Login

ARM、Chartered、IBM、サムスン電子が提携し、エネルギー効率の高い32nm、28nmシステムオンチップ実現へ

29 September 2008

現在および将来のARM Cortexプロセッサの消費電力、性能、実装面積を最適化する包括的なフィジカルIPデザイン・プラットフォームを開発し、そのライセンスを供与
英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)、IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長サミュエル・J・パルミサーノ、NYSE: IBM)、シンガポールのChartered Semiconductor Manufacturing社(以下Chartered)、韓国のサムスン電子は、IBM主導の共同開発アライアンスによるhigh-kメタルゲート」(高誘電率ゲート絶縁膜)技術をベースとし、32nmならびに28nmの包括的なシステムオンチップ(SoC)デザイン・プラットフォームを開発すると発表しました。

今回の複数年提携により、ARMは、ロジック、メモリ、インタフェース製品などのフィジカルIP(半導体設計資産)を含むデザイン・プラットフォームの開発とライセンス供与を行い、Common Platform (共通プラットフォーム) テクノロジー・アライアンス・パートナーのIBM、Chartered、サムスン電子が、各社のお客様に提供できるようにする予定です。

ARMは、Common Platform high-kメタルゲート 32nm/28nm技術の優れた特性を生かし、現行および将来のCortex™プロセッサ・ファミリの消費電力、性能、実装面積を最適化するようフィジカルIPをカスタマイズして開発する意向も発表しました。high-kメタルゲート技術は、スケーリングという歴史的な障壁を打ち砕き、材料科学における革新を生かして多大な消費電力削減と性能向上を可能にするものです。また、この技術は、モバイル機器、ポータブル機器、コンシューマ機器など、幅広い組み込み分野に応用可能です。

早期におけるARMとCommon Platform アライアンスの並行開発作業では、プロセッサIP、フィジカルIP、技術開発で業界最先端を走る各社の専門知識が活用されます。このため、設計のスケーリングが促進され、比類のない性能、卓越したバッテリ寿命、低コストを誇る次世代のモバイル機器の市場化が早まると期待されます。

ARMのCEO(最高経営責任者)であるWarren Eastは、次のように述べています。「当社は、この早期開発作業により、Common Platformのお客様向けの電力効率に優れたARM® SoCを設計する基礎を作ります。当社の高度なマイクロプロセッサの長所、フィジカルIP設計における先進性、Common Platformにサポートされる高度な技術を活用することにより、お客様には、幅広いコンシューマ機器に対応する電子デバイス用製品を迅速にリリースしていただくことが可能です。」
Common Platformのパートナー各社は、今後もこの共同計画を通じてエコシステムを拡大し、近い将来にメンバーを増やす予定です。パートナーが増加すれば、提供されるEDAサポート、サービス、IPが増え、利用企業がそれらの高度な技術を生かして製品の市場投入期間を短縮することができます。

IBMのセミコンダクター・ソリューションズ担当ゼネラル・マネージャであるMike Cadigan氏は、次のように述べています。「IBMは、パートナー各社のオープンなエコシステムにおける協働イノベーションが、現在も将来も、先進技術を生み出す鍵だと確信しています。ARMとの本日の発表は、IBMリサーチから、Common Platform製造、最先端のコンシューマ・アプリケーション・アーキテクチャへと、戦略を次のレベルに進めるものです。32nm世代に契約を延長することにより、IBMはアライアンス・パートナーと協力し、私たちの生活、仕事、娯楽を劇的に変化させる最先端の技術をお届けしていきます。」

Charteredの社長兼CEO(最高経営責任者)であるChia Song Hwee氏は、次のように述べています。「現代のお客様は、トータルシステムソリューションの複雑さに対応する新しいレベルのエコシステム相互依存を求めています。ARMとCommon Platformパートナーの協力により、電力効率に優れ、最適化された新しいレベルのシステムオンチップが生まれることでしょう。Common Platformの共同開発とエコシステム協力は、発明を業界内のオープン・アクセスに移行する有力なモデルです。」

サムスン電子の副社長であり電子工学博士のChang Sik Choi氏は、次のように述べています。「この協力では、32nmプロセス・テクノロジーにおける画期的なhigh-kメタルゲートとARMの最適化された低消費電力、高性能コアおよびライブラリを組み合わせ、私たち共通のお客様に最先端の設計ソリューションをお届けします。Common Platform工場で量産すれば、お客様は動きの速いコンシューマ機器市場での成功に重要な量産開始までの期間を短縮し、有利になること間違いありません。」

Common Platform(共通プラットフォーム)の概要
IBM、Chartered、サムスン電子の3社は、32nm、45nm、65nm、90nm世代のバルクCMOSプロセス・テクノロジーに関する独自の製造提携を結んでいます。このCommon Platform™技術提携では、3社の専門知識と研究リソースを合わせ、high-kメタルゲート技術、193nm液浸リソグラフィー、超低誘電率(ultralow-k)絶縁膜材料など最新の技術を駆使して、ファウンドリのお客様に最先端の技術を迅速に提供しています。Common Platformモデルは、総合的なエコシステム設計を可能にする環境で支えられ、ファウンドリ企業は、最小限の設計作業で、これまでにない柔軟性と選択肢を持って、複数の300mm工場に容易にチップ設計を供給することができます。


IBMについて
IBMについての詳細は、こちらを参照ください(http://www.ibm.com/jp/

Chartered Semiconductor Manufacturing社概要
Chartered Semiconductor Manufacturing Ltd.は、世界有数の半導体ファウンドリ専業メーカであり、65nm (ナノメータ) までの最先端テクノロジを提供することにより、今日のシステム オン チップ設計を可能にしています。また同社は22nmまでのテクノロジ ロードマップに基づく、コラボレーションを通じた共同開発アプローチにより顧客のニーズに対応しています。Chartered社の戦略は、オープンかつ包括的な設計実現のためのソリューションおよび製造能力強化、そして柔軟な調達に対するコミットメントに基づいています。シンガポールに300mm対応の製造施設を1ヵ所、200mm対応の製造施設を5ヶ所操業中です。Chartered社についての詳しくは、(http://www.charteredsemi.com/)をご覧ください。

サムスン電子について
Samsung Electronics Co., Ltd.は、半導体、情報通信、デジタルメディアおよびデジタルコンバージェンステクノロジーにおけるグローバルメーカーです。2007年の売り上げは1,034億ドル、62カ国にある134以上の事業所では約15万人の従業員が勤務しています。半導体、情報通信、LCD、デジタルメディアの4つの主要事業部門で構成され、最も急成長を遂げている世界的ブランドのひとつとして認知されています。サムスン電子はデジタルテレビ、半導体メモリーチップ、携帯電話およびTFT-LCDのリーディングメーカーです。詳しくは、(www.samsung.com)をご覧ください。

ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、イメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、32 ビット組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィック プロセッサ、セルライブラリ、高速インタフェース製品、組み込みメモリ、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※ARMはARM社の登録商標です。Connected Community、Cortex、MPCoreとNEONはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM Inc.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan Limited、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc、ARM Germany GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します。

<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261

テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981 FAX:03-5210-2005





Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set