Login

アドビ システムズ社とARM、ARMプラットフォーム向けにAdobe Flash PlayerとAdobe AIRを最適化

17 November 2008

ARMプロセッサ搭載デバイスにリッチインターネットアプリケーションを実現するAdobe Flash Player 10とAdobe AIRをサポート

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)と米アドビ システムズ社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、米サンフランシスコで開催された「Adobe MAX 2008」カンファレンスで、携帯電話からセットトップ・ボックス、MID (モバイル・インターネット機器)テレビ、車載プラットフォーム、パーソナル・メディア・プレーヤや、その他のモバイル・コンピューティング機器まで、幅広いARM®搭載製品向けに、Adobe® Flash® Player 10とAdobe AIR® (Adobe Integrated Runtime)を最適化する技術協力を発表しました。この協力は、現在、世界中の携帯機器やコンシューマ エレクトロニクス機器にリッチインターネットアプリケーションやWebサービスを提供しているARMプラットフォーム上で、今後、携帯機器で閲覧できる表現力豊かなグラフィックスやビデオ性能の向上実現を目指します。

両社の協力により最適化される技術は、ARM11™ファミリとCortex™-Aシリーズのプロセッサに使用されているARMv6、ARMv7アーキテクチャをターゲットとし、2009年後半に提供される予定です。今回の協力は、将来的にAdobe Flash Playerと、Adobe AIRを活用しながら、複数のデバイスに一貫したランタイム環境を提供することを目的として、アドビ システムズ社が主催し、ARMなど組み込み業界大手が参加するOpen Screen Projectから始まりました。これにより、多様なARM搭載のインターネット接続機器で最先端のWebブラウジングが可能となり、共通のコンテンツやアプリケーションをシームレスに実行することが可能となります。 詳しくは、(http://www.openscreenproject.org/)をご覧ください。

アドビ システムズ社 モバイル&デバイス担当バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャであるゲリー・コバック(Gary Kovacs)氏は、次のように述べています。「Adobe Flash Playerは現在、Webで主流の動画閲覧環境です。ARMとの今回の協力は、世界中のモバイル機器に完全なWeb機能を持たせるという目標に向けた重要なステップとなります。モバイル機器でもデスクトップと同様に、高度で強力なブラウジング機能や各種アプリケーションを使えるように、ARMおよびOpen Screen Projectに参加する業界企業と協力できることを嬉しく思っています。」

ARMのマーケティング担当副社長であるIan Drewは、次のように述べています。「今回の提携により、ポケットサイズのモバイル機器、モバイル・コンピューティング・プラットフォーム、セットトップ・ボックス、デジタル・テレビ、車載インフォテイメントなどに最適化されたAdobe Flash PlayerおよびAdobe AIRが開発され、パートナー各社から出荷される何十億個もの機器に搭載されることを確信しています。Adobe Flash Playerにより、Web上でゲームや映画、アニメーションや対話型のコミュニケーションを楽しむことができるでしょう。Adobe Flash Playerと低消費電力のARMプロセッサIPおよびMali™ GPUの組み合わせは、32ビット・アーキテクチャ上で、快適なインターネット環境を実現します。」

ARMテクノロジーは現在、大半のスマートフォン、モバイル・インターネット機器、セットトップ・ボックス、デジタル・テレビ、ポータブル・ナビゲーション機器、パーソナル・メディア機器など、何十億個もの電子機器に搭載されています。今回の提携により、ARMとアドビ システムズ社は、ARMプロセッサ・アーキテクチャに最適化したAdobe Flash Player 10とともに、GPUとハードウェア・アクセラレータに業界標準のAPIサポートも提供します。また、Adobe Flash Player 10とAdobe AIRのコンテンツに対応するモバイル機器の消費電力を、大幅に下げることも期待されています。

ARMv6およびARMv7アーキテクチャ搭載ハードウェアに最適化されたAdobe Flash Player 10は、Open Screen Projectの主旨に賛同し、参加するパートナー各社にロイヤリティ無償で提供されます。また、ARMプロセッサ搭載機器用のAdobe Flash Player 10は、アドビ システムズ社から機器メーカ各社に提供されます。

