Login

ARM、スケーラブルな性能と低消費電力を備えた設計を実現するCortex-A9プロセッサを発表

03 October 2007

合計8000 DMIPS以上の性能とモバイル・レベルの電力効率を幅広いアプリケーションに提供する、完全に合成可能なシングル/マルチコア・プロセッサ

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)は、米国カリフォルニア州サンタクララにて開催中の第4回 ARM® Developers’ Conferenceで、非常に高い性能と優れた電力効率を必要とするデバイスに適した新しいCortex™-A9プロセッサを発表しました。このARM Cortex-A9 MPCore™マルチコア・プロセッサとARM Cortex-A9シングルコア・プロセッサは、厳しい電力制約下で卓越した性能を提供するもので、携帯電話や、コネクテッド・モバイル・コンピュータ、コンシューマ機器、車載インフォテイメント機器、ネットワーキング機器、その他の組み込み/企業用機器など、多くの革新的な製品に向けて卓越した機能を実現します。

またARMは、NECエレクトロニクス株式会社、米NVIDIA社、韓サムスン電子社、伊仏合併STマイクロエレクトロニクス社、米テキサス・インスツルメンツ社など、複数のパートナーが既にCortex-A9プロセッサを採用したと発表しました。

新しいCortex-A9プロセッサは、Cortexファミリの他のプロセッサや人気の高いARM MPCoreテクノロジーと互換性を持ち、同様にOS、RTOS、ミドルウェア、アプリケーションの充実したエコシステムを生かすことで、新しいプロセッサの導入に伴うコストを抑えます。

Cortex-A9プロセッサは、主要なマイクロアーキテクチャの進化によって高いスケーラビリティと電力効率を実現した最初のコアです。Cortex-A9プロセッサは、投機的アウトオブオーダ実行、複数命令発行の8段からの可変長スーパースカラパイプラインを持ち、サイクル当たり最大4つの命令を実行できます。また、1GHz以上で動作するデバイスで使用した場合でも現在主流の8段パイプライン・プロセッサよりコストが低く、効率性に優れています。

ARM MPCoreテクノロジー
広く採用されているARM MPCoreテクノロジーは、優れた性能拡張性をもち、またモバイル機器の厳しい消費電力制限内でも消費電力制御により、現在の同クラスの高性能機器を上回る性能を提供します。MPCoreテクノロジーは、NECエレクトロニクス株式会社、米NVIDIA社、株式会社ルネサス・テクノロジ、米Sarnoff社など10社以上が既にライセンスを取得し、2005年からシリコンが製造されています。

Cortex-A9 MPCoreマルチコア・プロセッサは、この技術をさらに最適化し、拡張することにより、次世代のMPCoreテクノロジーを多くの新しいアプリケーション市場に提供するべく開発されました。また、Cortex-A9 MPCoreプロセッサは、容易なマルチコア・ソリューションの適用と普及のため、アクセラレータやDMAなどとシステム・レベルでのコヒーレンシを実現し、性能向上と消費電力削減をさらに促進します。

Cortex-A9シングルコア・プロセッサは、携帯電話やその他の低コストの組み込み機器など、高性能でコスト重視型のアプリケーションの設計移行を簡単にし、製品化期間を短縮するために開発されました。各プロセッサは、ARM Advantage™のスタンダード・セルとメモリに対応し、従来の汎用性の高い合成可能フローに対応するとともに、従来のARM11ファミリ・プロセッサと同程度のシリコン・コストと消費電力で高い電力効率を提供します。

市場調査会社、米IDC社の半導体部門副社長であるMario Morales氏は、次のように述べています。「ARMは、ARM Cortex-A9マイクロプロセッサの発表とともに、Cortexファミリによってモバイル機器やバッテリ電源機器向けプロセッサの水準を上げ続けています。新しいプロセッサ・オプションには、Cortexファミリのマルチコア・サポートが含まれます。これは、性能と消費電力の範囲を広げ、拡張性と機能の点で機器メーカが次世代機器の条件を満たすのに役立つと期待されます。またARM Cortex-A9プロセッサは、システム・レベルの性能と低消費電力に重点を置くことにより、サービスや機器の統合を可能にするマルチコア・アーキテクチャに対する需要の高まりにも対応します。」

