. Actual results and the timing of events could differ materially from those anticipated in such forward-looking statements as a result of these risks, uncertainties and assumptions. The risks and uncertainties that could cause results to differ materially from those expressed or implied by such forward-looking statements include but are not limited to risks and uncertainties related to Cavium’s ability to design, develop, manufactur, assemble and test new products and technologies;  Cavium’s ability to forecast market demand, future technological developments and implementation factors for new products; Cavium’s ability to penetrate new markets; competition in Cavium’s product markets; whether Cavium is successful in marketing its products; general economic conditions; and other risks and uncertainties described more fully in Cavium’s documents filed with or furnished to the Securities and Exchange Commission. More information about these and other risks that may impact Cavium’s business are set forth in the “Risk Factors” section of its Form 10-Q filed with the Securities and Exchange Commission on May 7, 2012. All forward-looking statements in this press release are based on information available to Cavium as of the date hereof and qualified in their entirety by this cautionary statement, and Cavium assumes no obligation to revise or update these forward-looking statements.