Login

学生紹介 - Ben:ARMデモ チーム学生インターン

Ben学位:コンピュータ サイエンス(理学士)

大学:ノッティンガム トレント大学

 

与えられた職務は、デモ チーム(テクニカル マーケティングの一部)を補助して、展示会用デモを開発し、展示会で顧客にARMのIPについて説明し、制作したデモを顧客に見せることでした。各デモの開発では、次のことが必要になります。

  • 使用されるハードウェアについて理解する(組み込みシステムでの作業は、PCでの作業とはまったく異なります)
  • 新しい開発ツールのセットについて理解する
  • 各種の新しいライブラリで作業する
  • C/アセンブラでコードを記述する

担当した各デモはまったく異なるもので、多くの場合はプロジェクトごとに異なるハードウェアで作業したので、さまざまな種類の作業対象に興味を持ち、多くのことを学ぶことができました。

ここに来てから、所属しているチームによって、常に多くのサポートを受け続けてきました。チームのメンバはいつでも質問に回答してくれて、不明な場合は誰に聞けばよいかを教えてくれます。

卒業生と研修学生のグループがあり、数週間ごとに一緒にさまざまな活動をします。また、ARMでは毎年2つの大きな親睦イベントがあります。夏のバーベキュー大会(家庭的なイベント)とクリスマス パーティ(フォーマルなイベント)です。残念ながら、夏のバーベキュー大会には出られなかったのですが、クリスマス パーティーには何とか出席し、楽しみました。いくつかのテーマ ルーム、無料の食事と飲み物、ダンス フロア、ルーレットやブラック ジャックのテーブルなどがありました。

ARMでの研修中、何度か海外に出張する機会がありました。出張先は、カリフォルニア州サンタ クララ、パリ、ニュルンベルク、そしてロンドンです(ロンドンは海外ではありませんが、出張ではありました)。出張の目的は、ARMが参加したり、ときには自ら主催した展示会で、デモのセットアップや説明を補助することでした。デモをセットアップして、顧客に見せたり、ARMのIPについて説明したりしました。ホテルに宿泊し、夜はチームとともにレストランで食事をしました。費用はすべてARMが出してくれました。

ARMでの研修全体が楽しかったので、プログラミングに興味のある学生には是非経験するようにお勧めします。まだ学生なのに、多くの責任ある仕事を任され、興味深いプロジェクトを担当し、多くを学ぶことができました。それだけでなく、海外旅行の機会さえありました。文句なしに満足しています。

 


Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set