ARMのセールス&マーケティング担当執行副社長であるMike Inglisは、次のように述べています。「ARMテクノロジーは、スマートフォン、接続機能を備えたモバイル・コンピュータ、コンシューマ機器など、幅広いアプリケーションにおいて消費者の高いニーズに応える画期的な製品の中核を成しています。2005年、当社はCortex-A8プロセッサを発表し、大きな成功を収めました。このプロセッサは、複数のパートナーに採用され、2007~2008年以降、多様な分野の革新的な最終製品に対応します。2007年、ARMはCortex-A9プロセッサの発表によってさらに前進します。Cortex-A9プロセッサは、効率的でコスト重視のシングルプロセッサ実装と高性能なマルチコア実装により、2009~2010年に最終製品のさらなる革新を可能にするでしょう。この新しいテクノロジーにより、ARMパートナーは、新しい接続型モバイル・コンピューティング市場を含め、複数のアプリケーションで優位性を維持できることになります。」

Cortex-A9プロセッサの利点
Cortex-A9プロセッサは、合計8000以上のDMIPSを提供し、高性能、コンシューマ、企業用アプリケーションの厳しい条件を満たす初の論理合成可能ARMプロセッサです。また、250mWという厳しく限られた消費電力で実装した場合、現在のハンドセットより大幅に高い性能を提供します。TSMC 65ナノメートル(nm)汎用プロセスで2000 DMIPSの性能を提供する設計の場合、コア・ロジックは1.5 mm2未満のシリコンしか占有しません。2000~8000 DMIPSに拡張する性能は、現在のハイエンド携帯電話やセットトップ・ボックスの4~16倍に相当し、エンド・ユーザにとっては、複雑なマルチメディア対応Webページを一瞬で表示させてWeb 2.0アプリケーションを最大限に活用したり、写真のようにリアルなグラフィックスやゲームを楽しんだりするほか、複雑な添付ファイルを迅速に開き、メディア・ファイルを編集することも可能となります。

Cortex-A9 MPCoreプロセッサは、Cortexアプリケーションクラスアーキテクチャとマルチプロセシング機能を組み合わせ、スケーラブルな性能を提供するARM初のプロセッサです。また、以下の高度なマルチコア技術を搭載しています。
  • システム性能を高め、システム消費電力を引き下げるアクセラレータ・コヒーレンス・ポート(ACP) 
  •  高帯域幅デバイスで低いレイテンシを提供するアドバンスト・バス・インタフェース・ユニット
  • 割り込みを仮想化し、ハードウェアを使ったセキュリティ・ソリューションや高度な準仮想化(パラバーチャライゼーション)ソリューションを実現するMulticore TrustZone®テクノロジー
  • ソフトウェアの移植を容易にし、マルチコア通信を最適化する汎用割り込みコントローラ(GIC)
Cortex-A9 MPCoreマルチコア・プロセッサは、業界主導型のEEMBC(Embedded Microprocessor Benchmark Consortium)が開発したマルチコア・ベンチマーク測定フレームワークでの各種のベンチマークでほぼ直線状の性能向上を示し、プロセッサ・ユニットを追加すればシングルコア・プロセッサの最大4倍の性能を提供します。

