Login

世界のビジネス・リーダーの75%が「モノのインターネット(IoT)」の生み出す経済機会に期待

29 October 2013

  • ビジネス・リーダーの96%が2016年までに自社が何らかの面でIoTを利用すると回答
  • IoTを統合するのが遅い企業は競争に負けると考えている幹部は5人に3人以上(61%)

IoTを最大限に活用するため、協調的なビジネス・モデル、スキル開発、共通規格が必要

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下ARM)は、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の新しい総合レポート「The Internet of Things Business Index: A quiet revolution gathers pace(モノのインターネットのビジネス指数:静かな革命が加速)」の結果を発表しました。ARMがスポンサーとなっているこのレポートでは、最高責任者クラスの経営幹部の75%が「モノのインターネット(IoT)」の生み出す機会を積極的に検討していることが明らかとなりました。また、30%の方が「IoTが新しい収益の機会を拡大する」と考えており、他にも「新しい業務慣例につながる(29%)」、「いずれ営業モデルを変化させる(23%)」、などと考えていることがわかりました。レポートは、何百万台もの接続機器の通信を可能にし、「Internet of Silos(貯蔵庫としてのインターネット)化」を防ぐには、共通規格が最も重要であると結論づけています。

ARMの最高経営責任者(CEO)であるSimon Segarsは、次のように述べています。「モノのインターネットを支えるのはARMです。新たに300億台の機器を接続することにより、ARMのエコシステムは、都市管理、医療、環境、教育制度を改善し、生活を変革しようとしています。ARMテクノロジーは、自動車、心臓モニター装置、洗濯機、照明など非常に幅広い製品の機能的ビルディング・ブロックとなります。このようなテクノロジーにはエネルギー効率と小型化が必須です。例えば、ARM Cortex-M0+プロセッサは平均的な人間の髪の毛の幅に収まります。IoTをビジネスに最大限に活用するなら、これは重要な要素です。このような革新的な設計と、ARMの多様で活発なビジネス・エコシステムがあれば、IoTからビジネス上の利点を最大限に引き出すことができるでしょう。」

レポートは、企業が「複数の業界にわたる企業との協力を学ぶ」必要があるとし、協調的なアプローチの必要性を強調しています。また、サービス・プロバイダ間で作成したデータを共有せず、ユーザの役に立たない、いわゆる「貯蔵庫としてのインターネット化」を避けるために規格の普及を奨励しています。

その指揮を執るのは以下のとおりです。

  • 世界の大企業の中で、ヨーロッパの企業はIoT導入に関する調査と計画の段階でリードしています(レポートの7ページ参照)。
  • 調査した業界の中では、リアルタイム情報を利用して生産性を最適化するニーズにより、製造業がトップに立っています(レポートの7ページ参照)。製造業4社のうち1社は、すでにIoTシステムを導入し、業務に使用しています。製造業のすぐ後に続くのが、建設業と不動産業です。

 IoTの利用増加を阻む障害のトップ5(回答の上位5つ)は以下のとおりです。

  1. 従業員のスキル/知識不足
  2. 経営上層部の知識/意欲不足
  3. 製品やサービスに明らかなIoTの要素がない
  4. IoTに関する業界規格が未成熟
  5. IoTインフラに必要な投資が高い

 

レポート編集者であるJames Chambers氏は、次のように述べています。「在庫管理機能付きのインテリジェント冷蔵庫がすぐに現実になるわけではありませんが、IoTに関する会話は明らかに前進しています。経営幹部5人のうち2人はIoTをよく話題にすると回答しています。皆がインターネットに接続した衣服を着るようになるかはまだわかりませんが、IoT革命にまったく関与しないビジネスはおそらくないでしょう。」

