Login

社員紹介 - Drew:ARM新卒テクニカル サポート エンジニア

学位:コンピュータ エンジニアリング理学士

大学:ルイジアナ州立大学

私はテクニカル ニュース サイトの熱心な読者で、以前からARMのデバイスと、その業界での使用状況に関心を持っていました。そのように優れた先進的な企業で働けるチャンスを逃すことはできませんでした。

入社は2008年の9月です。それ以降、Keil開発ツールテクニカル サポート アナリストとして、多くのエンジニアをサポートしてきました。単純なライセンスの問題の相談もあれば、お客様の数千行のコードのデバッグもありました。技術情報記事の執筆や、新たにサポートされたデバイスのサンプル プログラムの作成も担当しています。

前の会社に比べると、ARMはまるで別世界ですね。収入も多く、同僚も優秀で...誰もが何事にも前向きです。常に新しく刺激的な製品がリリースされ、それらを誰よりも先に知ることができます。次々に現れる最新の開発ボードを試してみることもできます。世界中のこの業界のエンジニアと交流し、彼らのトラブルを解決してあげることができます。技術関連の部署にいて、それでもお客様と接する機会があることも嬉しいです。常に多くのことを学んでおり、新しいMCUやツールについて学習したい場合は、必要なすべてのトレーニングを利用できます。ここでは、トレーニングと自己開発が強く推奨されています

新卒者は、初日から何でも知っているというわけにはいきません。同僚やトレーニングに頼らなければなりません。私はこれまで、同僚に質問して後悔したことはありません。実際には、私たちは通常、チームとして力を合わせて困難な問題に対処しているのです。会社も、現在の自分のスキルを磨いたり、新たなスキルを開発したりするためのトレーニング クラスを受講する多くの機会を提供してくれました。

休日のパーティーも楽しかったですよ。オフィスでのパーティーではなく、ダラス スターズの試合をアメリカン エアライン センタの特別室で観戦したのです。誰もがゲストを同伴でき、チケットと食事は会社持ちでした。

生活のための仕事であっても、それを楽しめることが大切です。そうすれば、すべてが良い方向へ向かって行きますから。

 
Cookies

We use cookies to give you the best experience on our website. By continuing to use our site you consent to our cookies.

Change Settings

Find out more about the cookies we set