総合的なシステム・ソリューション
どちらのARM Cortex-A9プロセッサも、DSP拡張、SIMD拡張、Jazelle®テクノロジー、TrustZone®、インテリジェント・エネルギー・マネージャ(IEM™)テクノロジーなど、ARMの特定アプリケーション向けアーキテクチャ拡張機能を搭載しています。またARMは、設計と製品化にかかる時間を短縮するため、新しいプロセッサをサポートする多様な技術を開発しました。この総合的なシステム・ソリューションは、以下で構成されます。
  • 浮動小数点ユニット(FPU): Cortex-A9のFPUは、高性能な単精度と倍精度の浮動小数点命令を高性能で実行します。
  • メディア処理: Cortex-A9 NEON メディア処理エンジン(MPE)は、Cortex-A9 FPUの性能および機能性に加え、Cortex-A8プロセッサに初めて導入されたARM NEON SIMD命令セットにより、メディア処理および信号処理機能を高速実行します。
  • フィジカルIP: Cortex-A9プロセッサの低消費電力実装と高性能実装に必要な幅広いスタンダード・セル・ライブラリ、メモリを提供します。スタンダード・セルには、クロック・ゲーティング、複数の電圧アイランド、パワー・ゲーティングなどの手法で、動的電力とリーク電力の削減を可能にする電力管理キットが含まれます。高度な消費電力削減機能を備えたメモリ・コンパイラも提供されています。
  • ファブリックIP: Cortex-A9プロセッサは、ダイナミック・メモリ・コントローラ、スタティック・メモリ・コントローラ、AMBA® 3 AXIコンフィギャブル・インタコネクト、最適化されたL2キャッシュ・コントローラなど、高い動作周波数におけるCortex-A9プロセッサの性能とスループットに対応する総合的なPrimeCell®ファブリックIPコンポーネント群でサポートされています。
  • グラフィックス・アクセラレーション: SoCパートナーは、ARM Mali™グラフィックス処理ユニットとCortex-A9プロセッサの組み合わせにより、高度に集積されたシステム・レベルのソリューションを開発し、サイズ、性能、システム帯域幅の点で大きな利点を提供することが可能となります。 
  •  システム設計: ARM RealView® SoC Designerツールは、アーキテクチャの迅速な最適化と性能解析を可能にします。また、ハードウェアが完成するはるか以前から、ソフトウェア・ドライバやタイミングの重要なコードの開発を可能にします。RealView System Generatorツールは、Cortex-A9プロセッサ・ベースの仮想プラットフォームを導入するための超高速モデリング機能を提供します。RealViewツールで使用するCortex-A9プロセッサのサイクル・ベース・モデルとプログラマ・ビュー・モデルは、2008年第2四半期に提供を開始します。
  • デバッグ: ARM CoreSight™オンチップ・テクノロジーは、複雑なデバッグを高速で実行し、製品化期間を短縮します。Program Trace Macrocellテクノロジーは、プログラムフローのトレース機能により、プロセッサの命令フローの全面的な視認を可能にします。さらに、ARMv7アーキテクチャ対応デバッグ・インタフェースの実装により、ツールの標準化とデバッグ性能の向上を実現します。Cortex-A9プロセッサ対応Coresightデザイン・キットは、デバッグ/トレース機能の及ぶ範囲を、複数のARMプロセッサ、DSP、インテリジェント・ペリフェラルを含むシステムオンチップ全体にまで拡大します。
  • ソフトウェア開発: ARM RealView Development Suiteは、Cortex-A9プロセッサ向けの卓越した性能と比類のないコード密度を実現する高度なコード生成ツールを含んでいます。 このツール群は、NEONメディア/信号処理拡張機能を提供するベクトル化コンパイラも備えているため、開発者は独立したDSPを使わず、製品コストとプロジェクト・コストを削減することができます。RealView ICE、RealView Trace製品では、高度なクロス・トリガをはじめ、Cortex-A9 MPCoreマルチコア・プロセッサのデバッグ機能がサポートされています。Cortex-A9プロセッサは、FPGAを使ったシステムのプロトタイプ作成やソフトウェア開発に対応する幅広いハードウェア開発ボードにもサポートされています。

提供時期
ARM Cortex-A9シングルコア、ARM Cortex-A9 MPCoreプロセッサは、それに対応するテクノロジーとともに、すでにライセンス供与可能です。


