Login

ミクロナス、ARMのMali200グラフィックス・プロセッサを次世代テレビ/セットトップ・ボックス・チップセット設計に採用

13 February 2007

テレビ・エンタテイメント分野最大手のシリコン・ベンダが、組み込みテレビ/STBアプリケーション向けにMali200グラフィックス・プロセッサのライセンスを取得

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)と、ミクロナス社(本社:スイス・チューリッヒ)の米国法人Micronas USA社は、現地時間の2月13日、ドイツ・ニュルンベルクで開催されたEmbedded Worldで、ミクロナス・グループが、ホーム・エンタテイメント/マルチメディア・アプリケーション向けの次世代IPTVチップセット設計に採用するため、ARM® Mali200™グラフィックス・プロセッサのライセンスを取得したと発表しました。スイス・チューリッヒに本社を置くミクロナスは、コンシューマ・エレクトロニクス向けの革新的なASIC(特定アプリケーション向け集積回路)システム・ソリューションを提供する大手サプライヤです。今回の契約により、ミクロナスは、コンシューマ・エレクトロニクス市場向けのグラフィックス関連製品に多様なARM搭載ソリューションを組み込むことができます。そしてミクロナスの顧客企業は、最先端のシステム設計を可能とするとともに、製品化期間を短縮できます。

ARM Connected Communityのメンバーであるミクロナスは、未来のホーム・エンタテイメントに対応する映像処理技術と高度なコーデックを使用したデコード機能を備えた包括的な製品群を確立しています。ミクロナスは、ARM Mali200プロセッサをベースとしたソリューションを2008年より提供する予定です。

Micronas USAのストラテジック・マーケティング担当ディレクタであるKeri Waters氏は、次のように述べています。「ARMとの戦略提携により、ミクロナスは、ホーム・エンタテイメント業界のお客様のニーズに合わせてカスタマイズできるスケーラブルなソリューションを市場化することができます。今回の新しい契約の目的は、低消費電力と低メモリ帯域幅要求を損なうことなく、総合的なソフトウェア・ソリューションとハイエンド・グラフィックス技術を組み合わせたコスト効果の高い優れた製品を提供することです。」

現在のモバイル/コンシューマ機器は、複雑なグラフィカル・ユーザ・インタフェースを備え、多くのゲーム機能を内蔵しています。このため、より高い機能性と性能を必要とする一方、やはり低消費電力、低メモリ帯域幅、低コストも要求します。ARMのMali™グラフィックスIPプロセッサ・ファミリは、QVGA解像度からHDTV解像度まで、高性能な2D/3Dグラフィックスに対するモバイル/車載/家庭用機器市場のニーズに応えるよう設計されています。ARM Mali製品は、携帯電話メーカやPDAメーカに製品を提供するシステム・インテグレータやシステムオンチップ(SoC)ベンダ、モバイル・ゲーム・コンソール・ベンダ、車載インフォテイメント・システム・メーカによって、すなわち高度なグラフィックス機能を必要とするすべての分野においてエンドユーザ機器に組み込まれます。

ARMのグラフィックス・ビジネス・ディベロップメント・マネージャであるBorgar Ljoslandは、次のように述べています。「ARMは、ストリーミング・メディア分野最大手のミクロナスと協力することをうれしく思います。ミクロナスはARM Maliテクノロジーの採用により、ARMのパートナー・エコシステムを強化することになります。ARMは、SoCパートナーと協力し、マルチメディアを多用する組み込みアプリケーションに適した高集積度で電力効率の高いOpenGL ES 2.0対応ソリューションの実現を目指しています。」

ミクロナス社の概要
ミクロナス社(SWXスイス証券取引所:MASN)は、国際的に事業を展開する半導体設計/製造会社であるとともに、コンシューマ機器や車載機器に最先端のICおよびセンサー・システム・ソリューションを提供する大手サプライヤです。また、革新的なグローバル・テレビ・システム・ソリューションにおける市場リーダーとしての知識を生かし、音声/映像コンテンツのデジタル化によって生まれる新しい市場にも参入しています。ミクロナスは、世界のすべての大手コンシューマ・ブランドに製品を提供し、それらの多くと提携関係を継続することによって共同での成功を目指しています。持ち株会社の本社はチューリッヒ(スイス)、業務本社はフライブルク(ドイツ)にあります。現在、ミクロナス・グループの従業員は約2,200人です。2006年には、8億1,300万スイスフラン/6億4,800万米ドル/5億1,500万ユーロの売上高を計上しました。ミクロナス社と製品に関する詳細は、www.micronasusa.com、またはwww.micronas.comをご覧ください。

ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、画像、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、16/32 ビット組込みRISC マイクロプロセッサ、データエンジン、グラフィック プロセッサ、デジタルライブラリ、組み込みメモリ、ペリフェラル、ソフトウェア、開発ツールならびにアナログ機能や高速インタフェース製品が含まれます。 ARM は、ARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

ARM Connected Community概要
ARM Connected Communityは、約350の企業からなる世界的なネットワークで、ARMアーキテクチャベースの製品を開発するために必要な、システム設計から量産および消費までをカバーした完全なソリューションを提供しています。ARMは、販売促進プログラムや、お客様によりよいソリューションを提供するためのメンバー間のネットワーキングの機会など、さまざまなマーケティングプログラムを提供しています。ARM Connected Communityについて詳しくはWebサイトをご覧ください。http://www.arm.com/community  

※ARMとARM PoweredはARM社の登録商標です。Maliと Mali200はARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM INC.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc、AXYS GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.、ARM Physical IP, Inc. およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します。



<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261


テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981     FAX:03-5210-2005