IoTで成功を共有するための共通規格

レポートは、IoTがすべての市場に大規模に普及するには、データの埋蔵をなくし、共通規格を確立することが唯一の道だと示唆しています。ビッグ・データの登場も影響を与えています。ホンダはユーザ140万人分の何テラバイトものデータをデータベースに保管しています。IoTの普及により、そのデータを管理し、収集される小さなデータを分析することがますます重要となるでしょう。

議論にご参加ください

この調査結果についてご意見があったり、ビジネスにおける革新的なIoTのアイデアが浮かんだりした方は、どうぞレポートをダウンロードし、議論にご参加ください。ビジネスツービジネスまたはコンシューマ向けのIoTアプリケーションやサービスに役立つアイデアをお待ちしております。

レポートはこちら: http://www.arm.com/ja/files/pdf/EIU_Internet_Business_Index_WEB.PDF

    

ARM社概要

ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、コンシューマ・エンターテイメント・ソリューションからイメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィックス・プロセッサ、ビデオ・エンジン、組み込みソフトウエア、セルライブラリ、組み込みメモリ、高速インターコネクトとメモリコントローラ、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイト(http://www.arm.com/)や、以下リンク(英語)をご覧ください。

Download Shared Purpose - 8 Leadership Lessons for the Ecosystem Age 

The secrets of success from the Connected Community surrounding ARM     

ARM website: http://www.arm.com

ARM Connected Community®: http://www.arm.com/community

ARM Blogs: http://blogs.arm.com

ARMFlix on YouTube: http://www.youtube.com/armflix

ARM on Twitter:

http://twitter.com/ARMPROffice

http://twitter.com/ARMMultimedia

http://twitter.com/ARMMobile

http://twitter.com/ARMCommunity

http://twitter.com/ARMEmbedded

http://twitter.com/ARMSoC

http:/twitter.com/ARMTools

http://twitter.com/SoftwareOnARM

About the survey

The Internet of Things business index: A quiet revolution gathers pace is based on an Economist Intelligence Unit survey of senior managers carried out in June 2013.  The 779 respondents are based in 71 countries, split regionally as follows: Europe (29%), North America (29%), Asia-Pacific (30%); and rest of the world (12%).

A total of 19 industries are represented in the survey, such as financial services (14%), manufacturing (12%), healthcare, pharmaceuticals and biotechnology (12%), IT and technology (12%), energy and natural resources (11%), and construction and real estate (10%). The sample is evenly split between large firms, having annual revenue of more than US$500m, and small and mid-sized firms. Nearly half of respondents (49%) are board or C-level, with the balance made up of other high-level managers such as vice-presidents, business unit heads and department heads.

About The Economist Intelligence Unit

The Economist Intelligence Unit is the world leader in global business intelligence. It is the business-to-business arm of The Economist Group, which publishes The Economist newspaper. As the world's leading provider of country intelligence, The Economist Intelligence Unit helps executives make better business decisions by providing timely, reliable and impartial analysis on worldwide market trends and business strategies. More information about The Economist Intelligence Unit can be found at www.eiu.com or follow us on www.twitter.com/theeiu.

ENDS

ARM, Artisan and AMBA and Cortex are registered trademarks of ARM Limited. CoreLink, big.LITTLE, Mali and POP are trademarks of ARM Limited. All other brands or product names are the property of their respective holders. “ARM" is used to represent ARM Holdings plc; its operating company ARM Limited; and the regional subsidiaries ARM Inc.; ARM KK; ARM Korea Limited.; ARM Taiwan Limited; ARM France SAS; ARM Consulting (Shanghai) Co. Ltd.; ARM Germany GmbH; ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.; ARM Norway, AS and ARM Sweden AB.  

  <お問い合わせ先>  

アーム株式会社    マーケティングコミュニケーション 飯塚 聖子

TEL:045-477-5129             FAX:045-477-5261  

ホフマンジャパン株式会社 (アーム(株)PR代理店)小倉 德行、鷲野 みゆき

TEL:03-5159-5750             FAX:03-5159-2166





Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set