パートナー各社のコメント

NECエレクトロニクス株式会社
NECエレクトロニクス株式会社執行役員の福間雅夫氏は次のように述べています。「NECエレクトロニクスは、以前よりARMコアのライセンシーとして、数多くのARM7、ARM9、ARM11搭載ソリューションを市場に提供して参りました。さらに、2003年にはマルチプロセッシング技術の分野で戦略パートナーシップを締結しARM11 MPCoreを共同開発。このコアを搭載した最新の高性能低消費電力ソリューションとして、車載マルチメディア端末向けASSP「ナビエンジン」も市場投入致しました。そして今回もまた戦略パートナーシップのもとで、ARM社の次世代マルチコアであるCoretex-A9 MPCoreを共同開発できることを非常にうれしく思います。Coretex-A9 MPCoreが実現する高いプロセッサ性能を、さらなる高性能化に対応した家庭用機器、車載マルチメディア機器、モバイル機器向けの半導体製品に活かして行きたいと思っています。」

韓サムスン電子社
韓国サムスン電子社の半導体事業システムLSI部門のマーケティング副社長であるYiwan Wong氏は、次のように述べています。「サムスンは長年にわたり、ARMから市場で最先端のモバイル技術のライセンスを取得することで競争の優位に立ち、お客様を支えています。当社は、接続型モバイル・コンピューティング市場における今後の成長を見越し、ARMの新しいマルチプロセシング・ソリューション、すなわちCortex-A9プロセッサが、当社が業界の先頭に立ち、市場のトレンドを決定づけるような最先端の機器を設計するために必要な利点を与えてくれると信じています。ARMのCortex-A9 MPCoreプロセッサには、24時間接続型のモバイル・コンピューティングに対応する卓越した新製品を実現するための柔軟性と低消費電力を期待します。」

米NVIDIA社
米NVIDIA社のモバイル・ビジネス担当ジェネラル・マネージャであるMichael Rayfield氏は、次のように述べています。「携帯電話は、極端に個人向けのコンピュータへと急速に進化しつつあります。当社は、ARMのCortex-A9マルチコア・プロセッサ技術により、機能豊富で低消費電力の革新的なアプリケーション・プロセッサを提供し、このモバイル・コンピュータ革命にかける情熱を実証することになるでしょう。」

伊仏合併STマイクロエレクトロニクス社
STは、ARM Cortex-A9プロセッサを同社の充実したモバイル技術群に加え、幅広いパーソナル・マルチメディア製品に導入することを決定しました。伊仏合併STマイクロエレクトロニクス社のアプリケーション・プロセッサ部門ジェネラル・マネージャであるJyrki Hannikainen氏は、次のように述べています。「携帯電話とポータブル・マルチメディア機器の次の波は、胸躍るような新機能によってますます高度な使用に対応していくと思われます。このような新機能には、Webコンテンツ、モバイル・ゲーム、ビデオ・オンザゴー、地図サービス、デジカメクラスの画像処理などのメディアを管理するための非常に高い処理性能が必要です。ARMのCortex-A9プロセッサとSTの最先端のモバイル・マルチメディア・プラットフォームを組み合わせることにより、STは今後も、高性能で低消費電力の魅力的なチップセットとプラットフォームを市場に提供していきたいと思います。」

米テキサス・インスツルメンツ社
米テキサス・インスツルメンツ社のストラテジック・マーケティング担当副社長であるMark Denissen氏は、次のように述べています。「ARMの新しいCortex-A9プロセッサのライセンスを取得し、ARMのリード・パートナーとして15年に及ぶ関係をさらに延長することをうれしく思います。市場が進化するにつれ、より高い性能、論理合成可能コアだけでなく、性能と消費電力の拡張性を提供するマルチプロセシング・オプションに対するニーズが生まれると予想されます。これらはすべて、当社と当社のお客様にとって非常に重要な要素です。現在、テキサス・インスツルメンツは、マルチコア技術を使った新しいデバイスの性能要件を満たしており、Cortex-A9 MPCoreの発表とともに、さらにこのロードマップを進めていきます。ARMの最新の技術と、マルチコアに関する当社の専門知識の組み合わせにより、お客様には、革新を起こし、さまざまな市場にすばらしい新製品を投入するための最適なツールを手にしていただけることと思います。」


