Login

ARM Cortex-A8 Processor Provides Industry Leading Performance in TI OMAP3430

12 February 2007

テキサス・インスツルメンツのOMAP3430プロセッサが、3GSM World Congressで、低消費電力で高性能のマルチメディア、Webブラウジング、ゲーム実現の可能性を実証

英ARM社(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:横浜市港北区、代表取締役社長:西嶋貴史、以下ARM)は、ARM® Cortex™-A8プロセッサを統合した米テキサス・インスツルメンツ社(以下TI)のOMAP™3430プロセッサが卓越した性能を発揮したと発表しました。OMAP3430プラットフォームでは、高度なWebブラウジング、高品位(HD)映像、最先端のJava™マルチメディア、3Dゲームが主役となり、高電力効率で高性能のモバイル機器の可能性を最大限に実現します。OMAP3430プロセッサの性能は、2月12~15日、スペイン・バルセロナで開催された3GSM World CongressのTIブース(8A84番)で一般に公開されました。

TIのワイヤレス・ターミナルズ製品事業部、セルラー・システム・ソリューション担当バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャであるAlain Mutricy氏は、次のように述べています。「Cortex-A8プロセッサの開発における当社とARMの協力は、OMAP 3プラットフォームの進化に重要な役割を果たしました。今回は、OMAP 3アーキテクチャの拡張性を実証するため、TIの低消費電力の65ナノメートル(nm)テクノロジーで最大1GHzの速度で動作するARM Cortex-A8プロセッサを実装しました。この画期的なデモンストレーションで、将来のワイヤレス技術が可能にするものを垣間見ていただけると思います。」

Cortex-A8は、次世代のARMv7アーキテクチャをベースとした初のアプリケーション・プロセッサとして、次世代の高度なマルチメディア/ゲーム・モバイル・プラットフォームをターゲットとし、TrustZone®テクノロジー、Thumb®-2命令セット、Jazelle®-RCTテクノロジー、ARMの高性能なNEON™信号処理拡張を備えています。

Cortex-A8プロセッサの卓越した動作速度と電力効率により、業界で初めて、低コストの量産製品がデスクトップ・レベルの性能を持つことになります。OMAP3430アプリケーション・プロセッサの一部となったCortex-A8プロセッサのクロック周波数、性能効率、NEONテクノロジー搭載ARMv7アーキテクチャの組み合わせは、現在、最高性能のハンドセットの3倍の性能を実現します。このためTIは、低消費電力の65ナノメートル(nm)テクノロジーで最大1GHzのクロック速度を披露することができました。この性能レベルは、新しいクラスのコンシューマ機器、接続機器を実現します。

ARMのセールス&マーケティング担当執行副社長であるMike Inglisは、次のように述べています。「デジタル・エンターテイメント技術とモバイル通信技術が急速に統合されつつある現在、高性能で低消費電力のARM Cortex-A8プロセッサとTIのOMAP 3プラットフォームの組み合わせにより、この接続の進んだ世界における可能性が大きく広がります。Cortex-A8プロセッサの性能が実証されたこと、そしてテキサス・インスツルメンツとのパートナーシップが成功に至ったことを非常にうれしく思っています。」

Cortex-A8プロセッサは、スーパースカラ・パイプラインと高度な分岐予測を生かし、1GHzのクロック速度で2000 DMIPS以上の性能を発揮します。このプロセッサに採用されているARM NEON 64/128ビットSIMDマルチメディア・テクノロジー、そして性能に最適化したレベル1キャッシュ、サイズ設定可能な密結合レベル2キャッシュは、次世代機器における高スループットの高度なメディア/ゲーム処理を実現します。

TIの3G&OMAPビジネス担当ワールドワイド・ジェネラル・マネージャであるRichard Kerslake氏は、次のように述べています。「ARM Cortex-A8プロセッサは、大幅に高い性能により、ユーザの使い心地を明らかに快適にします。そしてOMAP3430プラットフォームは、性能をレベルアップさせるだけでなく、アプリケーション起動時間の短縮、タッチスクリーンの敏速な反応を可能にし、高度なゲーム/Webブラウジング機能をサポートします。」

Cortex-A8プロセッサは、2005年末に一般にライセンス提供を開始しました。TIは、2006年の3GSMでOMAP 3プラットフォームとOMAP3430プロセッサを発表し、現在、サンプルを提供中です。今回の発表により、Cortex-A8プロセッサとTIのOMAP 3アーキテクチャ搭載シリコンの性能が初めて一般に公開されることになりました。

ARMは、Cortex-A8プロセッサについて既に8件のライセンス契約を結び、大手EDAベンダ、オペレーティング・システム・ベンダの将来的なサポートを確保しています。

ARM社概要
ARMは、ワイヤレス、ネットワーク、デジタル家電、画像、自動車、セキュリティ、そしてストレージ機器といった高度なデジタル製品のコアとなる技術をデザインしています。ARMが提供する総合的な製品・IP(知的財産)には、16/32 ビット組込みRISC マイクロプロセッサ、データエンジン、グラフィック プロセッサ、デジタルライブラリ、組み込みメモリ、ペリフェラル、ソフトウェア、開発ツールならびにアナログ機能や高速インタフェース製品が含まれます。 ARM は、ARMの幅広いパートナーコミュニティと共に、信頼性の高い製品を迅速に市場へ投入するためのトータルシステムソリューションを、大手エレクトロニクス企業に提供しています。ARMについて詳しくは当社Webサイトをご覧ください。(http://www.jp.arm.com/

※ARM、Jazelle、TrustZoneとThumbはARM社の登録商標です。CortexとNEONはARM社の商標です。その他のブランドあるいは製品名は全て、それぞれのホールダーの所有物です。「ARM」とは、ARM Holdings plc、その事業会社であるARM Limited、各地域の子会社であるARM INC.、ARM KK、ARM Korea Ltd.、ARM Taiwan、ARM France SAS、ARM Consulting (Shanghai) Co.Ltd.、ARM Belgium N.V.、AXYS Design Automation Inc、AXYS GmbH、ARM Embedded Technologies Pvt. Ltd.、ARM Physical IP, Inc. およびARM Norway, AS の全部または一部を意味します.。



<お問い合わせ先>

アーム株式会社 マーケティングコミュニケーション 
飯塚 聖子
TEL:045-477-3117 FAX:045-477-5261


テキスト100ジャパン㈱(アーム㈱PR代理店) 
秋澤 知子、上野 素子
TEL:03-5210-1981     FAX:03-5210-2005