Login

NXP、ARM Cortex-A9プロセッサをベースとした世界初の統合型セットトップ・ボックス向けSoC(45nmプロセス)を公開へ

05 January 2010

複数の高性能ARMプロセッサが、エネルギー効率の高いコネクテッド・ホームSTBを実現

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、以下ARM)とNXPセミコンダクターズ社(本社:オランダ・アイントホーヘン、以下NXP)は、米国で今週開催されているCESで、複数個のARM® Cortex™プロセッサを搭載したNXP 847x/8x/9x SoCファミリを公開します。最近発表されたNXP PNX847x/8x/9xは、マルチチャンネル放送受信機能を内蔵し、必要な機能をすべて統合した世界初の45nmプロセスを使用したセットトップ・ボックス(STB)向けSoCプラットフォームです。NXP PNX847x/8x/9xは、ARM Cortex-A9 MPCore™、ARM Cortex-M3プロセッサを活かし、低コストのフォーム・ファクタで、高性能、高エネルギー効率のソリューションを実現しています。

NXPセミコンダクターズのホーム・ビジネス・ユニット担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるChristos Lagomichos氏は、次のように述べています。「NXP PNX847x/8x/9xプラットフォームは、メーカのBOMコストと消費電力を大幅に削減し、ホーム・エンタテイメントの価値を高めるよう最適化されたシステムです。STBとDVRが複雑化するにつれ、業界にとって電力効率が大きな課題の1つとなっています。ARMの低消費電力で高性能なプロセッサを活用することにより、弊社は次世代のHD STB、DVR機能をお届けすることができます。」

放送とブロードバンドがホーム・エンタテイメント機器に急速に普及するにつれ、デジタル・テレビとSTBには、高い処理性能とともに、小型、高集積度で、温度的制約のある環境にふさわしい低消費電力が求められます。ARM Cortex-M3プロセッサは、システム全体のパワーマネージメント機能を調整することで、NXP PNX847x/8x/9xファミリの柔軟な電力最適化機能と超低消費電力のスタンバイ動作を実現し、最新のEnergyStar規格や自主協定に適合するSTBメーカの取り組みに貢献しています。

高性能、高電力効率のARM Cortex-A9 MPCoreプロセッサ・アーキテクチャをベースとするNXP PNX847x/8x/9xは、高度なシステム・レベル性能により、ホーム・ネットワークにおけるセキュアなマルチルームDVRビデオ・ストリーミングやJavaベースのSTBミドルウェア・エンジンの高速実行に対応します。また、ARM Cortex-A9プロセッサとその包括的なインターネット・ソフトウェアのエコシステム、NXPの豊富なハードウェアとDSPベースのコンテンツ・デコード技術の組み合わせは、業界最先端の性能を提供しAdobe FlashとWebブラウザ技術を利用したユーザ・インタフェース環境に対応します。STB市場にCortex-A9 MPCoreプロセッサを採用することにより、NXPは、拡大しつつある包括的なARMエコシステムの恩恵を受けることにもなります。

ARMのプロセッサ部門執行副社長であるMike Inglisは、次のように述べています。「NXPがARMテクノロジーを公開することは、セットトップ・ボックスにおけるARM Cortexプロセッサの急速な普及を実証するものです。ARMは、高性能、低消費電力技術を組み合わせることにより、次世代のDVR、STB機器に求められるスケーラブルな性能をNXPに提供しています。」

柔軟なコンテンツ形式のデコードに対応する専用ハードウェア、それにJavaスクリプトとFlash Player 10に対応するARMアーキテクチャの最適化により、NXP PNX847x/8x/9xは、オンラインVODやインターネット経由で配信されるその他のコンテンツに極めて敏速に反応し、安定した視聴を可能にします。PNX 847x/8x/9xファミリは、卓越した電力効率に加え、高度なプログラミング・ナビゲーション・ユーザ・インタフェース、ゲーム、その他の3Dコンテンツを表示する3Dグラフィックス・プロセシング・ユニットも装備しています。新しいNXP PNX847x/8x/9xは、サンプル数量で出荷を開始します。

詳細は、http://www.nxp.com/applications/set_top_box/index.htmlをご覧ください。

NXPは、2010年1月7~10日、米国ラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)のNXPブース(Wynn Hotel、Alsace 1、2会議室)で、PNX847x/8x/9xファミリを公開します。


NXPセミコンダクターズについて

NXPセミコンダクターズは、ハイパフォーマンス・ミックスドシグナルを中心とした一般製品ソリューション(RF、アナログ、パワー、デジタル・プロセス等)を製造・販売しています。これらのソリューションは自動車、製造、民生、照明、医療、コンピュータ、IDアプリケーション等の分野で利用されます。NXPはヨーロッパに本社を構え、従業員数は世界30カ国2万9,000名で2008年の売上は、54億米ドルです。NXPに関する最新情報はWebサイト http://jp.nxp.com/ (日本語)をご覧ください。


ARM社概要

ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、イメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、32 ビット組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィック プロセッサ、ビデオ・エンジン、セルライブラリ、組み込みメモリ、高速インタフェース製品、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※ARMはARM社の登録商標です。CortexとMaliはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM Inc.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan Limited、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc.、ARM Germany GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.、ARM Norway, ASおよびARM Sweden ABの全部または一部を意味します。


<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261

ホフマン ジャパン株式会社 (アーム(株)PR代理店)
松田 紘見、小倉 徳行
TEL:03-5159-2145 FAX:03-5159-2166

 





Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set