サードパーティ各社のコメント

米ケイデンス社
米ケイデンス社のプロダクト・マーケティング副社長であるMike McAweeney氏は、次のように述べています。「新しいARM Cortex-A9プロセッサの登場は、組み込みコンピューティングの世界における画期的な出来事です。当社は、ARMとの多年にわたる協力を続ける機会を歓迎し、既存のすべてのARMプロセッサに対して提供しているのと同様、新しいプロセッサについても充実した実装と検証のサポートを提供することで、近い将来、両社共通のお客様に利益をもたらしていきます。」

イーソル株式会社
イーソル株式会社の取締役エンベデッドプロダクツ事業部長である上山 伸幸氏は、次のように述べています。「ARMから発表されたARM Cortex-A9は、カーマルチメディア、ネットワーク、モバイル機器などの最先端のシステム開発者に対し、高性能なソリューションとなるでしょう。イーソルのリアルタイムOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」と開発環境「eBinder」は、既にARM11 MPCoreプロセッサをサポート済みですが、今後このサポートをCortex-A9に広げていきます。」

米Express Logic社
米Express Logic社のCEO(最高経営責任者)兼社長であるWilliam E Lamie氏は、次のように述べています。「ARM Cortex-A9は、コンシューマ機器向けのARMのマルチプロセシング製品群に新たに加わった高性能でスケーラブルなプロセッサです。当社のThreadX RTOSは、5億個以上の機器に搭載され、各種ARMプロセッサの処理性能を生かすコスト効果の高いソリューションをシステム設計者に提供し続けています。」

米グリーン・ヒルズ・ソフトウェア社
米グリーン・ヒルズ・ソフトウェア社の最高技術責任者(CTO)であるDavid Kleidermacher氏は、次のように述べています。「ARMのCortex-A9マルチコア・スーパースカラ・プロセッサは、現代のコンシューマ機器ユーザの求める高性能を提供することになるでしょう。当社は、ARMと緊密に協力し、Cortexプロセッサ・ファミリにGreen Hills INTEGRITY RTOSおよびMulti開発ツールを提供することで、ARMプロセッサ搭載デバイスを開発するシステム設計者の製品化期間を短縮します。」

独ローターバッハ社
独ローターバッハ社のジェネラル・マネージャであるStephan Lauterbach氏は、次のように述べています。「ハイエンドのコンシューマ機器に適したARMのスーパースカラ・アウトオブオーダ・ソリューションは、従来は達成しえなかった性能をエンド・ユーザにもたらします。当社は、CoreSightデバッグ・テクノロジーおよびCortex-A9マルチプロセッサに対応するPowerDebug、PowerTrace開発ツールを提供し、開発者の設計ニーズを確実に満たすことができるよう、ARMと緊密に協力しています。」

米メンター・グラフィックス社
米メンター・グラフィックス社のエンベデッド・システム部門ジェネラル・マネージャであるNeil Henderson氏は、次のように述べています。「ARMのCortex-A9マルチコア・プロセッサは、消費電力を最小限に抑えつつ、ますます性能レベルを高めつつあるコンシューマ機器のニーズに対応しています。メンターは、Nucleus OSのライセンシがARM Cortexプロセッサ・ファミリの利点を最大限に生かし、製品化期間を短縮できるよう、ARMと緊密に協力しています。」

米モンタビスタ・ソフトウェア社
米モンタビスタ・ソフトウェア社の最高技術責任者(CTO)であり設立者であるJim Ready氏は、次のように述べています。「ARMとモンタビスタの製品は、現在、世界中の何百万ものモバイル機器に搭載されています。当社は現在、マルチプロセッサ・プロセッサに対応しており、ARMv7およびCortexシリーズのインテリジェント・プロセッサにも確実に対応するつもりです。モンタビスタのLinuxとCortex-A9は、Linuxベースの携帯電話、その他のモバイル機器に新しい可能性をもたらすことになるでしょう。」

加QNXソフトウェア・システムズ社
カナダのQNXソフトウェア・システムズの戦略提携担当ディレクタであるLinda Campbell氏は、次のように述べています。「マルチコア・プロセッサ用組み込みオペレーティング・システムおよびツールの大手サプライヤであるQNXは、ARMのスケーラブルな最新マルチコア・テクノロジーの発表を歓迎します。この発表は、マルチコアの価値を組み込み市場にもたらすARMのリーダーシップを裏付けています。」

