Login

ARM、モバイル・アプリケーション向けRealView Development Suite Professionalツールを発表

11 February 2008

シリコン完成前にソフトウェア設計を可能にするオールインワン開発ツール

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)は、2月11-14日にスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congressで、モバイル時代を動かす最新のARM®テクノロジー搭載プロセッサに対応し、4つの主要テクノロジーを装備したRealView® Development Suite 3.1 Professionalツールを発表しました。RealView Development Suite 3.1 Professionalは、Cortex™-A8プロセッサなど最新の高性能ARMプロセッサに対応するよう設計されているほか、NEON™メディア処理エンジン向けのベクトル化コンパイラにより、マルチメディア・アプリケーションの性能を標準的なCコードより200%以上高めることができます。

RealView Development Suite 3.1 Professionalは、業界をリードするRealView Development Suite、革新的なRealView Profiler、超高速リアルタイム・システム・モデル、最先端のNEONベクトル化コンパイラ技術という4つの主要RealViewテクノロジーを装備しています。

RealView Development Suite 3.1 Professionalは、RealView ESLツールと完全に統合するため、開発者は、アーキテクチャの検討から、システムオンチップ設計、システムの初期化、ハードウェアと仮想プラットフォームの導入まで、1つのツール・セットを使うことができます。また、高速リアルタイム・システム・モデルにより、シリコン入手前に完全なソフトウェア・システムを開発し、携帯電話の設計サイクルを最大6カ月も短縮できます。

ARMのシステムデザイン部門マーケティング担当副社長であるJohn Cornishは、次のように述べています。「モバイル分野の競争が激しくなるにつれ、機器メーカやシリコン・プロバイダは、製品化期間を短縮するソフトウェア・ツールを求めています。RealView Development Suite 3.1 Professionalは、ARMパートナーがARMプロセッサ技術を最大限に活用するのを助けるとともに、シリコンが提供されるかなり前からソフトウェアの開発と調整を可能にします。モバイル・システム設計を最適化する上で、競争に有利なスタートを切ることができます。」

米On2 Technologies社のエンベデッド・ソリューションズ部門ジェネラルマネージャであるMika Hakala氏は、次のように述べています。「ARM RealView Development Suite Professionalにより、On2は、シリコン・ベンダからハードウェアを入手しなくても、市場をリードするビデオ・ソフトウェア・コーデックをNEONテクノロジーに合わせて開発することができました。この方法であれば、シリコン・ベンダがハードウェア・プラットフォームを提供するのと同時に、最適化したソリューションを提供することができます。」

米テキサス・インスツルメンツ社のストラテジック・マーケティング担当ワールドワイド・ディレクタであるAvner Goren氏は、次のように述べています。「ベクトル化コンパイラを内蔵したARM RealView Development Suite Professionalにより、当社のOMAP™ 3プラットフォームを利用するお客様もサードパーティの開発者も、高性能なCortex-A8プロセッサとNEONメディア処理エンジンを最大限に活用することができます。OMAP 3アプリケーション・プロセッサが、マルチメディアを駆使する非常に魅力的なアプリケーションを実現することにより、携帯電話メーカは市場で自社を差別化し、ユーザを次世代機器とサービスに引きつけることができます。」

英シンビアン社のエコシステム・デベロップメント担当副社長であるMike Whittingham氏は、次のように述べています。「シンビアンは、RealView Development Suite 3.1 Professionalの主要ツールを使い、Symbian OSが次世代ARMプロセッサを最大限に活用できるようになることを楽しみにしています。全世界のシンビアンのエコシステムに向けて、最新の技術と魅力的な開発経験をお届けするべく、今後もARMと協力を続けていきます。」

モバイル・アプリケーションに最適化した性能
RealView Development Suite 3.1 Professionalツールには、最新のNEON SIMDユニットを組み込んだCortex-A8プロセッサのリアルタイム・システム・モデルが含まれます。この超高速モデルの性能は、標準的なホストPCにおいて200MHz以上で動作するシリコンに匹敵します。これは、シリコン完成前にモバイル・アプリケーションを開発するために最適なツールです。またソフトウェア開発者は、RealView Profilerの提供するサイクル・タイミングにより、性能のボトルネックを綿密に理解し、ターゲット・ハードウェアが完成する何カ月も前にアプリケーションを最適化することができます。

RealView Profilerの統合は、ユーザのシステム(ソース・コード)に何ら影響を与えずに解析することを可能にし、高度に最適化したシステムを実現します。ソフトウェア開発者は、既存のアプリケーションにRealView Profilerを使用することにより、わずか数時間で性能を30%向上させると同時に、ROMサイズを30%も縮小できました。また、コード・カバレッジの解析により、ソフトウェアのクオリティと信頼性の向上も可能です。

最先端のNEONベクトル化コンパイラは、ソフトウェアの開発において、標準的なISO C、ISO C++コードを使ってNEONの高度なSIMDメディア処理拡張の利用を可能にします。これは各カーネルの性能を最大400%、メディア・アプリケーション全体の性能を200%以上高めます。


将来の携帯電話に対応するソフトウェアの設計
RealView Development Suite 3.1 Professionalは、モバイル開発者にとって、製品化期間を短縮する便利なオールインワン・ソリューションです。このツール群は、ARMプロセッサをベースとした複雑なSoC向けのソフトウェア設計を可能にし、プラットフォームOSとRTOSのサポート、シミュレーション機能、デバッグ機能、そしてARM926EJ-S™、ARM1136JF-S™、ARM1176JZF-S™のほか、高性能なCortex-A8プロセッサなどのデバイスに対する認識機能も備えています。RealView Development Suite 3.1 Professionalツールは、Faraday FA626TEプロセッサもサポートしています。

提供時期
RealView Development Suite 3.1 Professional toolsは、http://www.arm.com/products/DevTools/pricing-devtools.html(英語)より、2月末から提供を開始する予定です。販売代理店についての詳細は以下をご覧ください。
http://www.arm.com/products/DevTools/realview_distributors.html(英語)
http://www.jp.arm.com/contact_us/index.html(日本語:開発ツールのご購入に関するお問い合わせ)

ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、イメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、16/32 ビット組込みRISC マイクロプロセッサ、データエンジン、グラフィック プロセッサ、デジタルライブラリ、組み込みメモリ、ペリフェラル、ソフトウェア、開発ツールならびにアナログ機能や高速インタフェース製品が含まれます。ARMは、ARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※ARMとRealViewはARM社の登録商標です。Cortex、NEON、ARM926EJ-S、ARM1136JF-Sと ARM1176JZF-SはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM Inc.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan Limited、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc、ARM Germany GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します。

<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261

テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981     FAX:03-5210-2005




Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set