業界大手企業のARMパートナー各社のコメント
米ブロードコム社のモバイル・マルチメディア・ビジネス・ユニット担当バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャであるMark Casey氏は、次のように述べています。「モバイル・ユーザは、Web機能の高度化、高速化、そしてバッテリの長寿命化を期待しています。ARMテクノロジーは、ブロードコムの低消費電力VideoCoreマルチメディア・プロセッサとともに、OpenGL ES 2.0や他のオープン規格を通じて、Adobe Flash PlayerおよびAdobe AIRの性能を急速に高めると期待されています。アドビ システムズ社とARMの取り組みは、ブロードコムにとって、モバイル機器やコンシューマ機器の使用をさらに拡大する絶好のチャンスです。」

米フリースケール社のグローバル・コンシューマ・マーケティング担当ディレクタであるGlen Burchers氏は、次のように述べています。「ARMプロセッサ・アーキテクチャを実装した機器による、インターネットを中心としたモバイル機器の急速な普及、そしてコンシューマ向けネットブック市場への参入を期待しています。ハードウェア・アクセラレーションをサポートしたARMプロセッサ・アーキテクチャに最適化されたAdobe Flash Player 10とAdobe AIRの追加は、これらの目標を達成するための大きな前進です。フリースケールは、これを全面的にサポートします。」

米NVIDIA社のモバイル・ビジネス担当ジェネラル・マネージャであるMichael Rayfield氏は、次のように述べています。「NVIDIAは、OpenGL ES 2.0などのオープン規格を通じて、Adobe Flash PlayerがNVIDIA Tegraコンピュータ・オン・ア・チップ・ソリューションを最大限に活用できるように、ARMとアドビ システムズ社と協力しています。NVIDIAの超低消費電力GeForce GPUおよびメディア・アクセラレーションが密接に統合されたARM CPUテクノロジーは、Adobe Flash Playerの性能を高め、完全なWeb機能と素晴らしいユーザ・インタフェースを消費者に提供します。」

サムスン電子社のシステムLSI部門マーケティング担当バイスプレジデントであるYiwan Wong氏は、次のように述べています。「サムスン電子は、ARMテクノロジーを実装した当社のアプリケーション・プロセッサおよびシステム・オン・チップ製品上にて、Adobe Flash Player 10とAdobe AIRを全面的にサポートすることを楽しみにしています。この取り組みにより、ARMテクノロジー搭載のコンシューマ機器すべてにおいて、非常に低い消費電力で、Adobe Flash Player 10のコンテンツが利用可能となります。今日の標準PCプラットフォームを上回る最高のモバイル・インターネット機能を、消費者に提供します。」

米テキサス・インスツルメンツ社のジェネラル・マネージャであるRaj Talluri氏は、次のように述べています。「テキサス・インスツルメンツは、OMAP 3プロセッサ上で妥協のないインターネット環境など、高度な機能を実現するAdobe Flash Player 10のサポートを非常に嬉しく思っています。当社の製品群にAdobe Flash Player 10を加えることにより、Flash技術を実行する卓越した性能のプラットフォームを提供するという当社の歴史がさらに積み重ねられます。OMAP 3プラットフォームのSoCアーキテクチャと基本ソフトウェアを利用することにより、当社のお客様は、スマートフォン、モバイル・インターネット機器、ネットブック、およびその他のポータブル・コンシューマ機器などの市場に対応する、差別化された幅広い製品を開発し、消費電力、性能、コストのどれも犠牲にすることなく、ラップトップパソコン並みの機能を提供します。」


アドビ システムズ社について
アドビ システムズ社は、時間や場所、利用するメディアや機器を問わず、あらゆるユーザーの、アイデアや情報との関わり方に変革をもたらしています。アドビ システムズ株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイト(http://www.adobe.com/jp)に掲載されています。


ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、イメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、32 ビット組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィック プロセッサ、セルライブラリ、高速インタフェース製品、組み込みメモリ、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※Adobe、Flash、Adobe AIR は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標または登録商標です。その他全てのブランド名および製品名は個々の所有者の商標または登録商標です。

※ARMとARM PoweredはARM社の登録商標です。CortexとARM11はARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM Inc.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan Limited、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co. Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc.、ARM Germany GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します。


<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261

テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981     FAX:03-5210-2005