米マグマ・デザイン・オートメーション社
米マグマ社のデザイン・インプリメンテーション・ビジネス・ユニット担当ジェネラル・マネージャ兼副社長であるKam Kittrell氏は、次のように述べています。「Cortex™-A9のような高性能なARM®マルチコア・プロセッサを実装するには、RTLからGDSIIまで完全に統合されたインプリメンテーション・リファレンス・メソドロジ(iRM)を使い、最適化と解析の緊密な統合を通じて消費電力、性能、実装面積に対応する必要があります。ARMとマグマは長年にわたって協力し、大手SoCメーカにおいて、複数のARMプロセッサに対応する高度なiRMを提供してきました。ARMは、Cortex-A9プロセッサのリリースにより、マルチコア処理のレベルを大きく押し上げ、組み込みコンピューティングの世界に大きな影響を与えました。Cortex-A9の過去にない性能と電力管理機能、そしてCortexとARM11™ MPCore™プロセッサ・ファミリにおいて実証されたマグマのiRM技術は、両社共通のお客様が最新のワイヤレス機器、ハンドヘルド・マルチメディア機器、車載機器を市場化する上で明確な利点をもたらします。Cortex-A9のサポートに対するマグマの取り組みは、次世代のTalus® IC実装プラットフォームをベースとしたiRMの共同開発によってさらに強調されています。このiRMは、設計を根本的に進化させ、設計サイクルを劇的に短縮することになるでしょう。」

英シンビアン社
英シンビアン社のマーケティング担当執行副社長であるJørgen Behrens氏は、次のように述べています。「Symbian OSとARM Cortex-A9は、モバイル機器の消費電力とメモリにおける制約を尊重しつつ、24時間接続に対応する高度なマルチメディア機器の提供を可能にします。シンビアンとARMは、多数の機能を統合した高性能機器の開発において緊密に協力しており、両社の沿革を見れば、Symbian OSがすべてのARMプロセッサ・アーキテクチャに対応していることがわかります。Cortex-A9のマルチプロセッサ・バリアントは、対称マルチプロセシングにより、さらに高い性能と電力効率をシンビアンのスマートフォンにもたらすと期待されます。」

米シノプシス社
米シノプシス社のマーケティング&ストラテジック・デベロップメント担当上席副社長であるJohn Chilton氏は、次のように述べています。「次世代の接続型モバイル機器は、高い処理性能に加え、非常に低い消費電力を必要とします。ARMとシノプシスは、Cortex-A9プロセッサを使用する両社共通のお客様に設計上の目標を達成していただくため、Design Compiler®ウルトラ・トポグラフィカル技術とICコンパイラ配置配線ソリューションを含む最新のGalaxy™デザイン・プラットフォーム実装技術、そしてARMとシノプシス共著の『Low Power Methodology Manual』に記載されている高度な電力管理手法の普及において協力しています。これに、ARM11 MPCoreプロセッサ対応のインプリメンテーション・リファレンス・メソドロジ(iRM)の開発で共に得たマルチプロセッサ実装における経験を加えることにより、ARMとシノプシスの新しいCortex-A9対応iRMは、Cortex-A9プロセッサ搭載SoCにとって最も予測可能で低リスクの実装ソリューションを提供すると期待されます。」



ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、イメージング、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、16/32 ビット組込みRISC マイクロプロセッサ、データエンジン、グラフィック プロセッサ、デジタルライブラリ、組み込みメモリ、ペリフェラル、ソフトウェア、開発ツールならびにアナログ機能や高速インタフェース製品が含まれます。 ARM は、ARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※ARM、TrustZone、RealView、PrimeCell、AMBAとJazelleはARM社の登録商標です。Cortex、MPCore、ARM11、CoreSight、IEM、Advantage、AXIとNEONはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM INC.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc、ARM Germany GmbH、 ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します。




<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261

テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981     FAX:03-5210-2005