Login

ARM Mali-400 MPが、各種コンシューマ機器にハイエンド・グラフィックス性能を提供

02 June 2008

マルチコア・グラフィックス・ソリューションの先駆的なスケーラビリティがもたらす劇的な変化

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)は、ARM® Mali™-400 MPスケーラブル・マルチプロセッサ・グラフィックス・ソリューションを発表しました。このソリューションは、最大で毎秒1Gピクセルの性能を提供し、ライセンシーは、アプリケーションに最適な消費電力、性能、実装面積を選択する自由を維持しつつ、同じアーキテクチャを使って複数の製品市場に対応することが可能となります。この先駆的なMali-400 MPアーキテクチャは、ソフトウェア環境の変更なしで、性能要求に応じた1~4個の任意数のフラグメントプロセッサをサポートできる画期的なスケーラビリティを提供するとともに、プラットフォームの断片化が開発者や機器メーカにもたらすコストを削減します。

米MultiMedia Intelligence社の共同設立者兼最高リサーチ責任者であるFrank Dickson氏は、次のように述べています。「ソフトウェア・コンポーネントやハードウェア・コンポーネントのアーキテクチャの再使用は、SoC開発者にとって重要性を増しつつあります。毎秒3億ピクセルから10億ピクセル以上に及ぶARM Mali-400 MP GPUのスケーラビリティにより、機器メーカは、同じ基本アーキテクチャを使って市場をリードする幅広い製品を提供し、総所有コストの削減と投資回収率の最大化を実現することができます。」

ARMのMali GPUファミリは、多機能型携帯電話から1080p対応の統合デジタル・テレビ(iDTV)まで、グラフィックス・アクセラレーションを活用する新しい製品市場を開拓します。セットトップ・ボックス市場でのMali GPUライセンシーにより、まもなく家庭で消費者が観るテレビ画面が劇的に変化することになるでしょう。

ARM Maliデベロッパー・リレーションズ・プログラム・パートナーであるTAT社のマーケティング担当副社長、Ola Larsén氏は、次のように述べています。「高品位(HD)画面が家庭に普及するにつれ、最大1Gピクセルのピクセル処理に対するニーズが高まっています。Maliテクノロジーのようなグラフィックス・アクセラレーションが標準となれば、セットトップ・ボックスのテレビのユーザ・インタフェースは一変することでしょう。」

Mali-400 MPソリューションは、システム帯域幅の縮小、性能の最適化、消費電力の削減を目的としてARM11™ MPCore、Cortex™-A9 MPCoreマルチコア・プロセッサに実装され、広く普及しているARM MPCore™テクノロジーで得た経験と知識に基づいています。

ARMのメディア・プロセシング部門マーケティング担当ディレクタであるMichael Dimelowは、次のように述べています。「消費者の注目を集めるため、コンシューマ・エレクトロニクス製品市場では、ますます闘いが激化しつつあります。これは、コンシューマ・エレクトロニクス機器において、グラフィックス・アクセラレーション機能が欠かせなくなることを意味しています。消費者は、モバイル機器でもデジタル・ホーム・エンタテイメント機器でも、コンテンツにアクセスする際には高度なグラフィックス表示を期待します。ARM Mali-400 MPグラフィックス・ソリューションにより、お客様には、スケーラブルなグラフィックス処理性能を、幅広い製品市場により経済的に導入していただくことが可能となります。」

消費電力と実装面積の効率性は、Mali-400 MP GPU設計のキーポイントです。Mali-400 MP GPUは、さまざまな価格と消費電力に合わせて性能を調節できるため、非常に幅広い市場に対応するほか、複数の機器に同じ1つのソフトウェア・スタックを利用することによる大幅なコスト節約を実現します。

現在、多様なハイエンド設計で実証されているように、ディスプレイを通じて消費者の注目を集めることのできるハードウェア・グラフィックス・アクセラレーションは、幅広いコンシューマ機器で求められています。Mali-400 MPソリューションのスケーラブルなマルチコア・グラフィックス処理設計は、高度なグラフィックス・アクセラレーションを、ディスプレイを持つすべての機器にもたらすことができると期待されています。

提供時期
ARM Mali-400 MP GPUはすでにライセンス提供可能です。ARM Maliグラフィックス・スタックの詳細は、http://www.arm.com/products/esd/multimediagraphics_home.html (英語版)をご覧ください。

ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、イメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、32 ビット組込みRISCマイクロプロセッサ、グラフィック プロセッサ、セルライブラリ、高速インタフェース製品、組み込みメモリ、ペリフェラル、開発ツールが含まれます。ARMは、総合的なデザインサービス、トレーニング、サポート、メンテナンスとARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※ARMはARM社の登録商標です。Mali、MPCore及びCortexはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM Inc.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan Limited、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc、ARM Germany GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します。


<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261

テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981 FAX:03-5210-2005





Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set